1. コラム
  2. コラム
  3. マーケティングオートメーションのメリットは?活用例と注意点も解説

マーケティングオートメーションのメリットは?活用例と注意点も解説

マーケティングオートメーションは、顧客情報や活動を管理する便利な方法です。昨今でもさまざまなツールが展開されていますが、どのようなメリットがあるのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、マーケティングオートメーションによって得られるメリットを解説します。よい部分だけでなく、デメリットや注意点を理解することも大切です。記事を読むことでメリット・デメリットが把握できます。具体的な活用例もあわせてチェックしておきましょう。

マーケティングオートメーション活用のメリット

マーケティングオートメーション活用のメリット
活動の自動化やデータ管理など、マーケティングに関する作業を効率化できる点がマーケティングオートメーションのメリットです。魅力を活かすためには、具体的な内容を把握しなければなりません。どのようなメリットが期待できるのかチェックしておきましょう。4つのポイントに分けてひとつずつ解説します。

メリット(1)マーケティング活動を一部自動化できる

マーケティングオートメーションでは、システムに対応した範囲内であればマーケティングの自動化が可能です。たとえば以下のようなものがあります。

・顧客のプロフィール情報からコンテンツを自動分別
・顧客情報をパターン化して振り分ける
・メールの自動送信

本来、人の手が必要な作業でも、機械によって行われるものが自動化できる点は大きなメリットです。顧客情報を見極めて分別したり、最適な時間に宣伝用メールを送信したりといった活用方法があります。

メリット(2)バラバラなデータを管理できる

顧客に関する情報を一括管理しやすい点も、マーケティングオートメーションで感じられる魅力のひとつです。営業活動で得た情報は、名刺・Excelなどさまざまな方法で管理しなければなりません。バラバラになると見落としも多くなるため、課題としてあげている方もいるでしょう。

マーケティングオートメーションであれば、複雑に分かれた顧客情報も一括で管理できます。導入するシステムによって対応範囲は異なるものの、適切なものを選ぶと便利な機能です。

メリット(3)情報共有や連携がスムーズに行える

バラバラになっているデータを統合して管理できると、関係者との情報共有や連携がしやすくなります。「必要なものを必要なときに伝える」といった作業が複雑になりにくく、伝え忘れるリスクも軽減できるでしょう。

マーケティングを結果につなげるには、管理体制のほかに連携しやすい環境づくりも大切です。マーケティングオートメーションで管理することで、情報収集から共有までの一連を簡潔に対応できます。

メリット(4)見込み顧客と良好な関係が築ける

顧客情報を自動化するシステムは、見込み顧客との関係性を向上するためにも効果的です。メールやアクションの自動化を実現すると、見込み顧客にとって最適なタイミングでアプローチできます。膨大な対応が必要なWeb訪問ではとくに活躍するでしょう。

Web訪問に対するアクションやタイミングを見計らったうえでのメール送信は、見込み顧客との良好な関係につながりやすいといえます。手動では困難な数に対応できる点も、マーケティングオートメーションならではのメリットです。

導入にあたってはデメリットも理解しよう!

マーケティングオートメーションの導入を検討している方は、デメリットも把握しなければなりません。覚えておきたいポイントとして、「すべての営業活動を自動化できるものではない」という点を理解しましょう。

自動化するのは、あくまでも機能が対応できる範囲のみです。メールの内容を作成したり、マーケティングの内容を考えたり、人の力が不可欠なものは対応できません。自動化するための作業を担う必要があることを認識しておきましょう。

このようなデメリットを理解しないままシステムの導入に踏み込んだ場合、思うように活用できず「導入は失敗だった」と感じる可能性もあります。メリット・デメリットをしっかり理解してから、導入の準備をはじめることが大切です。

マーケティングオートメーションの活用例

マーケティングオートメーションの活用例
実際に導入する前に、どのような活用例があるのかチェックしてみましょう。自動化によってなんらかのメリットが感じられるのであれば、導入後の効果も期待できます。マーケティングオートメーション自体のメリットではなく、より具体的な内容を把握することも重要です。記録・管理といった観点から4つの活用例をご紹介します。

リードの行動を記録・管理する

リード管理とは、マーケティングを行ううえで特に重要な手法です。獲得した見込み顧客の情報を考慮し、製品・サービス内容をアピールしなければなりません。リード管理を自動化すると、Webサイトへの訪問数やメールが読まれた数なども管理できます。

見込み顧客に関する情報が総合的に記録・管理できると「自社サービスをどのようにアピールしていくか」も明確化しやすいでしょう。ターゲットを絞ることで、アプローチするタイミングや内容を最適化するためにも役立てられます。

依頼する施策を自ら施行

製品やサービスをアピールするためには、Webサイト・フォームを有効活用しなければなりません。プログラムとWebデザインに特化した事業でなければ、専門業者への依頼も必要になります。

このようなシーンで活躍するのが、マーケティングオートメーションのツールです。サイトを作成したり、作成後の状態から修正したりといった作業も簡略化されています。修正のたびにプロへ依頼する必要がなくなるため、作成・修正のコスト削減にも効果的です。

ニーズを数値化する

マーケティングを成功させるためには、見込み顧客を的確に把握してアプローチしなければなりません。どのような顧客にニーズがあるのか見極める作業も必要でしょう。マーケティングオートメーションにおける多くのツールでは、ニーズを数値化(スコアリング)して可視化できます。

数字として明確な情報が収集できると「どの見込み顧客にアプローチすればよいのか」の判断も可能です。メールでセールスを行うターゲットを決める段階でも役立つツールといえるでしょう。

