1. コラム
  2. コラム
  3. テレワークにおすすめのWi-Fiはどれ?通信手段の比較と選び方を解説

テレワークにおすすめのWi-Fiはどれ?通信手段の比較と選び方を解説

「テレワークに有効なWi-Fiはあるのか」「どのように選べばいいか」といった疑問をお持ちではないでしょうか。

働き方改革の一環としてテレワークを導入している企業も増加している中、個人としてもテレワークのための環境を整えることが課題となっています。

テレワークでは、個人宅のWi-Fiを整備するだけでなく、オフィスにも社員とスムーズに連携を取るためのネットワーク環境を整備することが必須です。

この記事では、テレワーク時に利用するWi-Fiの選び方や種類について解説します。

テレワークの概要と種類

テレワークとは、出社せずに自宅やカフェなどオフィス以外の場所で仕事をする勤務形態です。家庭の事情にも合わせやすいため、子育て中の人や介護が必要な人も働くことができます。会社側にとっても、社員の交通費やオフィスコストを抑えられるというメリットがあります。テレワークの場所は、主に以下の三通りです。

1.自宅勤務
2.サテライトオフィス(レンタルオフィスやコワーキングスペース)
3.モバイルワーク(カフェや出張先など働く場所を選ばない)

テレワークと一口にいっても、働く場所の候補は複数あります。働く環境によって企業がどのようなWi-Fiを用意するべきか、社員がどのWi-Fiを準備する必要があるのかといったことが左右されるので、まずはテレワークのスタイルを決定することが大切です。

テレワークで使えるWi-Fiの種類

テレワークで使えるWi-Fiには複数の種類があります。どのWi-Fiが最適なのかは、使用状況や場所によって異なります。Wi-Fiの種類を理解した上で、利用するシーンに応じて最適な種類のWi-Fiを採用するとスムーズです。

テレワークで使えるWi-Fiとしては以下の種類があるので、それぞれの特徴についての基礎を理解しましょう。

・光回線
・モバイルWi-Fi
・ホームルーター

光回線

光回線とは、光ファイバーを利用したインターネット回線です。光回線は通信速度が速く、安定したネット通信を行えます。大容量の画像や動画などのファイルをスムーズに送受信できるので、作業効率を高めたい場合に役立ちます。

ただし、Wi-Fiで光回線を利用するには、自宅までケーブルを引き込んだ上で終端装置にWi-Fiを搭載することが必要です。したがって在宅勤務でのテレワークに適しており、外出先で使用することはできません。

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、小型の端末でネットに接続します。持ち運びが簡単なので、外に持っていって作業を行える点が魅力的です。端末の設定も簡単にできるので、接続に苦労することもありません。また、モバイルWi-Fiは特別な工事や準備が不要で、端末が届いたらすぐに利用できます。

ただし、大人数での利用には適しておらず、場所によっては通信速度が不安定になる点に注意が必要です。

ホームルーター

ホームルーターは、電源に挿すだけでWi-Fiが使えるようになるデバイスです。モバイルWi-Fiと同じように、工事をすることなく、届いたその日にうちに使えます。また、ホームルーターはモバイルWi-Fiに比べると電波出力が強いため、広い室内や上の階など離れた場所でも安定した通信が可能です。

すぐに使えるという手軽さはありますが、通信品質に関しては光回線に劣ることが多く、つながりにくいと感じることがあるかもしれません。

テレワークに使うWi-Fiの選び方

テレワークでは、使用するWi-Fiによって作業効率が左右されます。そのため、使用するWi-Fiを決めるのは、非常に重要な選択です。テレワークに使うWi-Fiには、以下のような選び方があります。

・有線か無線かで選ぶ
・通信制限のないものを選ぶ
・通信速度が速いものを選ぶ
・セキュリティ対策の優れたものを選ぶ

有線か無線かで選ぶ

Wi-Fiを選ぶ際は、まずは無線か有線かの選択を行うことが大切です。Wi-Fi自体は「無線でネットワークに接続する技術」ですが、電波を受信する方法が異なります。光回線を自宅内まで有線で引き込んだ上でWi-Fiルーターを設置すれば、無線での通信が可能です。モバイルWi-Fiを契約すれば、そのまま無線での通信が利用できます。

