ケーブルプラスSTB-2バージョンアップに関するご案内

  • 更新日時

お客さま各位

平素はイッツ・コミュニケーションズのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、「ケーブルプラスSTB-2」に関しまして、以下のとおり、機能拡張および改善のためのAndroid TV OSのバージョンアップが開始されました。
バージョンアップは自動で行いますが、更新中は10分程度「ケーブルプラスSTB-2」のサービスがご利用いただけません。
以下の自動アップデート開始の条件をご確認の上、ご利用されない時間は「ケーブルプラスSTB-2」の電源をオフにしていただけますようお願い申し上げます。

【バージョンアップ開始日】
2020年8月5日(水)~

【バージョンアップ後の機能拡張及び変更点】

Android TV OSの更新

Android TV ホームのTOP画面からテレビメニューを起動する「テレビを楽しむ」の表示位置が、テレビメニュー行からアプリ行に変更されます。

・設定画面のメニュー項目が集約され、目的の設定が見つけやすくなります。

Google アプリが更新されます。

VODサービス対応

Netflix/Amazon Prime Videoがインストールされ、Android TV ホームのアプリ一覧画面に追加されます。

ハイブリッドキャスト

機能追加

・ハイブリッドキャスト機能が追加されます。

 ※ハイブリッドキャストとは、放送と通信を連携させたサービスで、放送に関連するさまざまな情報を番組と連動して、或いはお好きな時間にお楽しみいただけるものです。

リモコンペアリング

機能追加

・ケーブルプラスSTB-2 とリモコン間でペアリング解除状態になると、リモコンペアリング画面が表示されます。

  ※OSバージョンアップに併せて、機能・操作性向上を目的とした一部機能のアップデートを実施します。

【自動アップデート開始の条件】 
バージョンの自動アップデートは、以下の条件で開始されます。
(1)ケーブルプラスSTB-2が電源オフ(電源LED橙色点灯)後、5分以上経過している。
(2)録画中では無いこと、および90分以内に開始される予約(録画/視聴)が無いこと。

※Android TVホーム画面を表示し、画面右上[設定](歯車のアイコン)→[デバイス設定]
→[端末情報]→[バージョン]が“9“と表示されていればバージョンアップは完了しています。
※システムアップデートの自動更新設定が“オフ”になっている場合、上記条件を満たしても自動アップデートは実施されません。システムアップデートの自動更新設定は“オン”にしたままご利用ください。

バージョンアップ後のAndroid TVホーム画面の詳細や、ソフトウェアバージョンの確認方法は、以下のケーブルプラスSTB-2公式ホームページにも記載がございます。
https://www.kddi.com/catv-service/stb-2/news/update_0714.html