1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報
  4. 防災インタビュー
  5. お得感と楽しさをプラス「トクする!防災」
  1. ホーム
  2. 東急沿線の地域情報
  3. 安心・安全情報

防災インタビューVol.157

お得感と楽しさをプラス「トクする!防災」

放送月:2018年10月
公開月:2019年4月

木村知世子 氏

一般財団法人日本気象協会
メディア・コンシューマ事業部コンシューマ事業課

FMサルースで放送された音源をお聞きいただけます。

災害への備えは日常生活から

そのひとつとして、「トクする!防災」は各地の防災イベント、特に「トクする!防災」に協力を頂いている自治体の防災イベントを中心に出展しています。毎年9月が一番の繁忙期で、各地でイベントがあるシーズンなのですが、この9月も北は北海道から南は九州まで、全国で「トクする!防災」のブースを出展しました。東京で開催した中で一番大きかったのは新宿区の「防災フェスタ」で、今年で3年目になりますが、今年も大テント2つを準備していただいて、協賛企業の水の会社「クリクラ」と、アルファ化米の「アルファー食品」の試食試飲とともに、私たち「トクする!防災」は、ガラガラ抽選会をしました。いつもブース出展の際には、新宿区のようにガラガラ抽選会をしたり、公式ツールのひとつである「防災カード」をみんなで記入していただいて、ワークショップをしたりして、防災グッズが当る抽選会を行っていますので、毎回たくさんの方にお集まりいただいています。
「トクする!防災」のブース出展には、やはり家族の皆さんで来ていただくことが多いので、この機会に、ファミリーみんなで普段の防災に対する備えを楽しくやっていただきたいと思っています。「わが家の防災ナビ」というアプリにもあるように、「家族で防災行動、普段の準備、普段の備えをしていきましょう」という取り組みを、今「トクする!防災」では推進しようとしています。その意味でも、ファミリーみんなで参加できる、このブース出展も非常に好評を頂いています。今後もいろいろな所で皆さんに直接防災に対する啓発活動を届けるための活動にも力を入れていきたいと思っています。今回の新宿区の場合は大学生のボランティアをはじめ、たくさんの方にご協力を頂いて大盛況でした。
このように、「トクする!防災」として、全国いろいろなところにブース出展していますが、特に9月の防災シーズンや、1月17日の阪神淡路大震災の日に行われる兵庫県の「ひょうご安全の日のつどい」にも毎年ブースを出展しています。ブースとともにステージイベントなども行っていますので、ぜひホームページをご覧いただき、気軽に参加していただければと思います。

防災女子による「備蓄レシピ」の活用

「トクする!防災」の今一番新しいコンテンツとして、「備蓄レシピ」というものをホームページの中に追加しました。この「備蓄レシピ」は、神戸学院大学の学生がやっている防災啓発のサークル活動「防災女子」のメンバーの皆さんが「トクする!防災」のためのオリジナル備蓄レシピとして作ってくださいました。そのレシピをホームページでも紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
「備蓄レシピ」は、最近よく言われている調理法を利用しており、ガスコンロとポリ袋を使った、ポリ袋調理によるものです。これは、鍋で水を沸かして、ポリ袋にいろいろな食材を入れてこの鍋にポチャッとつけて作る調理方法なのですが、1回の調理で何品も一緒に作れるというメリットもありますし、調理器具がお鍋だけでいいというメリットもあります。実際私は取材に行かせていただいたのですが、これは時短調理として、普段にも使える方法です。実際作ってもらったレシピもとてもおいしくできていました。この神戸学院大学は栄養学部もある学校で、今回、栄養学の先生に災害時の1日分の献立というのも作っていただきました。災害時の栄養については、まだあまり着目されていないのですが、発災直後の栄養を考え、エネルギー補給と水分補給を中心に、可能な限りバランスの取れた献立を作っていただいていますので、これもぜひ参考にしていただきたいと思います。

「備蓄前線」で備蓄品をチェック

「トクする!防災」では備蓄品を見直すきっかけになる、「備蓄前線」というものを作っています。私たち、日本気象協会は、気象に深く関わっている会社なので、備蓄についても前線図を用いた「備蓄前線」を考えました。
災害というと地震などは非常に大きいものですが、雨による自然災害も近年とても驚異となっています。2018年も西日本豪雨や、大阪に上陸した台風や雨による災害で、甚大な被害が出ています。雨による自然災害も、雨が多くなる季節のタイミングというものがやはりありますので、梅雨前線に対応した「夏バージョン」と秋雨前線に対応した「秋バージョン」の2つを作りました。梅雨前線と秋雨前線によって、各地域で雨が多くなるタイミングの所に線を引いて、その線がかかる日付の前に「もう一度備蓄、備えを見直しましょう」という目安とするために、この「備蓄前線」を利用していただければと思っています。この他、「トクする!防災」では、啓発動画というのも先日制作いたしまして、ビックカメラの有楽町のマルチビジョンで2019年1月に放映させていただいています。このような動画が、他でも見られるように考えていきたいと思っていますので、機会があれば、ぜひ見ていただければと思います。
ぜひ「トクする!防災」のホームページや「わが家の防災ナビ」アプリを利用いただいて、ちょっとお得に、楽しく日常生活の中でも役立つ防災について、家族皆さんで考えていただければと思います。

※今回のインタビュー記事は、東急電鉄の協力のもと、「FM salus」が過去に放送した『東急建設 presents 「サロン・ド・防災」』の内容を、一部改定して掲載しています。