1. コラム
  2. コラム
  3. Vpnの基礎知識を徹底解説!仕組みや利用方法とは?

Vpnの基礎知識を徹底解説!仕組みや利用方法とは?

優れたセキュリティを誇る仮想専用回線「VPN」について耳にしたことはあっても、どのような仕組みなのか具体的には分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、VPNの基礎知識として利用方法やメリット・デメリットについて解説します。VPNの仕組みについて理解すれば、盗み見や改ざんといったリスクへの対策ができるでしょう。リスクを回避したい方におすすめしたい、イッツコムの「モバイル閉域接続」もご紹介します。

仮想専用回線「VPN」とは

「VPN」とは、Virtual Private Networkの略称です。直訳すると仮想専用回線で、インターネット上に仮想の専用回線を設けることで安全な通信を確保します。

最近は至る所にフリーWi-Fiがあり、使う機会が増えているかもしれません。しかし、情報の盗み見や改ざんのリスクがあるため、個人情報のような重要な情報をやり取りするのは危険です。VPNを使えば安全な通信で情報交換ができ、セキュリティに関するリスクを回避できます。

VPNの仕組み|ネットワークとしての役割

VPNの仕組み|ネットワークとしての役割

インターネットという仮想空間に仮想の専用回線を設置することで、盗み見や改ざんのリスクを回避するVPNの成立には、「暗号化」「認証」「トンネリング」と3つの技術が欠かせません。ここでは、それぞれの具体的な役割を解説します。

鍵をかける「暗号化」

フリーWi-Fiは至る所で利用できるのが魅力ですが、セキュリティ面で不安があることがデメリットです。VPNに欠かせない仕組みのひとつである暗号化には、データを複雑に変換することで第三者が理解できないようにする役割があります。やり取りする情報を暗号化すれば、情報の盗み見や改ざんといった被害に遭うリスクを軽減することが可能です。

受信者を確かめる「認証」

フリーWi-Fiは簡単な手続きで誰でも気軽に利用できるので、なりすましに出くわす恐れがあります。VPNでは、受信者を確認する仕組みとして認証技術を採用しているのが特徴です。

認証には送信相手が正しいかどうかを判断する役割があり、名前やパスワードといったアカウント情報を照合することで確認できます。送信相手を確認する認証は、なりすまし防止としても有効です。

通信を限定する「トンネリング」

情報を送信する側から受信者に向けて仮想回線(トンネル)を作り、通信を行う技術をトンネリングと言います。インターネットを介したネットワークをトンネルでつなげることで、プライベートネットワークのように運用するのが役割です。

トンネリングは、転送するパケットを新たなパケットで包み込みカプセル化によって実現します。カプセル化と解除は、双方のデバイスやソフトウェアで行う仕組みです。

VPNの主な利用方法

VPNの主な利用方法
セキュリティに優れたVPNは、会社の拠点間を結んでアクセスできることから支店同士の通信が可能です。また、外出先から社内LANに接続できるリモートアクセスVPNを使えば、場所を問わずいつでも社内サーバーやシステムにアクセスできます。ここでは、VPNの主な利用方法を見ていきましょう。

拠点間を結んでアクセスする

LAN同士を結んで接続できるVPNは、本社と拠点だけでなく、拠点同士でも通信が可能です。例えば、東京本社と大阪支社が1対1で通信するだけでなく、大阪支店と福岡支店の間でも通信できます。遠隔地に複数の拠点を置く企業にVPNは最適と言えるでしょう。また、VPNを使うことで、拠点間のセキュリティ確保ができるため高い安全性を誇ります。

外出先から社内LANに接続する

VPNを活用できるのは、社内だけではありません。これまで外出先から社内LANにアクセスするのは難しいと言われていましたが、VPNを利用すれば外出先からでも接続できます。

リモートアクセスVPNなら、離れた場所にあるPCやスマートフォンからインターネットを経由して会社のLANに接続が可能です。外出先でも安全に社内サーバーやシステムにアクセスできるので、仕事の効率アップにつながるでしょう。

VPNの主な接続方法

VPNの主な接続方法

VPNにはいくつかの接続方法があります。ここでは、主な接続方法として、既存のネットワーク回線を使った「インターネットVPN」と、大手通信事業者と契約者に利用を限定した「IP-VPN」の2種類をご紹介しましょう。それぞれメリットとデメリットがあるので、しっかりと比較して検討することが大切です。

既存のネット回線を使える「インターネットVPN」

VPNの接続方法のひとつとして、現在すでに利用しているネット回線を使ったインターネットVPNがあります。インターネットに接続可能な環境なら、低コストでセキュリティに優れた回線を構築し、運用できるのがメリットです。

