今日、9月9日は語呂合わせで「救急の日」です。









救急医療関係者の意識を高めるとともに、
救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的に、
昭和57年に厚生労働省によって定められました。


今月は防災月間ということもあって各地の医療機関でも、
様々な訓練が行われています。


神奈川県の災害拠点病院に指定されている昭和大学藤が丘病院(青葉区)では、
病院関係者や青葉区役所、青葉医師会と連携して
震度6弱の地震が発生したという想定のもと訓練を実施。


今回行われたのは、通信機器を使った情報収集訓練です。









大規模災害などの現場に、迅速に駆けつけることができる
医師や看護師などからなる災害医療派遣チーム「DMAT」も参加。








この訓練、静岡や愛知、大阪から駆けつけたチームも加わって行われたそうです。
いざというときにスムーズに連携できるよう
日頃から関係を築いておくのが重要なのだなと感じました。