1. コラム
  2. コラム
  3. クラウドサーバーとレンタルサーバーの違いは何?メリットや選び方を紹介

クラウドサーバーとレンタルサーバーの違いは何?メリットや選び方を紹介

高速インターネット環境の整備やバーチャルサーバー技術の進展により、ネットワーク上にサーバーを設置して利用するクラウドサーバーを使う機会が増えています。管理にかかる手間やコストを削減したりサービスを安定させたりするために、クラウドサーバーを利用しようと考えている企業担当の方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、クラウドサーバーとはどのようなものなのか、利用するメリットやデメリットは何か、どのように選べば良いのかについてご紹介します。この記事を読むことで、クラウドサーバーに関する基本が学べます。ぜひチェックしてください。

クラウドサーバーとは?レンタルサーバーとは違うの?


ITに関する話題でクラウドという言葉が登場することはよくありますが、「クラウドサーバー」に関しては、一般的に知られているとは言えません。

クラウドサーバーを一言で説明すると、「インターネット経由でサーバーを利用するサービスの一種で、1台の物理サーバー内に仮想化した専用サーバーを個別に設置するもの」です。CPUやストレージ、メモリなどのリソースも仮想的に割り当てられます。

一般的に知られているものにレンタルサーバー(共有サーバー)がありますが、レンタルサーバーは「1台の物理サーバーのリソースすべてを共有するもの」で、個別にリソースを割り当てるわけではない点が、クラウドサーバーとの大きな違いです。クラウドサーバーは大きく分けると以下の3種類になります。

・SaaS:ソフトウェアのみを提供するもの
・PaaS:開発プラットフォームを提供するもの
・IaaS:インフラを提供するもの

それぞれ使用目的が異なるものなので、自社がクラウドサーバーを必要とする目的に合わせて選ぶことが大切です。

クラウドサーバーと比較「レンタルサーバー」の種類


クラウドサーバーと比較検討されることが多い「レンタルサーバー」についてもさらに詳しく見ていきましょう。レンタルサーバーには「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」の3種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
レンタルサーバーと聞くと一般的に共用サーバーをイメージしがちですが、それだけではありません。それぞれの特徴と違いを正しく理解し、自社のニーズにマッチしたものを選びましょう。

共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーマシンを複数のユーザーで共有するレンタルサーバーです。すでに存在しているリソースを共有しつつサービスを提供するため、コストが安く短期間で利用開始できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

一方、ほかのユーザーに影響が出ることからサーバーの基本的な設定をカスタマイズできないのがデメリットです。また、同じ共用サーバー上で提供しているほかのユーザーのサービスにアクセスが集中すると、サーバーが重くなって自社のサービスにアクセスしにくくなるという現象が発生することもあります。

クラウドサーバーはアクセス状況などの必要に応じて設定やスペックを細かくカスタマイズできるのが特徴です。クライドサーバーに比べ、共用サーバーはこの点が劣っていると感じるかもしれません。

専用サーバー

専用サーバーは、1台のサーバーマシンのリソースをすべて1ユーザーが専有するレンタルサーバーです。同じサーバーマシンを利用するユーザーがいないので、自社のサービスに最適化したサーバー設定で利用できるのが大きなメリットです。

ただし、共用サーバーに比べてランニングコストが高いため、導入しにくいデメリットがあります。初期費用に10万円以上、月額料金に1万円以上かかる場合が多いでしょう。

また、あくまでレンタルサーバーなので、基本的なスペックは変更できません。アクセス数が大きく変動するサービスを提供する場合には、大きなデメリットになります。

クラウドサーバーならアクセス数に応じて設定を変更したり、リソースを追加してスペックを向上させたりできます。短期間でも利用しやすいのもメリットと言えるでしょう。提供予定のサービスに必要なリソースや利用期間を総合的に判断して、どちらを利用すべきか決めましょう。

VPS

VPSとは、仮想化技術を利用することで共用サーバーでありながら専用サーバーに匹敵する自由度を確保したサーバーです。サーバーマシン上にゲストOSをインストールしてサーバーソフトを動かすため、ほかのユーザーのトラフィックが影響して障害が発生するようなこともありません。

