1. コラム
  2. コラム
  3. SFAとCRMの違いを解説!それぞれのメリットもあわせて紹介

SFAとCRMの違いを解説!それぞれのメリットもあわせて紹介

「SFAとCRMの違いを知りたい」「SFAとCRMのそれぞれのメリットを知りたい」と考えてはいませんか。SFAとCRMはビジネスで使われることが多く、どちらも顧客の情報を管理するシステムのため、違いを知っておかないといざというときに迷ってしまいます。

そこでこの記事ではSFAとCRMの違いについて、それぞれの概要や機能、メリットについて解説していきます。どちらが自社にとって相応しいのか見極められるようになるでしょう。

SFAの概要や機能について解説

こちらでは、SFAの概要や機能について解説していきます。SFAは「営業活動自動化システム」のことで、簡単に言うと「営業活動をしやすくするような機能」です。機能を詳しく知ることで、自社にシステムが適しているかがわかるようになります。

1.SFAは「営業活動自動化システム」

SFAは「セールス・フォース・オートメーション」の略です。具体的には営業活動においての情報を入力することで、次にすべき行動や営業先の選定、報告書の作成などを自動で行えます。

また、営業活動の分析も行えるので、活動の効率化にも繋がるでしょう。導入や日々の入力作業は少し大変かもしれませんが、それ以上に営業活動の手助けになる場面が多いシステムです。

2.SFAで管理する顧客情報

SFAでは企業名や顧客の名前・連絡先などの簡単なものから、営業の内容や顧客が抱えている課題などの複雑なものまで、かなり多くの情報を管理できます。基本的にはCRMよりも多くの情報が管理できるようになっており、営業活動に活かせます。顧客に関してより深い部分まで情報を管理して分析することで、効率的な営業活動が可能になるでしょう。

3.SFAの機能

SFAの機能には、顧客情報の管理や営業活動を記録する日報、次に行うことの管理などがあります。見積書の作成や見込み顧客の評価、売り上げの予測も可能です。営業活動を行う際の複雑な作業や大量のデータの管理などを自動化でき、その分他の作業にリソースをさけます。日々の営業活動を自動化する機能があると覚えておきましょう。

CRMの概要や機能について解説

CRMもSFAと同じく、顧客情報管理システムのひとつです。しかしCRMの場合は、主に顧客関係管理システムになっています。まずはCRMの概要について紹介した後に、CRMで管理する顧客情報や機能を紹介します。SFAとCRMの概要や機能をしっかりと覚えて、それぞれの知識を深めておきましょう。

1.CRMは「顧客関係管理システム」

CRMは「カスタマー・リレーションシップ・マネジメント」の略です。顧客の名前や年齢などの情報を管理することで、日々の業務を効率化できます。さらにメールの一括送信機能やアンケート調査などもでき、顧客の満足度向上にも繋がるでしょう。顧客の情報を管理することで、経営戦略などもたてやすく、マーケティング活動を効率化できます。

2.CRMで管理する顧客情報

CRMで管理する顧客情報は、会社名や顧客の名前などの簡単なものです。SFAと比べると管理する顧客情報は浅くなりますが、アンケート結果などCRMでしか管理できない情報もあるため、CRMの方が完全に劣っているというわけではありません。

そのため、導入をする際には多くの情報を管理したいからと安易にSFAを選ぶのではなく、きちんと目的に合った情報を管理できる方を選ぶことが大切です。

3.CRMの機能

CRMの機能には、顧客情報の管理の他にメールの一斉配信やフォームの作成、アンケート調査などがあります。SFAと比べてみると機能には大きな違いがあって、特に顧客情報のアウトプットの部分が違います。

それぞれで管理できる顧客情報や機能を把握し、実際に導入する時に困らないようにしましょう。用途や目的に合ったシステムを選択できればどちらもビジネスにとても役立ちます。

SFAとCRMの違い

SFAとCRMの違いは、管理できる情報の種類と機能です。SFAは「営業活動自動化」、CRMは「顧客関係管理」という意味なので、内容は大きく違います。

SFAはCRMよりも深い情報の管理ができるようになっており、日々の営業活動に活かしやすいシステムです。CRMは管理している情報から顧客の分析をすることで、より適切なアプローチができ、顧客の満足度を向上させられます。

どちらも顧客情報を管理するシステムですが、実際の機能には違いがあるので、導入する際にはしっかりと選ぶことが大切でしょう。

SFAを導入するメリット

SFAの導入を考えている場合は、事前にメリットを知っておくことで、導入後に後悔する可能性を減らせます。SFAは、営業に集中できるということや営業部全体の改善ができること、情報蓄積と分析を簡単に行えるなどがメリットです。どのようなことに使えるのかを整理して、効率的に利用しましょう。

1.営業に集中できる

SFAを導入することで、営業に集中できるようになります。日報やスケジュールの作成をSFAでできるため、その時間を営業にあてられるからです。

他にも、必要な情報もすぐに検索して入手できるようになるため、大幅に工数を削減できるでしょう。SFAを導入すると情報の入力などの工数はかかってきますが、それ以上に減らせる工数の方が多いです。導入をすませて、入力など必要な作業に慣れて仕組み化できてしまえば、大幅に手間を減らせるでしょう。

2.営業部全体の動きを改善できる

SFAを導入することで、営業部全体の動きを改善できます。情報の入力や管理がきちんとできていれば、営業部全体の進捗状況の管理や、顧客との関係などもわかりやすいでしょう。

