こんにちは!滝本沙奈です。

今日の『地モト密着 まちの店』では、
川崎市 宮前区 平にある天然酵母のパンのお店
PAN~YA MaSa亭」をご紹介しました。
田園都市線 溝の口駅からバスに乗り、
向丘出張所バス停で降りるとすぐ近くにあります。

去年10月にオープンしたばかりですが、
すでに人気のお店となっています。
焼きたてのパンの香りに包まれた店内には、
シンプルでいて、個性的なパンが並んでいます。
1日に焼き上げるパンは30種類ほど。
週に1~2度しか並ばない曜日限定のパンもあり、
毎日通っても、パンを選ぶ楽しさがあります。

特徴的なのは、定番のフランスパンや食パンが、
なんと数種類も置かれていること!
小麦粉の配合や発酵の方法を変えることで、
それぞれに違う味わいに仕上がるんだそうです。

お店一押しのフランスパン「Mバゲット」は、
低い温度で長時間発酵させることによって、
小麦の甘みがより引き出されているそうです。
この時期はクリームシチューと合わせるのが
オーナーシェフのオススメだそう!

8種類から10種類の並ぶ食パンには、
それぞれにファンがついているほど。
自信を持ってオススメするという「ハードトースト」は
厚みのあるパリパリの“パンの耳”が特徴です。
厚めに切ってトーストすると軽くサクッとして、
より美味しく頂けるそうです!

更に、口コミで人気が広がっているのが
「シェル」という“フランスパン版のクロワッサン”!
フランスパン生地にバターを織り込み焼きあげたもの。
パリパリの食感とバターの風味が人気の秘密です。

「食卓を囲む一家団欒の時間を
豊かに過ごすお手伝いがしたい・・・」
長年ホテルでパンを焼き修行を積んだオーナーシェフが
そんな想いで毎日焼き上げるパンの数々。
お店で目移りが止まらなくなってしまいそうですね。

ちなみに・・・
オーナーご夫婦共々、矢沢永吉さんの大ファンだそうで
お店のBGMには、常に“永ちゃん”が流れているんです!
ご近所では「矢沢のパン屋さん」と親しまれています。
足を運んだ際にはパンと一緒に要チェック?ですよ!

180219