【注意喚起】グーグル製「Chrome」のセキュリティ更新プログラムについて

  • 更新日時
お客さま各位

平素はイッツ・コミュニケーションズのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、WEBブラウザーの「Chrome」において見つかった脆弱性を修正する更新プログラムがGoogle社から公開されました。

1.対象ソフトウエア
・Google Chrome for Windows
・Google Chrome for Mac
・Google Chrome for Linux

上記ソフトウエアでWEBページ閲覧時に、外部の第三者の意図によるプログラムの異常終了、プログラムの実行、当該コンピュータに保存されているデータの改ざん・削除・漏えい等が発生する恐れがあります。

今回公開されたセキュリティ更新プログラムには、脆弱性37件に対する修正が含まれています。
この中には、グーグルが深刻度「Critical」(4段階中、1番上)に分類する脆弱性に対する修正が含まれます。
詳細については、参考URLを参照してください。

2.対応
対象ソフトウエアを最新のバージョンに更新。
更新方法等については、下記の参考URL参照。
▼参考URL
・Stable Channel Update for Desktop (グーグル)
https://chromereleases.googleblog.com/2022/01/stable-channel-update-for-desktop.html(外部リンク)
・Google Chromeを更新する (グーグル)
https://support.google.com/chrome/answer/95414(外部リンク)
・Severity Guidelines for Security Issues (Chromium Project)
https://www.chromium.org/developers/severity-guidelines(外部リンク)