横浜市で、水陸両用バスの社会実験が行われます。

これは、横浜港の景色の美しさや歴史的な建物を海と陸から気軽に楽しんでもらい
新たな視点で横浜の魅力を発見してもらおうというもの。

水上①

バスのルートは、日本丸メモリアルパークと赤レンガパークから出発する2つのコースがあり、
みなとみらい21地区や関内地区の町並みを見ながら陸上を走り、
日本丸メモリアルパーク内にあるスロープから海上へと向かいます。

その後、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫沖まで海の上を進み、
横浜の風景を鑑賞することができます。

水上②

水陸両用バス、どんな仕組みになっているんでしょうか。
そのバス自体にも興味が湧きますが横浜の街を様々な角度から楽しめるのはいですね。

この社会実験は、2020年3月末まで行われるということです。
水陸両用バスの営業運行は、あさって8月10日から。
料金は大人3500円、子ども1700円です。