インテリジェントホームサポート ルールの管理

ルールの管理画面

ルールは、検知した履歴または発生していない履歴にシステムがどのように対応するかを定義するものです。また、これによりIPカメラの制御が可能になります。ルールの例としては次のようなものがあります。
  • 外出」モードで玄関が開いている時に写真やビデオを撮影する。
  • いずれかのセンサーが異常を検知した場合にEメールまたはメッセージを送信する。

ルールを管理する

  • ツールバーで「ルールとモード > ルールとモード」をクリックしてください。

    ルールとモード」画面が表示されます。

ルールの種別

下記の表はシステムが行う自動動作のために設定できるルールの種類を説明しています。
種別 説明
スケジュール型 特定の時間、日付あるいは期間に定期的に作動します。詳しくは「スケジュール型ルールの追加」をご覧ください。
イベント型 イベント発生時に作動します。 詳しくは「イベント型ルールの追加」をご覧ください。 イベント型とノンイベント型のルールは、特定の時間帯や曜日にのみ設定することも可能です。
ノンイベント型 想定されたイベントが発生しない場合に作動します。
例えば、子供達が帰宅する予定の、月曜日から金曜日の午後3:30から4:00の間に玄関が開かない場合にメッセージを送信する、など。
詳しくは「ノンイベント型ルールの追加」をご覧ください。
1つのルールで設定できる動作は1つです。
※複数の動作をさせるには複数のルールを設定してください。

ルールの動作

特定の状況で動作をさせるルールを作成します。複数の同一動作をさせるには同数のルールを設定します。
動作 説明
Eメール送信 通知先リストの1人以上(最大10人まで)の人物にEメールで通知を送ります。
写真撮影 指定したカメラで5枚の写真を高速連写します。
ビデオ録画 指定したカメラで短いビデオを撮影します。

機器の初期設定

機器を追加するとあらかじめ次のルールが作成されます。
機器の初期設定 説明 作成される時
外出モード時にいずれかのセンサーが作動した場合に通知する。 外出」モード時に作動したセンサーがあると(例えばドアが開いたなど)、初期設定で登録したアカウントの電話番号にメッセージを送信します。 ドア/窓センサーを追加した場合。
休暇モード時にいずれかのセンサーが作動した場合に通知する。 休暇」モード時に作動したセンサーがあると(例えばドアが開いたなど)、初期設定で登録したアカウントの電話番号にメッセージを送信します。 ドア/窓センサーを追加した場合。
夜間モード時にモーションセンサー以外のいずれかのセンサーが作動した場合に通知する。 夜間」モード時に作動したセンサーがあると(例えばドアが開いたなど)、初期設定で登録したアカウントの電話番号にメッセージを送信します。 ドア/窓センサーを追加した場合。

スケジュール型のルールの追加

  • スケジュール型ルールの追加方法は下記の手順で行います。

    1. 「ルールとモード」画面で「ルールの追加」をクリックします。
    ルールの追加」画面が表示されます。
  • 2. 「スケジュール型」を選択します。
    スケジュール型ルールの基準オプションが表示されます。
3. ルールの基準を選択します。
特定の時間帯を指定 ルールが適用される時間と曜日、または時間範囲/曜日範囲です。時間範囲で適用されるスケジュール型ルールの場合、指定時間帯で定期的に繰り返し動作を行うことができます。
動作を指定 ルールに従って行われる動作です。ルールの動作をご覧ください。
モードの指定 ルールが適用されるモードです。

4. 「ルールの名の入力」欄は選択した基準によって変わります。これがルールの名称になります。必要な場合、この欄を変更してください。

5. 「保存」をクリックします。

イベント型ルールの追加

  • イベント型ルールは対象機器(「センサー」または「ゲートウェイ」が指定した「状態の変化」を検知すると作動します。これには、ドアの開け閉め、センサーの改造やモーションセンサーによる動きの検知が含まれます。

    1. 「ルールとモード」画面で「ルールの追加」をクリックします。
    ルールの追加」画面が表示されます。
  • 2. 「イベント型」を選択します。
    イベント型ルールの基準オプションが表示されます。
3. ルールの基準を選択してください。
対象機器を選択 特定のセンサー、センサー種別またはゲートウェイを選択します。
状態の変化を選択 イベントを選択します。イベントリストは、対象機器を選択欄で選択した項目によって異なります。例えば、ドア/窓センサーを選択した場合、開閉に関するオプションが表示されます。
動作を指定 ルールに従って行われる動作です。ルールの種別をご覧ください。
動作時間を指定 ルールが適用される週の時間範囲と曜日です。選択したイベントが発生した時にルールを適用する場合は、 常時を選択します。
モードの指定 どのモードの時にルールが適用されるかを選択します。

4. 必要な場合、「ルール名を入力」欄を変更してください。

5. 「保存」をクリックします。

ノンイベント型ルールの追加

  • ノンイベント型ルールは、毎日や指定された曜日といった、特定の時間帯で特定のイベントが発生しない場合に発動します。

    1. 「ルールとモード」画面で「ルールの追加」をクリックします。
    ルールの追加」画面が表示されます。
2. 「ノンイベント型」を選択します。

ノンイベント型ルールの基準オプションが表示されます。
ルールの基準を選択してください。
対象機器を選択 特定のセンサー、センサー種別またはゲートウェイを選択します。
除外する状態を選択 イベントを選択します。イベントリストは、「対象機器を選択」欄で選択した項目によって異なります。例えば、ドア/窓センサーを選択した場合、開け閉めに関するオプションが表示されます。
特定の時間帯を指定 ルールが適用される時間または曜日の範囲です。お住まいの地域の日の出や日の入りに合わせて時間を設定することもできます。
動作を指定 ルールに従って行われる動作です。ルールの種別をご覧ください。
モードの指定 どのモードの時にルールが適用されるかを選択します。

4. 必要な場合、「ルール名を入力」欄を変更してください。

5. 「保存」をクリックします。
  • マイページ

    マイページでは、サービスのお申し込み・ご契約内容の変更・ご利用明細の確認などの各種お手続きがWEB上で簡単に行えます。

    マイページにログイン
  • どこでもメール

    「どこでもメール」は、外出先のパソコンやスマートフォン、携帯電話、タブレット端末からメールを読んだり、送ったりすることができるWEBメールサービス(無料)です。

    どこでもメール

アンケート

このページの情報は
お役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございます。
今後とも、イッツコムをよろしくお願いいたします。

メールによるお問い合わせも受け付けております。
下記よりお問い合わせくださいますようお願いいたします。