1. コラム
  2. コラム
  3. Zoom会議を録画する方法とメリットまとめ!活用事例も一緒に紹介

Zoom会議を録画する方法とメリットまとめ!活用事例も一緒に紹介

「Zoom会議の内容を録画したい」「録画内容を共有したい」「テレワークに使えるツールを知りたい」などと考えていませんか。テレワークにZoomは欠かせないツールとなり、録画して映像を今後も活用したい場面が出てくるかもしれません。

実は、Zoomにはデフォルトで録画機能が付いています。外部のツールを使って録画する必要はありません。そこで今回は、Zoom会議を録画する方法と、そのメリットを解説します。この記事を読めばZoomの録画方法だけでなく、その活用方法までマスターできるので、ぜひ最後までご覧ください。

2種類のZoom録画

Zoomの録画には「ローカル保存」と「クラウド保存」の2種類の方法があります。定例会議を記録として残したり、取引先との打ち合わせを共有したりする場合、録画機能を使うのがおすすめです。外部ツールを使って録画する必要はありません。ただし、加入しているプランによって選べる方法が変わってくるので順に解説します。

1.ローカル保存

ローカル保存とは、文字通りパソコンのローカルディスク内にデータを保存する方法です。自分で保存先を選べるので、好きなところを選びましょう。デフォルトではドキュメントフォルダ内に生成されたZoomフォルダに保存されます。渡したい相手がいる場合は、USBやSDカードに保存して送っても良いでしょう。

ローカル保存は無料のプランでも利用できます。ご自身でミーティングルームを立てて実験してみるのがおすすめです。

2.クラウド保存

クラウド保存は、Zoomのクラウドストレージ内に保存する方法です。パソコン内にデータが残らないので、ストレージを圧迫しないのがメリットになります。

クラウド保存したデータを他人と共有するときは、クラウドにアクセスするURLがひとつあればいいので、ファイル共有ツールやUSBの郵送の手間から解放されます。ただし、クラウド保存は有料プランの加入が必須なので注意しましょう。

Zoom録画の使い方

Zoomの録画に外部ツールは必要ありませんが、操作方法をチェックしておかなければ録画はできません。ボタンひとつとはいえ、不慣れな状態では実際に行う時に手間取ってしまうでしょう。録画の方法には手動と自動があるので、どちらも押さえておくと安心です。

1.手動録画

Zoomの会議が始まると、画面下のメニューバーにレコーディングボタンが表示されます。クリックすると即座に録画が開始され、もう一度押すと停止する仕組みです。録画中はレコーディングボタンの表示が変わるので、きちんと動いているか確認しましょう。

録画ができるのは基本的にホストのみで、ゲストが録画するにはホストの許可が必要です。ホストに録画操作をお願いするか、自分にホスト権限をリクエストしましょう。

2.自動録画設定

毎回録画ボタンを押すのが面倒な場合は、自動録画の設定をしておくと楽でしょう。Zoomログイン後の設定画面の中から、自動録画を設定します。設定画面では、参加者ごとに音声データを分けて保存したり、データの保存先を設定したりできるので、録画の前に一度確認しましょう。

自動録画時には、ミーティング終了後に保存するかどうかの確認があります。毎回任意で選択できるので、撮り忘れで後悔することを防げるでしょう。

3.録画の共有

ローカル保存した動画ファイルをメール添付で共有する方もいるでしょう。動画は長さにもよりますが、ファイルサイズが重くなりがちです。パソコンのメモリ負担だけでなく、送信スピードにも影響します。

クラウド保存であれば、URLを送るだけで共有が可能です。作業の手間やデバイスへの負担を減らせるので、頻繁に録画を共有する場合はクラウドの利用をおすすめします。

Zoom録画をクラウド保存するメリット

Zoomで録画した動画は尺の長さによって、パソコンのローカル環境に負担を与えます。そのような時に役立つのがクラウドです。Wi-Fi環境があればどこからでもアクセスできるので、複数人でデータを共有するのに適しています。他にもクラウド保存には5つのメリットがありますので、それぞれ確認してきましょう。

1.ローカル容量が圧迫されない

録画データはmp4で保存され、30分間の会議の録画でもファイルが大きくなります。そのような重たいファイルをローカル保存してしまうと容量を圧迫しますが、クラウドを利用すれば安心です。ローカルに負担がかかると、コンピューター処理能力も落ちてしまいます。ファイルの保存場所をうまく使い分けると、業務の効率化にもつながるでしょう。

2.複数の端末で視聴できる

クラウドに保存したデータは、アカウントで管理されます。別の端末でも、同じアカウントにログインするだけで保存したデータの確認が可能です。

例えば、手元にパソコンがなくても、スマホでクラウドにアクセスすれば外出先からでも視聴できます。電車に乗っている時間や、待ち時間、お風呂に入っているときなどさまざまな隙間時間を無駄にすることがありません。スマホであれば、携帯キャリアで大概の場所からアクセスできるのも魅力ポイントです。

