1. コラム
  2. コラム
  3. 光回線なのにWi-Fiが遅い!そんなときは業務効率化のために回線を見直そう

光回線なのにWi-Fiが遅い!そんなときは業務効率化のために回線を見直そう

こんにちは!イッツコムの佐藤です!

「社内Wi-Fiが光回線とは思えないほど遅くて全然仕事がはかどらない」
「ファイル共有に時間がかかってストレスになる」

普段の業務でこのように感じている方もいるのではないでしょうか?多くの業務で社内Wi-Fiを利用するので、ネット回線が遅いと業務効率が下がってしまいます。効率的に仕事するためにも、Wi-Fiが遅いならなるべく早く対策しましょう。

そこで今回は、社内Wi-Fiと光回線の関係や遅いときの対処法をご紹介します。社内Wi-Fiが遅くなる原因と遅いときにチェックしたいポイントを一通り紹介するので、ぜひ参考にしてください!

そもそもなんでWi-Fiが遅くなるの?

「なんでWi-Fiって遅くなったり不安定になったりするの?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれません。社内Wi-Fiが遅くなる原因には、

・契約している光回線自体が遅い
・社内で使っているルーターなどの機器類に不具合がある
・電波状況が悪い

などさまざまなものがあります。最初に、なぜこれらの原因でWi-Fiが遅くなるのかチェックしましょう。

契約している光回線自体が遅いケース

あなたの会社で契約している光回線自体の速度が遅ければ、Wi-Fi環境がいくら安定していても通信速度は遅くなってしまいます。多くの場合、光回線に問題があるならユーザー側でできることはほとんどありません。通信品質は契約先に依存する部分が多いためです。

しかし、契約先の回線事業者やプロバイダによって速度が大きく異なるといっても「どこと契約すればいいのかわからない」と感じることもありませんか?後ほどおすすめの光回線をご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

社内で使っているルーターなどの機器類に不具合がある

次に考えたいのがネットワーク機器の不具合や故障です。たとえ光回線に問題がなくても、社内で使っているルーターなどの機器になんらかの不具合があったり、故障したりしていれば通信は安定しません。「自分の部署だけ遅い」「有線は大丈夫なのにWi-Fiだけ遅い」なんて現象が発生しているときはこの可能性がありますよ。

機器類の不具合が疑われるなら、ネットワークを管理している部署に連絡するなどして解決を試みてください。

電波状況が悪い

デスクがルーターから離れていたり、間に壁があったりするとWi-Fiの電波が届きにくくなってしまいます。電波が弱くなれば通信速度が遅くなってしまうので注意しましょう。ケースによっては頻繁に途切れることもありますよ。

「ルーターの場所が遠すぎるのでは?」と思うなら、位置を変更するか中継機を設置するのがおすすめです。これでだけで通信が安定し、速度も速くなるかもしれません!

CV導線/サービス導線バナー挿入(イッツコム光接続サービス)

Wi-Fiの速度は契約している光回線の影響が大きい

「自分たちでできることは全部やったのに全然改善しない……」、そんなケースもあるものです。社内ネットワークに問題がないのにWi-Fiの速度が遅いなら、大元の光回線の品質が悪いのかもしれません。

ルーターではなく、インターネット側にボトルネックがあればいくら社内ネットワークを強化しても速度は改善しません。インターネットはどうしても提供元の影響を受けてしまうことを理解しし、光回線を契約するときはじっくり比較検討して選びましょう。

困っているなら乗り換えを検討しよう!

「回線自体が遅くてWeb会議やファイル共有がまともにできない……」
「Wi-Fiのせいで業務効率が下がってストレスが溜まる」

このように感じている方はいませんか?もし、あなたの会社でこのように感じる方が多いなら、早めに対処しましょう。Wi-Fiが遅く、効率が悪いまま仕事しているとストレスを抱える社員が増える一方です。

安定した光回線に乗り換えればWi-Fiの速度も改善し、快適かつ効率的に仕事できます。これから乗り換えるときのチェックポイントをご紹介するので、事前にチェックしてあなたの会社にピッタリのところを選んでください!

