こんにちは、大村絵美です。

7月7日、国際協力機構「JICA」がアフリカの新聞記者14日を招聘し、
大田区の母子保健事業を視察しました。

アフリカは中長期的な成長開発の潜在能力があると言われていて、
今後いかに力強い成長を遂げていくかが大きな課題となっています。

国際協力機構「JICA」は、アフリカの開発に日本での経験が役に立つとして、
新聞記者14人を招聘し、アフリカで活用可能な日本の経験や
事業についての取材機会を提供しています。

今回はアフリカの開発課題のひとつである保健分野のうち、
特に母子保健事業の現場を取材したい、との希望があり視察が実現したということです。

0718大村絵美

視察団は日本の出生率の現状や手当・医療費助成などに大きな関心を示すとともに、
両親学級を見学し妊婦疑似体験を行ったということです。

日本のこのような事業が参加した皆さんの目にどのように映ったのか、
また今回の視察の記事を見てアフリカの皆さんがどのように感じるのかもとても興味が出てきました。

0718大村絵美2