管理や運営には専用サーバーと同様に高い技術が必要になるものの、安価で利用できるのがメリットです。ただし、リソースは固定なので、アクセス数が大きく変動するサービスに利用する場合にはリソースを簡単に変更できるクラウドサーバーをおすすめします。

大規模なWebサイトやWebアプリケーションを構築する場合のように、負荷を分散させる必要があるときにもクラウドサーバーを利用すると良いでしょう。

クラウドサーバーのメリット3つ


クラウドサーバーを利用すると、コスト面、管理負担面、バックアップ面で大きなメリットがあります。いずれもクラウドサーバーを導入するにあたって知っておきたいポイントなので、ぜひ参考にしてください。ここでは、クラウドサーバーのメリットについて詳しく解説します。

初期費用を削減できる

自社でサーバー環境を整えて運用する場合、サーバー機器の調達費用やデータセンターの設置費用、通信回線を整える費用といったさまざまなコストがかかります。ほかにも、サーバーの設定や環境を構築するための費用も必要です。

レンタルサーバーを利用する場合でも、初期費用として一定の金額を支払う必要があります。特に、専用サーバーの初期費用は10万円を超えることもあり、負担に感じることもあるでしょう。

一方、クラウドサーバーは初期費用が無料のものも多く、導入するためのコストを抑えられるのがメリットです。導入時の費用を削減しつつサーバー環境を構築したい方には、クラウドサーバーがおすすめと言えます。

サーバー管理負担の軽減

クラウドサーバーはネットワーク上にサーバーが存在しており、管理や運営はクラウドサーバーを提供している企業が行います。したがって、自社でサーバーの管理する必要はありません。

サーバーの管理や運営には、サーバーの電気代やデータセンターの空調費用、管理業務する方の人件費といったさまざまなコストがかかります。クラウドサーバーを利用すれば、これらのコストや手間を負担しなくて済むのが大きなメリットです。

ハードウェアの管理もクラウドサーバー提供企業が行うため、故障や障害への対応にかかる負担も減らせます。管理の負担はかけたくないけれどサーバー環境を導入したいという方には、クラウドサーバーは有力な選択肢のひとつになるでしょう。

(参考:『自宅にファイルサーバーが欲しい!3つの構築方法から選ぶ自分スタイル』)

バックアップ・復元対策

サーバーがクラウド上に存在していることは、大規模災害に対するリスクヘッジにもつながります。自社サーバーの場合、データセンターが大きな被害を受ければ、稼働できずに業務停止に陥る恐れがあります。

クラウドサーバーの場合は複数のデータセンターにサーバー機能を分散しているため、災害に強いのが特徴です。また、ひとつひとつのデータセンターにも停電対策、火災対策、地震対策が施されており、機能停止に陥りにくくなっています。

さらに、データが消失した場合でもバックアップさえ取ってあれば簡単に復元できるのも大きなメリットです。クラウドサーバーは大規模災害による業務停止リスクやデータ消失リスクに備えるためにも役立つでしょう。

クラウドサーバーのデメリット3つ


メリットが多いクラウドサーバーにも、いくつかのデメリットがあります。主なデメリットはコストがかかること、セキュリティリスクがあること、カスタマイズの自由度に制約があることです。導入してから後悔しないためにも、これらのデメリットについても事前に確認してから契約することをおすすめします。

コストがかかる

多くの場合、クラウドサーバーの料金プランは月額制です。小規模なものであれば月額数千円程度で済みますが、規模が大きくなると数十万円程度の月額料金が発生することもあります。

また、サーバーによっては従量制の料金プランになっており、使ったリソースの量に応じて月額料金が変動します。定額制も従量制も1か月単位で料金を支払うため、利用規模に応じた月額料金が必要です。

クラウドサーバーを使う場合、運用期間中はずっと月額料金を支払わなければならないことを念頭に置きましょう。ほかにも、必要なシステムを構築するコストやアップデートするためのコストもかかるので、あらかじめ必要なコストを計算しておくのがおすすめです。