乗り換えるときのチェックポイント

「光回線はたくさんあるけど、どうやって選べばいいの?」
「なんか難しい用語がたくさん並んでいてよく分からない……」

いざ乗り換えようと思っても、いろいろなサービスを比較検討するとこのように思うかもしれません。さまざまな光回線があり、似たようなサービスも多いので迷ってしまいますよね。

もし、「乗り換えたいけど選び方がよくわからない」と思っているなら、これから紹介するポイントを参考にしてみてください。

最大速度と実効速度

光回線やWi-Fiには、最大速度と実効速度という2種類の速度があります。それぞれの言葉が示すものは以下の通りです。

・最大速度:出る可能性がある最も速い速度
・実効速度:実際にその回線を利用した時に出る速度

最大速度は1Gbps、10Gbpsのように多くの回線事業者やプロバイダが公開しています。これを見て選んだという方も多いのではないでしょうか?しかし、最大速度はあくまでも「でるかもしれないけれど、保証はしない」というものです。実際にこの速度が出ることは少ないので注意しましょう。

一方の実効速度は、実際にその回線を利用して出た速度です。実測値なので、あなたが契約したときに見込める速度ともいえます。しかし、実効速度を公開している回線事業者やプロバイダはとても少ないのが現実です。もし、契約したいところが公開していたら、忘れずにチェックしておきましょう。

固定IPの有無

「自社サーバーを運用したい」と考えているなら、固定IPが欠かせません。固定IPとは、インターネット上の所在地ともいえるIPアドレスが変わらないようにするサービスです。

固定IPはどこでも提供しているものではないので、契約したいところが提供しているか事前に確認してくださいね。いくら回線が安定していても、必要なサービスがなければ快適に仕事できません。

セキュリティ面の充実度

エンドユーザーの情報を保有していたり、機密情報を扱ったりしているなら高度なセキュリティは欠かせません。万が一情報を漏らしてしまえば社会的な信用を失い、大きなダメージを受けるでしょう。

最悪な事態を防ぐためにも、セキュリティ面が充実しているかも大事なチェックポイントです。VPNや専用ネットワークなど、高度なセキュリティを確保できるサービスを提供しているところを選べば安心できますよ。

安心・安全な光回線ならイッツコムにお任せ

光回線選びが重要なことを知っても、「実際にどこの回線を契約すればいいの?」と思う方もいます。もし、あなたが契約先選びで迷っているなら、ぜひイッツコムをご検討ください。イッツコムを使うメリットも詳しく見ていきましょう。

最大速度2Gbpsの光回線を提供

イッツコムの光回線の最大速度は、下り2Gbps/上り1Gbpsです。主流となっている上下1Gbpsの回線と比べると速く、大容量通信にも向いています。最大速度が出ることを保証するものではありませんが、大元の通信速度が早ければ安定しやすくなりますよ!

「今の光回線が遅くて困っている」「快適に仕事できない」と感じているなら、ぜひイッツコムの光回線をご検討ください。

専用線や固定IPサービスも充実

「サーバーを運用するなら固定IPや専用回線は必須」「VPNを使いたい!」そんな方にもおすすめなのがイッツコムの光回線!最大1Gbpsの専用回線を利用できるサービスや、必要数の固定IPを割り当てるサービスも実施しています。

イッツコムが保有する閉域網からインターネットに接続する仕組みになっており、他の事業者の影響を受けにくいのもメリットです。通信品質を重視する方も、ぜひイッツコムをご検討ください。

充実したセキュリティで安心・安全

光回線やWi-Fiを使うときに気になるセキュリティも、イッツコムなら安心です。外部から安心して社内ネットワークに接続できる「モバイル閉域接続」も提供中なので、ぜひチェックしてみてください。

モバイル閉域接続を活用すれば、どこからでも安全に機密情報にアクセス可能です。営業マンに資料を共有したいときや、リモートワークを推し進めたいときにも役立ちますよ。

イッツコムでは通信回線だけでなく、セキュリティをはじめとしたさまざまなサービスも一緒に提供しているのが特徴です。予算や必要性に合わせてお選びいただけます。

安定した光回線・Wi-Fiを確保して効率的に業務を進めよう

「Wi-Fiが安定しない」「速度が遅くて仕事にならない」という現象の背後にはさまざまな原因が隠れています。契約している光回線が不安定で支障が出るケースも多いものです。回線に原因があれば、ユーザー側は乗り換えるくらいしか有効な選択肢がありません。

もし、あなたの会社でも通信面で困っているなら、イッツコムへの乗り換えをご検討ください。イッツコムなら、基本的なサービスに必要に応じたオプションを追加してご利用いただけます。