こんにちは!滝本沙奈です。

文化祭、といえば、
学生の頃に夢中になって取り組んだ思い出を
皆さんお持ちではないでしょうか?

歳を重ねても「文化」を楽しむ心は変わらない…
発表する場があるからこそ制作に集中出来る…
『都筑区民文化祭』の様子を見てそう感じました。

区民同士の交流や、
創造の場にしてもらおうと開かれているもので、
今年で22回目を迎えました。

開催初日の20日に
都筑公会堂で行われたオープニングセレモニーでは、
文化祭のポスター画に選ばれた方の
表彰式などが行われました。

今年のキャッチフレーズは
「笑顔の花咲く都筑の文化」

都筑区総合庁舎1階の区民ホールには、
そのキャッチフレーズの言葉にふさわしい
区民の皆さんが制作した数々の文化作品が並びました。

この日は、生け花と写真の展示で、
生け花作品の展示作業を行っている方や
写真作品にじっと見入っている方など、
それぞれに“文化を味わう姿”が見られました。

忙しい日常の中においては
つい置き去りにしがちな文化を嗜む心ですが、
いざ作品を制作したり、目前で鑑賞したりすると、
誰でも無我夢中になってしまうものなのですね。

2月4日まで開催されていますので、
区民の皆さんの“文化の花”、是非ご覧下さいね!

20180124164409