1. コラム
  2. コラム
  3. Zoomの40分制限とは!解除する方法を徹底解説

Zoomの40分制限とは!解除する方法を徹底解説

「Zoomの導入を検討中で時間制限について知りたい」「Zoomの有料プランを導入する必要はあるのか」などとお考えではないでしょうか。在宅勤務やモバイルワークといった働き方の選択肢が増えつつある現在、Zoomは多くの企業にとって必要性の高いツールといえるでしょう。しかし、無料プランのZoomには40分の制限があり不便に感じることがあるかもしれません。

そこでこの記事では、無料版Zoomの時間制限に焦点を当てて解説します。40分の制限や時間制限を解除する方法を理解して、さまざまな働き方に対応しながら業務の効率化を図りましょう

基本情報|Zoomの時間制限について

Zoomは、契約状況によって時間制限がかかる場合があります。一定の条件下で40分の制限時間を超えた場合は一度ミーティングを退出しなければなりません。ここからはZoomの基本情報と共に時間制限について解説します。まずは特徴を理解しましょう。

基本情報1.Zoomには無料プランと有料プランがある

Zoomには有料と無料プランがあります。無料プランには40分の時間制限が設定されており、アカウントを作った時点では無料プランとして登録されます。有料プランにアップグレードする場合は別途手続きが必要です。

なお、有料プランは複数の種類があり、規模や業務内容によって最適なプランは異なります。導入の際はZoom、または取り扱いのある企業への問い合わせがおすすめです。

基本情報2.ホストが無料アカウント&3人以上の場合に時間制限がかかる

Zoomミーティングは、無料プランであることに加え、3人以上のミーティングを行っている場合に40分の時間制限がかかります。ただし、無料プランであっても2人でミーティングを行っている場合は24時間可能で、実質無制限です。

なお、40分の時間制限がかかるのは「ホスト」というミーティングの主催者が無料プランのときであることも理解しておきましょう。参加者がアカウントをもっていない、もしくは無料プランであっても、ホストが有料プランの場合、40分の時間制限はかかりません。

ホストのプラン有料プラン無料プラン
参加人数2人(1対1)24時間まで24時間まで
3人以上24時間まで40分の制限あり

基本情報3.40分の時間制限を超えたときは自動的に退出になる

ホストが無料プランの場合、制限時間は40分です。40分の制限がある状態でミーティングを継続していると、10分前に通知が画面上に出て、残り時間が表示されます。

通常、40分を超えた場合は自動的に終了するシステムです。例えばまだ結論が出ていなかった場合、続けるためには再接続や新しいミーティングを設定する必要があります。なお、再開したミーティングの制限時間も40分です。

Zoomの時間制限を解除する5つの方法

40分の制限を解除するためにはいくつかの方法があります。自社にとって最適な方法を知るために、考えられる選択肢を把握しておきましょう。ここからは、有料プランへの切り替えなど、5つの方法を紹介します。

1.有料プランに切り替える

有料プランにおけるグループミーティングの制限時間は連続24時間です。一口にミーティングと言っても、ビジネスではさまざまなシチュエーションが想定されます。社内だけでなく社外の方も交えて会議をする場合もあるでしょう。時間を気にする必要がないことは、有料プランの大きな魅力といえます。

有料プランは3種類あり、招待可能な人数の上限が異なることも押さえておきたいポイントです。以下に具体的な情報をまとめました。

有料プランの種類参加可能な人数の上限
プロ100人
ビジネス300人
エンタープライズ500人

2.有料プランの人にホストになってもらう

ホスト(ミーティングの主催者)が有料プランの場合は、40分の時間制限はかかりません。参加予定の方に有料ライセンスをもつ人がいるときは活用できる方法です。ミーティングを開催するメンバーが決まっているケースでは、対応できることもあるでしょう。

しかし、多様化した働き方が広まりつつある今、ミーティングのメンバーが常時固定されているケースは少なくなることも予想されます。企業や団体として状況に合った有料プランを契約することは、業務効率の観点からも効果が高いといえるでしょう。

3.1対1のミーティングに利用する

無料プランの場合、参加者が3人以上で時間制限の対象になります。従って1対1でのミーティングであれば時間制限はかかりません。

しかし、企業や団体のミーティングで使う場合、3人以上参加しなければならないことも多いでしょう。2人だけのミーティングしか行う予定がない、というシチュエーションは現実的ではないかもしれません。

