川崎フロンターレのオフィシャルパートナーとして エキサイトマッチ(冠試合)開催

サポーターのみなさんと一緒に応援!

 川崎フロンターレのオフィシャルパートナーであるイッツコムは、毎年、エキサイトマッチ(冠試合)を開催しています。今年は5月25日に「ディスカバリー×イッツコム エキサイトマッチ」(vs 湘南ベルマーレ戦)を開催しました。
 イッツコムテレビサービス(121ch)でご覧いただけるディスカバリーチャンネルとの共同での冠試合です。
 
 この日は天気もよく、試合前からスタジアムの外のイベント会場は多くの人で賑わいました。メインスタンド前では、コムゾーバルーンがサポーターのみなさんをお出迎えしました。
 iTSCOMファミリーシート(ウッドテーブル付きのゆったりした座席)は、小さなお子さま連れのご家族でも安心して観戦いただける観客席です。この日のiTSCOMファミリーシートご利用のみなさんにはコムゾーぬいぐるみをプレゼントさせていただきました。
 イッツコムは、年間を通してボランティアスタッフのみなさんのウェアスポンサーもしています。この日もイッツコムのロゴの入ったポロシャツを着て、会場案内やイベントブースの運営、入場ゲートの対応などたくさんのボランティアのみなさんが活躍されていました。
 イッツコム公式Twitterでは、会場のコムゾーの写真に楽しい一言をつけてリツイートいただいた方に選手のサイン入りTシャツをプレゼントという企画を実施。この投稿の一言は「【誰が1番綺麗な『く』の字になれるか】選手権」。確かにコムゾーも『く』になってます♪ 他にも多くの方に投稿いただきました。
  試合は、川崎フロンターレ 0-4 湘南ベルマーレという結果となりましたが、試合の最後にはイッツコム代表取締役社長の嶋田より、フロンターレ選手全員をたたえて「あんたが大賞」を授与させていただきました。
 イッツコム担当者の想い —————————

森一朗(サービスプロモーションチーム)

森「コムゾーバルーンの空気を入れるのに結構時間がかかるので今日はお昼から来ました。昼間は暑かったです(笑)
 私のチームで担当している業務としては、このTシャツとタオルマフラーのデザインや来場されたお客さまに配布するノベルティを考えたり、オーロラビジョンで放映するためのCMを作成したり、Twitterの企画を考えたり等々です。私自身もサッカーが大好きで、サポーターのみなさんと一緒に川崎フロンターレを応援しています。サポーターのみなさんにどうやったら喜んでいただけるのかと考えながら企画を検討しています。サポーターのみなさんにはいつもコムゾーを可愛がっていただき、大変ありがたく思っています。」

赤司満男(企画広告チーム)

赤司「私は、地域に根差した企業であるイッツコムが、地域スポーツの振興のためにできることを、川崎フロンターレのスタッフの方々と話し合って企画しています。ファミリーシートのネーミングライツや、ボランティアスタッフの方々のウェアスポンサーは、選手の胸スポンサーのように全国的に社名を知っていただくことはできませんが、地域の方々にとっては親しみを持っていただけるものだと思い、長年続けています。
 川崎フロンターレを通してこれからも地域を盛り上げていきたいと思っています!」