こんにちは!滝本沙奈です。

今日のトピックスでは、
かわさき宙と緑の科学館で行われた
「大人のための科学実験教室」をお伝えしました。

子どもだけでなく
大人にも科学に対して親しみを持ってもらおうと、
月に一度、行われているんです。

今回は4回目で、テーマは「極低温の世界」

液体窒素を使って様々なモノを冷却し、
どのように変化するかを観察する教室です。

液体窒素は、マイナス196度!
その中に入れ、取り出したバラの花…
一度叩いただけで、粉砕されてしまいました。

バナナを入れてみると…
釘が打てるほどの固さにまでなりました。

また、リニア中央新幹線にも使用される
超伝導の技術を使った実験も行われました。
今回は磁石などの固体を、液体窒素で冷却…

超伝導体となった個体には、
下においた磁石との間に反発する力が生まれ
浮かびあがる現象を見ることが出来ました。

極低温の世界の様々な驚きを目にして、
参加者の皆さんは、まるで少年に戻ったかのように
目を輝かせ、ワクワクとした様子でした。

私も、空想科学少女だった頃があります。

20180117163008
大人になると、なかなか“実験”を楽しむ機会はないので
こういった機会は、興味ある方には嬉しいですよね。

「大人のための科学実験教室」、
次回は2月4日に行われます。テーマはミクロの世界。
かつて空想科学少年・少女だった皆さん、
是非お出かけになってみて下さいね。

それでは、皆さんどうぞ良き週末を!

20180117162930