1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報
  4. 防災インタビュー
  5. まちづくりと建築土木
  6. 割れても安全な「合わせガラス」で防災対策
  1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報

防災インタビューVol.137

割れても安全な「合わせガラス」で防災対策

放送月:2017年2月
公開月:2017年9月

武内 真弓 氏

AGC旭硝子 ビルディング・産業ガラスカンパニー

FMサルースで放送された音源をお聞きいただけます。

プロフィール

私は、AGC旭硝子、ビルディングガラスの事業部におりまして、建物のガラスを担当しています。私どもの会社は建物以外にも、電車やスマホのガラス、その他いろいろなガラスを扱っていますが、私はビルディングの担当の中で「防災」としてのガラス製品を扱っています。また、私どもの事業部では、社会貢献活動として「ガラスパワーキャンペーン」というものをやっています。ガラスという製品はあいにく割れないものはないのですが、安全・安心を実現するガラスを使っていただくために、ガラスの優れた機能や性能の普及啓発を行っています。私は、ガラスのプロモーションを担当しているのですが、平素はAGCスタジオという東京中央区のショールームにおりまして、そちらでいろいろなガラスの紹介をしながら、「ガラスの安全・安心エコ教室」を実施して、皆さまと触れ合っています。特に設計の方、公共団体の方、教育委員会の方などを対象に、ガラスについてご紹介しています。

災害に備える「合わせガラス」

普段暮らす家の中でガラスを使っていない方はいないですし、生活の中でいろいろなガラスを目にされる機会も多いと思います。そのようなガラスの中でも防災に適したガラスというのが特別にありますので、そちらをご案内したいと思います。

一般的なガラスというのはフロート板ガラスと言われ、強い衝撃が加わるとその衝撃物が貫通して鋭利なガラス片が脱落して飛散するというガラスになります。被災時に、割れたガラスでけがをしたりすることもありますし、割れたガラスを片付けるのも大変です。それに対して、防災のガラスというのは「合わせガラス」という名前で、特殊フィルムがガラスに強力に接着している製品で、万が一のとき、ガラスが破損しても破片の飛散を最小限に抑え、サッシからも脱落しにくくなっているという製品です。このガラスは住宅用や商業用など、全てに使えるガラスなのですが、なかなか普及していないというのが実情です。この「合わせガラス」というのは、普通のガラス2枚の中間にフィルムが入っているものなので、ガラスの値段としては、普通のガラスの2倍、3倍という形になりますが、ガラスは施工が必ず必要なものなので、施工費までを含めるとガラスの材料費の差はそんなに大きなものではないというふうに考えています。

その他に、よく集合住宅などで使われている防火用の「網入りガラス」というものもありますが、こちらは、避難する際に支障のないように、延焼の恐れのある部位を中心に使われているもので、破片の飛散はある程度防止できますが、地震などにはそれほど効果がありません。防災用のガラスである「合わせガラス」は、平素は防犯ガラスとして利用できるのに対して、網入りガラスは、見た目は強そうに見えても手でちぎれるような簡単なものですので、ガラスに穴を開けて、手を入れてクレセントというカギの部分を開けて泥棒が侵入することがあり、防犯には役に立ちません。もし、ガラスを替えるのであれば、防犯にも防災にも役立つ「合わせガラス」をお勧めします。

ガラスを替えるといっても、家の全部のガラスを替えるのは大変だと思いますので、例えば家具が少なくて、備蓄の食品などを置かれる予定の寝室など、1つの部屋だけでも防災シェルターのような形にして、防災ガラスをご利用いただくといいかと思っています。

この「合わせガラス」というのは、割れても飛び散ることがありませんので、風雨も防げます。万が一の被災時には、ガラス屋さんがすぐに来ることができません。被災したときに困らないように、事前に「合わせガラス」に替えておけば、風雨をしのいで、そこをシェルターとしてお住まいいただくことができますので、自助、共助のためにも備えていただくのがよろしいと思います。

私は実は鳥取県中部の出身で、2016年10月21日の鳥取県中部地震で倉吉市という所が被災したのですが、築60年の市役所のガラスは普通のガラスだったために割れてしまいまして、災害対策本部として使えずに、県の施設に移動したということがありました。災害対策本部のように、次の動作が必要な所には、ぜひ「合わせガラス」がお勧めです。その市役所の隣の避難所となりました小学校には、安全ガラスの一種である「強化ガラス」というのが使われておりましたので、全くガラスが割れないで丈夫でした。

※今回のインタビュー記事は、東急電鉄の協力のもと、「FM salus」が過去に放送した『東急建設 presents 「サロン・ド・防災」』の内容を、一部改定して掲載しています。