そのため、それぞれがやるべきこと、やらなくていいことなどもわかり、営業部全体が改善されます。営業部全体がそれぞれ動いていて、お互いに見えていない部分が多いとその分無駄も出てきてしまいます。しかしSFAを導入すれば、そのような問題は解決できるでしょう。

3.情報蓄積と分析を簡単に行える

SFAを導入すると、情報蓄積と分析を簡単に行えるようになります。導入前には時間がかかっていたり、難しくてできなかったりした情報の蓄積と分析を行うことにより、成功確率の高い営業の仕方がわかります。

成功確率の高い営業の仕方を営業部全体で共有できれば、人材育成にも繋がり、優秀な営業マンも増えるでしょう。どのようにアプローチをしたら成約に結びつくのかを分かりやすくできるところも、SFAを導入するメリットと言えます。営業部全体の活動の底上げをしたいと考えているのであれば、SFAの導入を考えてみてください。

CRMを導入するメリット

CRMの導入を考えている場合もSFAの場合と同様に、メリットをきちんと知っておくことが大切です。どのようなメリットがあるのかをしっかりと理解して、有効活用できるか判断しましょう。CRMのメリットには、顧客管理がしやすくなることや顧客に的確なアプローチができること、欲しい情報へのアクセスがしやすくなることなどがあります。

1.顧客管理がしやすくなる

CRMを導入することで、顧客管理がしやすくなります。顧客情報を視覚的に確認できるため、誰でもわかりやすくなる点が特徴です。

仮に顧客情報ひとつひとつを比較しながら分析していると、かなりの時間やコストがかかってしまいますが、CRMでは一目で情報を比較・判断できます。全ての情報をまとめて一瞬で把握できるのは、CRMを導入するメリットのひとつです。さらに、顧客管理にかかっていた時間などを他のことにまわせば、さらなる改善活動なども行えます。

2.顧客に的確なアプローチができる

CRMを導入することで、顧客に的確なアプローチができます。CRMシステムでは、顧客情報をまとめて共有や分析が可能です。そのため社内全体で連携を取って、顧客に対してアプローチができるでしょう。

さらに顧客に対して適切なタイミングで、的確なアプローチをすることによって、顧客満足度の向上にもつながります。

・年齢
・性別
・住んでいる地域

などの情報も管理できていれば、顧客のニーズをつかみやすくなるため、継続的に良い関係を保てます。

3.欲しい情報へのアクセスがしやすくなる

CRMを導入することで、欲しい情報へのアクセスがしやすくなります。名刺や顧客名簿を使って情報の管理をしていると、どうしても情報へのアクセスが難解です。しかしCRMでは情報をひとつにまとめて管理できるので、欲しい情報に対してスムーズにアクセスできます。

情報へのアクセスが速くなるのは影響が小さいように感じるかもしれませんが、毎回かかっていた手間と時間がなくなると、実際にはかなり効率的になるでしょう。もし、現段階で情報へのアクセスで手間取っている場合には、CRMを導入することで解決できます。

SFAとCRMのどちらを導入すべきか解説

SFAとCRMはどちらにもメリットがありますが、実際にどちらを選べばいいのか迷うのではないでしょうか。どちらも顧客情報管理システムになっているので、まずするべきことは、顧客情報管理の目的をはっきりさせることです。

例えば、顧客情報を管理して経営活動の改善をしたいという場合にはCRMがおすすめですし、営業部全体の改善をしたいという場合にはSFAがおすすめです。

・マーケティングを効率化したい場合はCRM
・営業部全体を効率化したい場合はSFA

という選び方がいいでしょう。それぞれのメリットや機能などを考慮して決めることが大切です。

SFA・CRMの導入にはイッツコムのサービスがおすすめ

SFA・CRMの導入をしたいと考えている場合には、イッツコムのサービスを利用するのがおすすめです。営業活動支援ツールの「ホットプロファイル」「メールサーバホスティングサービス」を導入することで、より効率的な営業活動が可能です。どのような機能や役割があるのかチェックしてみましょう。

1.ホットプロファイル

「ホットプロファイル」は、SFA・マーケティング・名刺管理の機能が1つになったツールです。クラウド上で顧客情報を管理することにより、部署全体で効果的な営業戦略を考えられます。

さらにホットプロファイルなら、1ツールの導入でSFAだけでなく、営業に不可欠なマーケティングや名刺管理も可能です。それぞれを別々のツールで導入すると、毎回新たな操作を覚えなくてはなりません。ホットプロファイルなら1度操作を覚えるだけで、スムーズに営業活動を効率化できる点が魅力です。

2.メールサーバホスティングサービス

SFA・CRMを導入する際に、顧客へメールでのアプローチを考えている場合には、イッツコムのメールサーバホスティングサービスがおすすめです。イッツコムのメールサーバホスティングサービスには、以下のような機能があります。

・ウイルススキャンサービス
・迷惑メールスキャンサービス
・メーリングリストサーバホスティングサービス

その他にも、ご要望にあわせてメールアーカイブ機能やご送信防止機能のご提供も可能です。ウイルススキャンや迷惑メールスキャンによって、セキュリティ対策がしっかりとできます。

まとめ

SFAとCRMにはそれぞれ管理する顧客情報や機能などの違いがあり、それぞれのメリットなども考慮して決める必要があります。営業活動を改善したいならSFA、マーケティング活動を改善したいならCRMを選びましょう。後から後悔しないためにも、しっかりと目的に合ったシステムを導入することが大切です。

また、SFAやCRMの導入を考えている場合には、イッツコムのサービスを利用してみてください。もし、インターネットのことやメールサーバーのことでわからないことがあれば、イッツコムにいつでもご相談ください。