情報セキュリティリスクがある

ネットワークを経由してクラウド上にあるサーバーにアクセスするという仕組み上、情報漏洩のリスクが存在します。情報漏洩を防ぐためにも、セキュリティ対策に力を入れている企業が提供するクラウドサーバーを利用しましょう。

また、クラウドサーバーにアクセスするクライアント側のセキュリティ対策を万全にすることも大切です。通信の暗号化を含め、セキュリティを強固にしておきましょう。

クラウドサーバーを利用する以上、情報漏洩のリスクは避けられません。サーバー側のセキュリティがどのようになっているか、クライアント側のセキュリティ設定に問題がないか、通信の安全性を確保しているかといった項目をしっかり確認しましょう。

カスタマイズに限界がある

レンタルサーバーより自由度の高いものが多いとはいえ、サーバーを保有しているのはクラウドサーバーを運営している企業です。したがって、自社サーバーと比較するとどうしても自由度は劣ります。自社のサービスに特化したサーバーを利用したい場合や大規模なシステムを構築したい場合には、オンプレミスのサーバー環境を構築したほうが使いやすいかもしれません。

クラウドサーバーを利用する際には、どの程度のカスタマイズが可能なのかあらかじめ確認した上で、必要なカスタマイズができるものを選択しましょう。目的に応じて適切なクラウドサーバーを選べば、導入後に後悔することを防げます。

レンタルサーバーのメリット2つ


クラウドサーバーと比較した場合、レンタルサーバーには運用面やランニングコスト面でのメリットがあります。

クラウドサーバーとレンタルサーバーのどちらを選べば良いのかで迷っている場合は、これから解説する2つのポイントをチェックしてニーズにマッチしたものを選びましょう。

サーバー運用が不要

一般的に、自社でサーバーを保有するとさまざまな管理・運用業務が発生します。主な業務は以下のとおりです。

・CPU・メモリ・ストレージなどのハードウェア面の管理・運用
・OS・ファームウェアアップデートなどのソフトウェア面の管理・運用

レンタルサーバーではハードウェア・ソフトウェア両面の管理・運用は提供元が行います。したがって、自社でこれらの業務を行う必要がなく、そのための人員を用意する必要はありません。

クラウドサーバーではハードウェアの管理・運用は提供元が行いますが、ソフトウェア面は自社で行う必要があります。レンタルサーバーに比べてその分の手間がかかるため、どの程度の業務が発生するか事前にシミュレーションしておきましょう。

ランニングコストを抑えやすい

クラウドサーバーもレンタルサーバーも利用している間はコストが発生します。多くのサービスが月額料金で支払うスタイルです。

レンタルサーバーでよく使われている「共有サーバー」とクラウドサーバーを比較した場合、共有サーバーのほうが低コストで運用できる傾向にあります。レンタルサーバーは契約時にイニシャルコストがかかりますが、その分ランニングコストを節約できると考えておきましょう。

ただし、共有サーバーではなく専用サーバーを選択するケースでは多額のコストがかかります。契約先やプランによっても具体的なコストは異なりますので、個別に確認することが大切です。

レンタルサーバーのデメリット4つ


レンタルサーバーにも見逃せないデメリットがあります。主なデメリットは初期費用やカスタマイズ性と柔軟性になります。これらのデメリットが自社の業務を遂行する上で致命的なものにならないかを事前にチェックしましょう。ここからは、契約前に確認しておきたい4つのデメリットについて解説します。

初期費用がかかる

レンタルサーバーを契約するときには、一定の初期費用を支払わなければなりません。クラウドサーバーの場合は初期費用がかからないことを考えると、これはレンタルサーバーを契約するときの大きなデメリットと言えるでしょう。

提供元によって具体的な費用は異なりますが、共用サーバーなら数千円~数万円、専用サーバーなら数万円~20万円程度の初期費用がかかります。

クラウドサーバーよりカスタマイズ性が低い

クラウドサーバーもオンプレミスのサーバー環境と比較するとカスタマイズ性が低いものですが、レンタルサーバーは仕様やOS、スペックなどが完全に提供元に依存しており、カスタマイズ性がさらに低くなります。

