中央大学教養番組「知の回廊」
「擬人化・萌えキャラの創造によるICT教育の試み[後編]総合政策学部 岡嶋 裕史 准教授

教育や観光など、今までは予想もしなかった分野に萌えキャラが使われる事例が増えています。
大きな効果を上げることもありますし、却って利用者を怒らせたり逃がしたりしてしまうケースもあります。

文章や観光資源の価値を毀損することなく、上手に萌えキャラを利用して、
今までリーチできなかった利用者層に訴求することは可能なのでしょうか。

どちらかと言えば投機的な性格が強かった従来の試みに対して、
「萌えの工業製品化」すなわち、データの定量化や開発プロセスの変革を通して、
萌えを生産可能なビジネス要素にすることに挑みます。

IMG_6994


★★放送日程★★
【地デジ10ch】1/2(月・祝)、3(火)、16(月)、17(火)20:00~20:24