こんにちは、千賀絢子です。


番組でも何度かご紹介している川崎市多摩区にある岡本太郎美術館。
「芸術は爆発だ」や「太陽の塔」で知られる岡本太郎ですが、
岡本太郎美術館ではその世界観が存分に楽しめます。
先日、企画展『「岡本太郎と中村正義 東京展」 ~「東京展」に賭け、日本の美術界に挑む~』にお邪魔してきました。
川崎に縁のある岡本太郎と中村正義は、それぞれ西洋画家、日本画家として活躍。
ジャンルの違う2人は、1975年、
日本の閉塞的な美術界に新しい組織を誕生させようと東京展を開催。
企画展では、その「東京展」にスポットをあてています。

中でも注目を集めているのは、岡本太郎の「記念撮影」、中村正義の「おそれ」。

それぞれに訴えかけるメッセージや強烈なエネルギーがあります。
そのエネルギーに少し圧倒されながらも元気をもらいました。
学芸員によりますとパワーポットにしている方も多いそうです。

企画展は来年1月11日までです。