Webフィルタリングサービス「i-フィルター 6.0」における管理画面の仕様変更につきまして

  • 更新日時

お客さま各位

平素はイッツ・コミュニケーションズのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、インターネットセキュリティオプションのWebフィルタリングサービス「i-フィルター 6.0」に関しまして、Adobe社によるAdobe Flash Playerのサポート終了に伴い、Windows端末にてi-フィルターの管理画面をご利用いただく際の仕様変更につきまして、提供元のデジタルアーツ社よりご連絡がございましたのでお知らせいたします。

▼変更となる仕様
・「インターネット利用状況確認」の描画方法
・i-フィルターがインストールされているWindows端末にて、i-フィルターの管理画面を利用した際に表示される「インターネット利用状況確認」の表示可能日数
※現状365日間のところ、ウェブブラウザーより、i-フィルターのWeb管理ページをご利用いただいた場合と同様に90日間に変更となります。

▼仕様変更日
2021年1月12日
※仕様変更日以降にi-フィルターがインストールされているWindows端末においてAdobe Flash Playerが無効となった時点で、変更後の仕様が適用されます。

詳細につきましては、デジタルアーツ社のホームページをご確認頂ますようお願い申し上げます。
https://www.daj.jp/cs/info/2021/0105/(外部サイト)


今後とも弊社サービスをご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。