今日は二十四節季の一つ、冬至です。
1年で最も夜が長く、昼が短い日。 太陽の力が一番弱まる日ですが、
翌日からは再び強まるということから、運が向いてくるとされています。

そして、冬至といえば、ゆず湯に入ったり、かぼちゃや小豆粥を食べて無病息災を願う風習がありますよね。

中でも広く知られているゆず湯は、
本来は、運を呼びこむ前に体を清めて厄払いするための禊だそうです。

私はこの日が待ちきれず、早くもゆず湯を楽しんでいます。
なんともいい香りで身体も温まるので癒されます。
柚子を軽く揉んでしっかり香りを立たせてから、丸ごとお湯に入れるのがお気に入りです。

これら以外に、地方によってはみかんなど「ん」のつく食べ物を7種類食べると幸せになるともいわれているそう!
寒さが厳しいこの時期、皆さんも元気にお過ごしください。

ゆず