必要に応じてサーバーOSを入れ替えたり、セキュリティを強化したりすることは難しいでしょう。予定していたレンタルサーバーに自社のサービスを運用するのに必要な仕様が存在しないケースも考えられるので、事前に詳しい仕様をチェックすることは必要不可欠です。

スペックを柔軟に変更できない

レンタルサーバーではプランごとにあらかじめスペックが定められており、必要なスペックに対応したいといってもすぐに変更できません。

「一定期間アクセスの爆発的な増加が見込まれるから一時的に増強したい」「季節によってアクセス数が異なるため、必要なサーバーリソースが大きく変動する」といったニーズに応えにくいのがデメリットです。

上記のような用途でサーバーを使用するなら、必要に応じて柔軟にスペックを変更できるクラウドサーバーを選んだほうが良いでしょう。クラウドサーバーはオートスケーリングに対応しているものも多く、負荷の変動に応じて自動でリソースを調整することも可能です。

災害に弱い

レンタルサーバーはクラウドサーバーに比べて冗長性が低く、災害などのイレギュラーに弱い傾向があります。契約先のレンタルサーバー提供元のデータセンターが被災すればサーバーダウンが発生し、それに伴って自社のサービスも止まってしまいます。

クラウドサーバーもデータセンター内に物理サーバーを設置している点は共通ですが、リージョンを分けて多数のサーバーを分散設置しているので被災時にシステムが止まるリスクを軽減できます。ディザスタリカバリを重視している場合はクラウドサーバーのほうがおすすめです。

クラウドサーバーが向いている用途って?

クラウドサーバー、レンタルサーバー双方のメリット・デメリットを考慮すると、クラウドサーバーは以下のような用途で使用するのに向いています。

・イベントの受付システム
・チケット販売サイト
・ECサイトの運営
・ゲームサーバー

ECサイトやイベントの受付システムは時期によって負荷が大きく変動するため、柔軟性が高くオートスケーリングにも対応しているクラウドサーバーが本領を発揮するでしょう。

ゲームサーバーも開発インフラからサーバー環境までを一括して提供しているクラウドサービスがあるため、こちらを利用すると開発・運営を効率化できます。

クラウドサーバーを選ぶときのチェックポイント


必要なサーバー環境を構築するためにクラウドサーバーを利用すると決めたら、次は適切なものを選ばなければなりません。ここでは、クラウドサーバーの選び方について解説します。必要とする機能を備えたクラウドサーバーを選ぶためにも、いくつかのポイントを事前にチェックしておきましょう。

料金とストレージ容量

最初に確認したいのは、料金プランとストレージの容量です。料金プランには定額制と従量制があるので、使用目的に応じて適切なものを選びましょう。従量制のプランは使用するリソースによって料金が決まります。どの程度のリソースが必要か事前に計算しておきましょう。

ストレージの容量を決める際には、必要な容量よりも余裕があるプランを選びましょう。容量がギリギリのものを選ぶと、後日アップデートしたいときに容量が不足して困ることになります。

中には、無制限のクラウドサーバーもあります。大規模なクラウドサーバーが必要でアップデートも頻繁に行いたい場合におすすめです。

対応しているOSやアプリケーションが多様か

さまざまなシステムをサーバー上で動かしたい場合、対応しているOSやアプリケーションの種類は重要なポイントです。よく使われているサーバー用OSには、CentOSやUbuntuのようなLinux系とWindows ServerといったWindows系があります。

多くのクラウドサーバーはどちらのOSにも対応していますが、中にはどちらか一方しか提供していないところもあるかもしれません。使いたいOSに対応しているかどうか最初に確認することをおすすめします。

また、必要なシステムを実装できないという事態に陥らないためにも、多様なアプリケーションに対応しているかどうかも重要です。契約前には公式サイトを隅々までチェックしたり運営企業に問い合わせたりして、問題なく使えるかどうか確認しましょう。

