こんにちは、千賀絢子です。


今回の特集では、
スポーツを通して活躍する地域の子どもたちをご紹介しました。


川崎市高津区にある「カワサキスイミングクラブ」 に通う小学生の水球チーム。
8月に行われた全国大会「ジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」で
優勝を果たしました。







キャプテンの吉田隼都くん率いるチームは、週に6日も練習に励みます。


水深2メートルのプール。
試合中は常に立ち泳ぎなので体力をつけると共に
ゲームを円滑に進めるために速く泳ぐ練習も欠かせません。




そうした様々な練習の結果、シュートは時速80キロほどになるんだそうです。
近くで見ていたら迫力がありそうですね。


ですが、強さの秘密はそれだけではありません。
それは、感謝する気持ちと楽しく取り組むこと。
監督やお母さんたちの教えだそうです。


謙虚に楽しみながら真剣に取り組むということは、
何よりも成長に繋がるのかもしれませんね。


今は来年3月に行われる全国大会に向けて特訓中です。
まずは連覇!
そして2020年に開催される
東京オリンピックでも活躍する姿が見られたらなと期待が膨らみます。







カワサキスイミングクラブの皆さん、頑張って下さい!