ただし、通信速度や品質が既存のネット環境に大きく左右されるといったデメリットがあります。通信回線の品質を気にしないなら、安く利用できるのでおすすめです。

より安定した通信ができる「IP-VPN」

通信環境の安定性にこだわりたいなら、IP-VPNがおすすめです。IP-VPNとは、大手通信事業者のクローズドネットワークを使って接続する方法で、利用者は通信事業者の契約者のみに限られています。

一定の通信帯域を利用したIP-VPNは通信が安定している上に、通信事業者と契約した方しか利用できないネットワークなので、より高いセキュリティ環境が実現可能です。一方、利用時には契約する必要があるため、コスト面のデメリットがあります。

VPNを利用するメリット・デメリット

VPNを利用するメリット・デメリット

高いセキュリティを誇るVPNにはメリットも数多く存在しますが、情報漏洩の可能性がゼロではないといったデメリットもあります。デメリットまでしっかりと把握した上で、通信速度や費用を含めて検討しましょう。ここでは、VPNを利用する際のメリットとデメリットをご紹介します。

VPNを利用するメリット

VPNには、盗み見やなりすまし、データの改ざんを防止できるといったセキュリティ面のメリットがあります。100%安全とは言い切れないものの、リスクを軽減する効果は十分に期待できるでしょう。また、拠点間で通信できたり外出先から社内サーバーやシステムにアクセスできたりするので、複数の拠点を持つ会社に最適です。既存のインターネット回線を使えば、低コストで構築や運用ができるのもメリットと言えるでしょう。

VPNを利用するデメリット

セキュリティに優れたVPNでも、残念ながら情報漏洩の危険性が全くないとは言い切れません。既存のインターネット回線を利用すれば、通信速度や品質が低下する恐れがあります。また、一般的に低コストで構築や運用ができますが、選ぶ製品によっては費用が高額になるので注意が必要です。通信速度や費用も含めて慎重に検討しましょう。

VPNは100%安全ではない!?VPNのリスク

VPNのデメリットとして取り上げたセキュリティ面のリスクは、主に以下の3つです。

・情報漏洩
・ウイルス感染
・通信ログの流出

VPNを利用していても一般回線を経由している以上、情報漏洩の危険性はゼロではありません。同様に、ウイルス感染のリスクも存在します。また、サービス提供者のサーバーを利用するVPNでは、ユーザーがいつどのような情報を閲覧したのかといった通信ログの流出も考えられるリスクのひとつです。

このように、VPNにはさまざまなリスクが潜んでいます。リスクの内容をしっかりと把握した上で慎重にサービスを選ぶだけでなく、リスクがゼロではないことを意識しながら利用すると良いでしょう。

リスク回避ならイッツコムの「モバイル閉域接続」

リスク回避ならイッツコムの「モバイル閉域接続」

VPNに潜むさまざまなリスクを回避したいなら、イッツコムの「モバイル閉域接続」がおすすめです。インターネット経由ではないので、第三者に通信の存在を知られる心配がありません。専用SIMを利用することでアプリが不要になり、社外からも安全にアクセスできるのが魅力です。ここでは、イッツコムのモバイル閉域接続の魅力をご紹介します。

インターネット経由でないため第三者に知られない

イッツコムのモバイル閉域接続は、NTTドコモの通信エリアからイッツコム回線に接続するため、インターネットを経由しません。インターネットから隔離されていることで、通信の存在自体を第三者に知られることなくアクセスが可能です。閉域接続を利用すれば、情報漏洩といったリスクへの対策強化につながるでしょう。

VPNアプリが要らない

イッツコムのモバイル閉域接続は、専用SIMを挿入するだけで利用できるので、VPNアプリが必要ありません。専用SIMが経路を判別することで、高いレベルのセキュリティが確保できます。また、ユーザーはデバイスの設定をしたりアプリをダウンロードしたりしなくても簡単に接続が可能です。

社外でももちろん安心に使える

セキュリティに優れた環境で、社外から社内サーバーやシステムにアクセスできます。社外でインターネットを利用する際には社内LANを経由するだけでなく、ログの取得も可能です。外出先でも、社内と同じ安全施策を共有できる安心感があるでしょう。

まとめ

まとめ

暗号化・認証・トンネリングの3つの技術によって成り立つVPNは、盗み見や改ざんといったリスクへの対策として高い効果が期待できます。拠点間でもセキュリティを確保した上で通信が可能で、仕事の効率が向上するといったメリットも考えられるでしょう。

ただし、VPNでも100%安全とは言い切れません。より安心して通信するには、イッツコムのモバイル閉域接続がおすすめです。セキュリティ面だけでなく使い勝手も優れているので、VPNの導入時にはぜひご検討ください。