3.リンクひとつで共有できる

クラウド保存したデータはURLを発行できるので、人と共有するのもスムーズです。数時間の録画データをメール添付で送るには、ファイルサイズが大きくて送信できません。ギガファイル便など共有サービスを使う場合もありますが、クラウド保存であれば手間だけでなくセキュリティ的にも安心です。

4.録画にパスワードを設定する

クラウドであれば、録画データが他人に漏れないようにパスワードを設定できます。例えば、ひとつのアカウントを共用で使っている場合など、他人に中身を見られるリスクが高い場合はパスワードを設定して録画データを保護しましょう。

クラウドで保存した録画データは、URLで共有できる気軽さが魅力ですが、共有しやすさからSNSを使って簡単に拡散することが可能です。パスワードを設定して、閲覧者を制限しておくことで不正アクセスを防げます。

Zoom録画の活用事例

Zoomを録画して活用する方法はいくつかあります。後から見直したり、備忘として保管しておいたりする以外に、マーケティンや研修などにも展開可能です。ただのリモート会議ツールに終わらない、Zoom動画の活用方法を3つご紹介します。

1.欠席者に共有する

Zoomを録画する目的として多いのが、会議の欠席者のために動画を共有することです。どのような話し合いが行われたのか後で確認できますし、自分の都合がいい時間に好きな場所で閲覧ができます。無理に会議に出席する必要もないので、大事な商談とかぶってしまったときでも会議をリスケする必要がありません。

2.コンテンツとして活用

Zoomの録画データをコンテンツ素材として活用する方法も考えられます。例えば、オンライン講座を開催して録画すれば、アーカイブとして販売が可能でしょう。

セミナーなども各地で行われているので、経験のある方は録画して販売したり、定期配信のバックナンバーとして保存したりもできます。YouTubeにアップすることで、広告収入が得られるかもしれません。手軽にコンテンツ作成ができるのも、Zoom録画の魅力です。

3.教材として使う

Zoomは1人で話をしていても録画できるので、画面共有機能などを使って教材を作れます。例えば、新入社員向けに社内のシステムの操作方法をまとめた動画を作ったり、新しく導入したツールを解説する教材を作ったりしてもよいでしょう。

自分のパソコンを操作しながら口頭で解説できるので、書類を作る手間もかからず簡単に教材が完成します。録画データは不特定多数が視聴するので、問題があるものが映らないように十分配慮しましょう。

イッツコムならZoom以外にも便利なシステムを一括導入可能

Zoom録画を活用するのであれば、クラウドが使える有料プランがおすすめです。イッツコムではZoomの有料プランを取り扱っているだけでなく、さらに便利なシステムも用意しています。今回はイッツコムのサービスの中から、テレワークに活用できる4つのシステムをご紹介します。

1.法人SIMカードで安心の回線を社員でシェアできる

イッツコムの提供する法人データSIMは、NTTドコモの回線を採用しているので、安定した品質のものをご提供いたします。データ容量やモバイルルーターの有無など、ご自由にプランをお選びいただけるので、詳しくはイッツコムまでお問い合わせください。

2.モバイル閉域接続で情報セキュリティ強化、重要なデータの漏えいを防ぐ

イッツコムの提供する「モバイル閉域接続」は、VPNなどを使っても回避できないハッキングの対策ができます。テレワークの導入を急ぐあまりにセキュリティ対策がおろそかになり、データが流出してしまう事例が増えています。サイバー攻撃はいつどこから来るのか分かりません。テレワークではセキュリティが緩くなりがちなので注意しましょう。

3.万全のセキュリティでデータの管理・共有・アクセスできるbox

社内サーバーに依存していると、テレワークの導入がスムーズに行えません。イッツコムの提供するクラウドサーバー「box」を使えば、どこからでも安全にデータにアクセスが可能です。データの共有もスムーズで、容量無制限に活用できます。社員が各自のフォルダを作ったり、社内外でデータを共有したりしてもよいでしょう。

4.社内情報を「見える化」、タスク管理だけでなく営業力を強化できる

イッツコムではSFA「ホットプロファイル」も提供しているので、テレワークで属人化しがちな営業の管理や、業務の進捗を共有できます。社員の持っている情報を社内に共有することで無駄な作業が減り、営業力の強化にもつながるでしょう。

まとめ

Zoomの録画は誰でも簡単に操作できます。ひとりでも操作ができるので、動画活用の幅も広がります。クラウドを活用して共有すれば、相手の都合を気にせずに情報を共有することも可能です。

イッツコムでは、Zoomの加入サポートからクラウドサービスまで幅広く展開しています。テレワークに役立つビジネスツールもご提供していますので、お気軽にお問い合わせください。