こんにちは大村絵美です。

 

今日の特集のコーナーでは、大田区にある森ヶ崎水再生センターの屋上で、
絶滅のおそれのある渡り鳥「コアジサシ」を守るために活動を行っている
NPO法人リトルターン・プロジェクト」の取り組みをご紹介しました。

 

このリトルターン・プロジェクトの活動によって
2015年までに推定でおよそ7千羽のコアジサシが巣立っていったそうです。

コアジサシ - コピー

 

皆さんの地道な活動が実を結んできているんですね!
さらに代表の方も話していたように、コアジサシを繁殖させるノウハウが日本そして世界へと広がっていくといいですね。

 

ただコアジサシの一番の天敵はカラスで、ヒナをさらってエサにしたり、卵を食べてしまうことがあります。
実際にスタッフが取材中にもコアジサシのヒナがカラスにさらわれてしまったそうです。

 

メンバーは、森ヶ崎水再生センターだけではなくコアジサシの営巣地周辺では
カラスを増やさないように生ゴミをきちんと出すなど日ごろからできることをして欲しいと呼びかけていました。

 

これからもこの活動を応援していきたいですね!

 

Still0604_00000 - コピー