自社サービスを利用するようなホットリードを増やす

マーケティングの目的は、見込み顧客への積極的なアプローチによって顧客化する点にもあります。サービスや製品の利用を検討している状態から、実際の利用者へと育成しなければなりません。

情報収集からメール送信といった一連が自動化できると、見込み顧客と接触するまでの時間が短縮できます。マーケティングオートメーションを活用することで積極的なアプローチが可能になり、信頼性を高めながらホットリードを増やす効果につながるでしょう。

マーケティングオートメーション導入時の注意点

マーケティングオートメーション導入時の注意点
マーケティングオートメーションの場合、一度に複数のツールを導入するのは賢明といえません。スモールスタートを重視し、自社に合ったツールを選べるよう準備を進めましょう。コンテンツの充実性に注目することも大切です。ここからは、導入する前に把握しておきたい注意点を4つご紹介します。

少しずつ期間を見積もることが大事

マーケティングオートメーションは、導入直後から効果が期待できるものではありません。長期的なプランを練って複数のメリットへとつなげていくシステムです。可能な限り早く効果を実感したいものですが、即効性よりもスモールスタートを意識しましょう。

はじめて導入する方は、会社全体に導入しないよう注意できると安心です。即効性を期待して全体に導入した場合、「コストに対して効果が実感できない」と不満に感じるリスクもあります。効果が表れる前から諦めては元も子もないため、段階的に導入したほうがよいでしょう。期間と費用は少しずつ見積もって進めることが大切です。

充実したコンテンツが必要

見込み顧客にアプローチする際、コンテンツに対して興味を持ってもらう必要があります。見込み顧客が魅力を感じなければ自動化のメリットも発揮できません。マーケティングオートメーションの効果を実感するためには、コンテンツの充実性も重要です。

「アプローチのタイミングがよければ顧客数アップにつながる」というわけではありません。以下のようなポイントをおさえて良質なコンテンツを備えておきましょう。

・ターゲットは明確か
・魅力が伝わる内容になっているか
・見込み顧客が疑問を抱くような内容ではないか

コンテンツを作成するうえで「理解しやすい内容かどうか」は重要な要素です。文章や図が複雑にならないよう注意し、簡潔で充実したコンテンツを意識しましょう。

運用体制を整えて自社にマッチした構築

マーケティングオートメーションを有効活用するためには、マーケターと営業担当者の連携が必要不可欠です。これまで別行動が主になっていた場合は、運用体制を整えなければなりません。自動化されることを前提としたうえで、事業内容や取り組みに適した体制を構築しましょう。

あらかじめ運用体制を整えておくと、伝達不足やミスが原因で失敗するリスクも軽減できます。環境の変化で適切に対応しにくい可能性もあるため、マーケティングオートメーションの内容を理解してから構築と導入進むことが大切です。

ツールは自社の現状を把握してから選定

マーケティングオートメーションには多数のツールがあります。どのツールを導入するかは、自社との相性を基準に選ばなければなりません。「機能の数が多いから」「安くて評判がよいから」といった理由のみでは、失敗するリスクが高まると考えたほうがよいでしょう。具体的には以下のような機能があげられます。

・メール配信
・リード管理
・メールの開封履歴
・Web接客
・顧客の評価と数値化
・オンライン上での行動履歴

これらは代表的な機能です。高価なツールは機能性も高い傾向にありますが、手に余るようなツールの導入は賢明といえません。自社の現状を把握し、過不足なく活用できるツールを見極めましょう。求める機能をピックアップしてみると判断しやすくなります。

おすすめのマーケティングオートメーションツールを紹介!

おすすめのマーケティングオートメーションツールを紹介!
「どのツールを選べばよいかわからない……」とお悩みの方は、法人向けサービスを提供するイッツコムにお任せください。「ホットプロファイル」を活用すると、名刺のデータ化や営業活動の可視化といった機能が活用できます。ホットプロファイルのおすすめポイントと導入方法をチェックしてみましょう。

「ホットプロファイル」のおすすめポイント

マーケティングのほかに名刺管理・SFAといった機能が利用できる点がホットプロファイルの魅力といえます。具体的なシステムと内容は以下です。

・マーケティング:顧客や他企業からのWebサイト訪問状況を可視化
・名刺管理:名刺をスキャンしてデーターベースの自動作成
・SFA:営業担当者・経営者など立場で異なるニーズに対応

ひとつのツールで3つのシステムを一元管理できるため、ひとつずつ管理したり運用したりする必要もありません。ホットプロファイルがすべてを管理する仕組みです。複数のプランをご提供しているため、事業内容や規模に合ったサービスを反映できます。

「ホットプロファイル」の導入方法

ホットプロファイルを実際に利用するまでのステップは5つです。以下の流れで進めていきます。

・メールまたは電話でお問い合わせ
・申し込みと契約
・管理者用アカウントのご連絡
・使い方のご説明(初期導入支援サービスの場合)
・利用開始

ツールの導入に不安を感じる方は、初期導入支援サービスのご利用も可能です。「試しに使ってみたい」という場合はトライアルのご相談も受け付けています。

まとめ

まとめ
顧客の確保や管理のためにマーケティングを自動化する方法が「マーケティングオートメーション」です。マーケティング活動を管理しやすいだけでなく、情報共有と連携がスムーズになるメリットもあります。

現在導入を検討している方はデメリットもしっかり把握しておきましょう。ツール自体の機能性ではなく、「自社に適しているかどうか」を見極めることが大切です。ツール選びにお悩みの方は、ぜひこの機会にイッツコムのホットプロファイルをご検討ください。