イッツ・コミュニケーションズの「健康経営」

健康宣言

イッツ・コミュニケーションズは、
従業員の心身の健康の維持向上と働きやすい職場づくりを目的として、
健康経営に取り組みます。

わたしたちは、ブロードバンドネットワークを通じて、地域の皆様に「安心と快適さ」をお届けし、常に先進的な取り組みを行うことで、豊かな生活環境を創造することを経営理念としています。
企業として成長し続け、お客さまへ「安心と快適さ」をお届けするために、「従業員の心身の健康の維持向上」と「働きやすい職場づくり」は欠かせない取り組みです。イッツ・コミュニケーションズでは代表取締役社長を健康経営最高責任者とした推進体制のもと、健康経営施策を推進していきます。

社長メッセージ

これから更なる持続的成長へ突き進むためには、従業員一人ひとりが持てる力を最大限に発揮し、心身ともに健康でいきいきと働くことが重要です。健康経営は今や企業理念に関わる重点施策であり、イッツ・コミュニケーションズが成長し続けるために重要な基盤であると考えています。
健康経営最高責任者として、積極的に健康経営に取り組み、更なる企業成長を目指します。

代表取締役社長 嶋田 創

健康経営推進体制

行動指針

1.把握・予防

健康診断受診率100%を維持し、従業員の心身の健康状態を把握するとともに重症化予防の取り組みを推進します。

2.土台づくり ~健康で安心して働ける土台づくり~

一人ひとりの健康に関する知識と意識の向上に向けた取り組みや組織の活性化を推進します。各種制度の整備に取り組み、働きやすい環境を創造します。

3.健康保持増進

心と身体の健康保持増進に向けた取り組みを推進します。

課題、取り組み概要
自覚症状のない生活習慣病予備群の健康改善への取り組みが不十分であり健康意識の醸成が課題
行動指針 継続的な取り組み、課題解決のための取り組み内容
1.把握・予防
  • 定期健康診断 人間ドック費用補助制度 二次検査受診勧奨
  • 保健師による健康相談の実施(保健師指導指導記録表の活用)
  • WEB診断によるストレスチェック(e-ラーニング学習機能)
  • 集団分析結果の活用と職場改善の実施
2. 土台作り
  • 特定保健指導の効果的な実施(メタボ減少)
  • 時間外適正化による所定外労働時間削減管理
  • 公休日の確実な取得の管理(年休取得5日厳守)
  • SAS検査による運転事故防止
  • 正しい知識に基づいた健康づくりのために各種健康情報の提供やセミナーの実施(今年度は7回実施)
  • 生活習慣病予防、女性向け、食育に関するセミナーを実施

    ※各回平均定員の8割程度の参加率
3. 健康保持増進
  • 部活動による職場内コミュニケーションの活性化
  • 事業場内インフルエンザ予防接種の実施
  • ヨガセミナー、食習慣サポートのためのスムージーの提供
  • 睡眠の質の改善セミナー★受動喫煙対策★への取り組み(★は対象者を限定)
※太字は2019年度重点施策
健康経営指標データ(定量的)
指標 2018年度 2019年度目標 2019年度
健康診断受診率 100% 100% 100%
保健指導リピーター率 29.0% 25.0% 32.0%
二次検査受診率 68.9% 70.0%
有所見者率(※1) 30.4% 28.0% 27.4%
特定保健指導対象者率 11.8% 10.0% 13.4%
 体重増減(改善率)(※2) -3.5% -4.0%
 腹囲増減(改善率)(※2) -2.5% -3.0%
 生活習慣の変化(※2)(※3) -33.2% -35.0%
インフルエンザ罹患者率 3.3% 2.0%
ストレスチェック受験率 94.7% 100%
労災発生件数(※2) 5件 3件以内 2件
部活動参加率 22.0% 30.0%
喫煙率 22.0% 21.0% 21.1%
(※1)要治療、治療中の対象者 (※2) 9月末時点
(※3)特定保健指導における悪い生活習慣病となりうる18項目の聞き取り結果(減少率)

健康経営指標データ(定量的ではない)
スムージーを各事業所に導入したところ、野菜摂取の習慣がない方に手軽に野菜がとれてうれしいとの声が多く寄せられています。

取り組みの成果(影響)
  2017年度 2018年度 2019年度
新卒採用人数 18 20 24
(人)

評価・改善
プレゼンティーズム調査(WHO-HPQ)より、健康経営の効果を2019年度より経年検証します。
セミナー参加者へアンケートを実施し、健康経営の取り組みに対する評価と改善を実施します。
※WHO-HPQとは・・・世界保健機関(WHO)が公開している「健康と労働パフォーマンスに関する質問紙」労働者の「プレゼンティーズム(presenteeism)」を客観的、定量的に把握できるとされている。

セミナーの様子