サポートが充実しているか

クラウドサーバーの中には、ユーザーが管理を行わなければならないものもあります。サーバーの管理には手間がかかるため、苦手だと感じる方も多いでしょう。そのような場合は、サポートが充実しているクラウドサーバーを選ぶことをおすすめします。

サポートが充実していれば、不明な点がある場合にもすぐに問い合わせて解決できるので、初めてサーバー環境を構築する場合でも安心です。

一方、管理や運営をすべて自社でできる際に¥は、サポートが充実していない分料金が安いクラウドサーバーを選ぶという方法もあります。どのようなタイプのクラウドサーバーにせよ、自社の状況に合ったものを選ぶことが大切です。

セキュリティ面で信頼できるか

クラウドサーバーの性質上、クラッキングや不正アクセスによる情報漏洩のリスクは避けられません。したがって、利用したいクラウドサーバーが信頼できるセキュリティを備えているか確認することは非常に大切です。

セキュリティに問題があるクラウドサーバーを利用すると、情報漏えいが発生して大きな損失を被る恐れがあります。同時に信用の失墜にもつながるため、セキュリティに関しては特に慎重にクラウドサーバーを選びましょう。

多くのクラウドサーバー運営企業では自社のサーバーにどのようなセキュリティ対策を施しているかをサイトに記載しているので、隅々までチェックすることをおすすめします。同時に、クライアント側でできるセキュリティ対策も万全にしておきましょう。

イッツコムでは法人向けクラウドサービスを提供中


クラウドサーバーはレンタルサーバーに比べて柔軟性が高く、災害対策などの面でも有用です。多くの企業がクラウドサーバーやそれを利用したサービスを提供しており、その特徴はさまざまです。どれを選べば良いかで迷ってしまう方はイッツコムにご相談ください。

イッツコムでは、ビジネスユースに特化したクラウドストレージやクラウドミーティングシステムを提供しています。いずれも使いやすく便利なシステムなので、ぜひ導入をご検討ください。

ビジネス向けクラウドストレージ「box」

boxはビジネスで使用することを想定して開発されたクラウドストレージで、セキュリティの高さと利便性の良さが両立されています。ストレージの容量は無制限で、いつの間にか容量がいっぱいになって使えなくなってしまうことはありません。

ビジネスチャットやグループウェアなどとも連携でき、アクセスログの取得やフォルダごとのアクセス権限設定にも対応しています。ビジネスシーンにおいてあると便利な機能をきちんと搭載しているため、便利に使えるでしょう。

使いやすいクラウドミーティングシステム「Zoom」

イッツコムではZoomというクラウド上で動作するWebミーティングシステムを提供しています。Zoomは必要なシステムがクラウド上に構築されており、ユーザーはクライアントソフトウェアをインストールして必要な機材を用意するだけで使用できます。

Zoomを導入すれば取引先やリモートワーク中の社員とのミーティングを開催しやすくなるでしょう。ビジネスの効率化に大きく貢献してくれる頼れるツールのひとつです。

高速・安定の「イッツコム光回線」ならクラウドサービスの利用が快適

クラウドサーバーやそこで提供されているさまざまなサービスはインターネット経由でアクセスしてオンデマンドで利用します。快適にこれらのサービスを活用するには、高速で安定した通信を実現できるインターネット環境が必要です。

イッツコムでは、最大速度下り2Gbpsの高速通信に対応した光回線を提供しています。一般的な最大速度1Gbpsのものより高速で安定した通信環境を実現できますので、クラウドサービスを快適に利用するためにも導入をおすすめします。

まとめ


クラウドサーバーは導入がスムーズで、ニーズに応じて柔軟にリソースを調整できる便利なサーバー環境です。負荷の変動が激しいサービスを運用する必要があったり、管理・運用にかかる手間やコストを削減したりしたい場合は、ぜひクラウドサーバーをご検討ください。

イッツコムではビジネス向けクラウドストレージ「box」をはじめとしたクラウドサービスを提供しています。こちらについてもさらに詳しく知りたい方や、利用を検討している方はぜひ下記からイッツコムにお問い合わせください。

(参考:『新規:法人お問い合わせ専用フォーム』)
(参考:『イッツコムの法人向けサービス』)