こんにちは、千賀絢子です。
3月3日、桃の節句は、女の子の「健やかな成長」を願う日。
雛人形を飾っているご家庭も多いのではないでしょうか。

今日のトピックスでは、
横浜市中区にある横浜人形の家で開かれている「ひな人形展~時を越えて~」をご紹介しました。



実は、雛人形は、長い歴史の間に大きく姿を変えたんだそうです!

雛人形 歴史

平安の頃に作られた立ち姿の人形「立雛」が始まりといわれ、
人の災いを人形に移す役目として使われていました。

江戸時代に入ると観賞の目的が強くなり、
今の主流である座った形になったそうです。



その頃になると、衣装や装飾品などに趣向を凝らしたひな人形が登場。
人形の目が、手書きから玉眼と呼ばれるガラスになるなど
顔や表情にも工夫が加えられました。

今回の企画展で一番の見どころは、
個性的なひな人形をつくる「後藤人形」の特集コーナー。





映像と音楽で表現された作品などがあるんです。

時代と共に随分と変化してきたんですね。
家に毎年飾っている雛人形も、顔の表情や衣装に注目すると、一味ちがった楽しみ方もできそうですね。

雛人形の移り変わりや、美しい衣装の細部まで楽しめる「ひな人形展~時を越えて~」は、3月3日まで
横浜人形の家で開かれています。