4.別のミーティングを設定する

時間制限がかかる条件を満たした場合、40分を超えると自動的にミーティングが終了します。まだ終わっていない場合、別のミーティングを設定し、参加者とリンクやインスタントミーティングIDを共有すれば続行可能です。例えば、40分近くになった頃に休憩を入れることで対応しやすくなるでしょう。

しかし、自動的に終了→つなぎ直しという流れを手間に感じやすいかもしれません。また、状況によってはミーティングが中断されることがビジネスチャンスの損失につながる可能性もあります。

Zoom|有料プランがおすすめの理由

ここからは、ビジネスシーンでZoomの有料プランがおすすめの理由を解説します。有料プランと無料プランの違いは時間制限だけではありません。ビジネスにおける有料プランの優位性を把握しましょう。2つの理由について解説します。

1.ミーティングの環境を整えられるから

テレワークを推進する企業は今後も増えることが予想されます。働き方の多様化に伴い、今後、社内だけではなく取引先とのミーティングをZoomで行う機会も増えるでしょう。

Zoomで取引先と商談する際に、40分で中断するような環境はふさわしくないかもしれません。再度ミーティングを設定する流れによりテンポが悪くなるだけでなく、信頼性に悪影響を及ぼすことも考えられます。変化しつつある社会を見据え、ビジネス環境を整える意味でも有料プランに切り替える意義はあるといえるでしょう。

2.状況に合ったプランを選択できる

Zoomの有料プランは3種類あり、状況に応じたプランを選択可能です。以下にプランごとの主な特徴をまとめました。

プラン共通する特徴主な特徴や追加される主な機能
プロ・連続使用可能時間:最大24時間
・クラウド録画機能が使える
・100人まで参加可能
・1~9のホスト設定
ビジネス・300人まで参加可能
・10~49のホスト設定
エンタープライズ・500人まで参加可能
・最小50からのホスト設定

Zoomやテレワークに関する懸念点と対策

Zoomはビジネスにとても便利なサービスですが、セキュリティ面のぜい弱性や回線の安定性に関して少なからず不安に感じる方もいるでしょう。また現在、あるいは今後導入するテレワークに関して課題が表面化している企業もあるかもしれません。懸念点を明確化することは、リスクを抑え、適した対策を施すために大切です。以下に詳しく解説します。

1.セキュリティ

Zoomはセキュリティに関するぜい弱性を指摘されることもあります。リモートで全国の誰とでも会話ができることはZoomの魅力ですが、データの送受信などで情報が流出し、損害を被る可能性も否定できません。

イッツコムでは、セキュリティに不安を感じている方に向けて『モバイル閉域接続』というサービスを展開しています。

モバイル閉域接続とは、通常のインターネット網ではない特定の範囲に限定されたネットワークを活用して通信を行うサービスです。モバイル閉域接続を使うことで、Zoomミーティングやテレワーク中のセキュリティレベルを格段に高められます。

2.回線の安定性

ミーティング中に画像が止まったり、声が途切れたりして回線が不安定になると、スムーズなミーティングの妨げになり、ストレスを感じることもあるでしょう。

対策として、安定した回線への乗り換えをおすすめします。Zoomが推奨する回線速度は3Mbpsですが、イッツコムの光回線サービスは最大速度が2Gbpsという高速通信を実現しています。例えばミーティング中にファイルをやり取りする際もストレスフリーです。

3.テレワークの管理が難しい

テレワークは今後も推奨されることが見込まれる働き方ですが、管理の難しさが課題に挙がることがあります。それぞれの場所で仕事をしている中でも社員の動きや成果を把握し、管理することは業務効率を維持するためにも重要といえるでしょう。

イッツコムでは『ホットプロファイル』というサービスを展開しています。ホットプロファイルは、例えば以下のようなシーンでお役に立ちます。

・自社サイトにアクセスした見込み客の把握
・営業進歩管理や顧客管理、マーケティングの一元管理

ホットプロファイルを導入することで、離れていても顧客情報などの共有がスムーズになることがポイントです。チームもまとまり効率的な営業アプローチにつながるでしょう。

まとめ

無料プランのZoomでグループミーティングをした場合、40分の時間制限があります。対策方法は複数ありますが、企業や団体には有料プランへの切り替えがおすすめです。テレワークが増え対面での商談が減ったともいわれる昨今、Zoomミーティングをストレスフリーで利用し、業務効率化やビジネスチャンスにつなげましょう。

イッツコムは、Zoomをはじめ多彩なサービスを展開しています。ネットワークに関する快適性や安全性を高め、より企業にとって効率のよい業務を展開するためにも、お気軽にイッツコムへご相談ください。