こんにちは、千賀絢子です。


今日の「地元密着 街の店」のコーナーでは、
世田谷区用賀にある作家の一点ものを多く扱う雑貨店「クラフトワークス コンセンス」をご紹介しました。



バッグや財布などの革製品を中心に、アクセサリーや木製の食器、布の小物など、
およそ10人のクラフト作家によるハンドメイドの個性豊かな雑貨が、所狭しとディスプレイされています。


店の奥に併設されている工房で作業をしているのは、
この店のオーナーで革小物作家のスズキ ミトさん。
地域を活気づけたいと、3年前にこのお店をオープンしたんだそうです。 

スズキさんの作る革小物からは、個性的でいて、
さらに女性ならではの細やかな気遣いが感じられます。


特に人気が高いという商品が、「紙袋のような革袋」 シリーズです。
見た目も、軽さも、手触りも、まるで紙袋。でも素材はれっきとした豚革。


大きさや色も自由にセミオーダーできるほか、
手書きで模様を入れることも可能で、オンリーワンのバッグに仕上げることも。


長く使って、手になじんでいくうちに革の風合いが変化していくのも、革バッグならではの楽しみですね。
牛革より雨にぬれてもシミになりにくいんだとか。活躍の場面が多そうですね。


用賀駅から歩いて5分ほどの住宅街の中にあるお店。立ち寄ってみてはいかがでしょうか。