広告について

iTSCOMとは?

1987年、東急ケーブルテレビジョンとして開局したイッツコムは、地域のインフラを整えるべく、放送事業をスタート。以降、時代の変化とともに、インターネット事業を充実させ、業界でもいち早く取り入れたIoTサービスで、お客さまの生活を総合的にサポートできる会社に発展してまいりました。
お客さまの利便性を第一に考え、今後もさらなるサービスの拡充を図ってまいります。

首都圏人口の15%が暮らす巨大エリア

イッツコムのサービス地域である東急線沿線エリアは、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区などの23区エリアから、川崎市、横浜市にまたがる巨大エリア。

また、首都圏人口の約15%が密集する良質なマーケットでもあり、マーケティングでの成功を考えるうえで、けっして見逃せないエリアです。

イッツコムの多彩な広告媒体

イッツコム接続世帯数、約85万世帯へのテレビCMやタイアップ、番組情報誌やメールマガジンの配信などメディア広告に加え、エリア内世帯数約133万世帯を対象として、イベントの開催やフリーペーパーなど多彩な広告媒体を提供します。 

複数メディアによる効果的なご提案

イッツコムが、商品認知から購入までのコミュニケーションプランをご提案します。
消費者の購買プロセスがより複雑化している昨今、多彩なメディアをもつイッツコムだからできるご提案により、良質なマーケットに効果的なコミュニケーションを可能にします。