1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報
  4. 防災インタビュー
  5. まちづくりと建築土木
  6. マンションから防災意識を高める ~災害時のエレベーター救出を踏まえた防災コミュニティの設立~
  1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報

防災インタビューVol.90

マンションから防災意識を高める ~災害時のエレベーター救出を踏まえた防災コミュニティの設立~

放送月:2013年5月
公開月:2013年10月

岩本 由起子 氏

i-tec24代表取締役

できることから始めよう

防災についての情報を発信している方はたくさんいると思いますが、その専門家の方たちをどうやってつなげていくのか、一般の人たちにその情報をどうやって伝えていくのかが、ひとつの問題だと考えています。そこの一助となれる、i-tec24の「防災コミュニティフォーラム」を開催して、これからもどんどん発信していきたいと思っているのですが、まずは「できることから始めよう」という気持ちを1人でも多くの方に持っていただくことが大切です。それぞれが防災の意識を持って、自分の命を自らが守るという意識を高めていただけたらと願っています。少しでも減災をすれば命も助かりますし、社会、物が壊れなければ、私たちの経済の負担にならないということもあります。そのへんをイメージして防災に関わっていただけたらと思っています。

よく東京大学の目黒教授は「防災には、まずその危機のイメージを持つことが大切だ」と話していますが、災害をイメージして、まずは自分の安全を確保することが大事です。例えば、寝ている所に物が落ちてこないだろうかとか、仕事場では倒れてくる物はないだろうかと考えて、まずは自分が安全でいられる場所の確保をしていただきたいと思います。防災にはイメージ力、そして周りを見ること、関心を持つこと、意識を高めること、これが大事です。知ってみよう、そしてやってみよう、できることから始めよう、これがi-tecの発信の大本です。その意味でも、これから開催されるフォーラムにも足を運んでほしいと思います。参加されたい方はi-tec24のホームページをまずご覧いただいて、電話かメールでお問い合わせいただければご参加いただけますので、よろしくお願いします。

※今回のインタビュー記事は、東急電鉄の協力のもと、「FM salus」が過去に放送した『東急建設 presents 「サロン・ド・防災」』の内容を、一部改定して掲載しています。