基本的には有線接続の回線のほうが通信速度や安定性が高い傾向にあるので、自宅で長く利用するのであれば有線+Wi-Fiルーターを推奨します。サテライトオフィスやモバイルワークが主体であれば、どこでもインターネットに接続できる無線のモバイルWi-Fiが適しています

通信制限のないものを選ぶ

Wi-Fiは通信制限のないものを選びましょう。通信制限があると、テレワーク中に速度制限がかかる可能性があります。テレワークでは大量の容量を使うWeb会議やデータの送受信が頻繁に行われるため、速度容量制限があるタイプだとあっという間に使い切ってしまうかもしれません。

速度制限がかかると通信速度が大幅に低下し、作業効率が悪くなります。速度制限がかからないよう、データ容量を節約しながら使うのも非効率です。通信制限のないものなら、データ容量を気にすることなく作業を行えます。

通信速度が速いものを選ぶ

通信速度が速いWi-Fiを選ぶことも大切です。通信速度の遅いWi-Fiだと、インターネットへのアクセスや、資料のダウンロードに時間がかかってしまいます。極端に遅くなければ問題ないように思えるかもしれませんが、少しの違いでも積み重なることで業務効率を大きく下げてしまう可能性もあるのです。

またWeb会議を行う場合、通信速度が遅いと遅延や映像の停止が生じてしまいます。このような状態では、思うように会議を行うことができません。

通信速度が遅いと不便なことが多いので、Wi-Fiはできる限り通信速度の速いものを選び、作業効率を高めることが大切です。

セキュリティ対策の優れたものを選ぶ

Wi-Fiは、セキュリティ対策の優れたものを選びましょう。テレワークでは、業務上重要な資料やデータのやりとりも行います。セキュリティが低いと、第三者からの不正アクセスを受けてしまい、ひいては情報漏洩やデータの盗聴などの被害につながり兼ねません。

テレワークでの通信は、高度な暗号化によって保護されたものを選びましょう。カフェやレストランで導入されているフリーWi-Fiは、セキュリティの低い通信であることが多く、利用はおすすめできません。

テレワークのWi-Fi環境は光回線がおすすめ

テレワーク環境を整えるには、オフィス側のインターネット環境を整備する必要があります。オフィス側は多くのテレワーク社員との通信を行うため、速度や通信品質が安定している回線を選ぶことが求められるからです。

多くの人数が接続でき、さらに通信速度が速い回線を選ぶなら、光回線がうってつけだといえます。光回線のメリットとデメリットをしっかりと理解し、テレワーク環境を構築しましょう。

光回線のメリット

光回線のメリットは、通信速度が速く安定していることです。画像や動画などの大容量ファイルであっても、スムーズに送受信を行えます。そのため、テレワークの環境下でも円滑に業務を進めることが可能です。

モバイルWi-Fiやホームルーターの場合は、通信を行う場所や距離によってエラーや遅延が発生する場合があります。それに比べて光回線は速度が安定して速いため、エラーや遅延が少ないことが特徴です。また、通信制限がないものがほとんどなので、容量を気にせずに使えます。

光回線のデメリット

光回線を使うには工事が必要なため、契約してすぐにインターネットに接続できないという点がデメリットです。光回線のケーブルを利用場所へと引き込み、そこからWi-Fiルーターを取り付けて通信環境を整えます。光回線を乗り換える際に工事を行う必要があることも難点の一つです。

テレワークのWi-Fi環境はイッツコムのサービスがおすすめ

テレワークにおいては、Wi-Fi環境の構築が非常に重要となります。テレワークを行う社員とのやりとりをスムーズに行うためには、自社のWi-Fi環境を整備することが必要不可欠です。仕事のためのベストな環境を整えていきましょう。

テレワークに向けてWi-Fiを整備するのであれば、イッツコムのサービスが最適です。イッツコムには以下のように、テレワークに適したサービスが揃っています。

・イッツコム光接続サービス
・モバイル閉域接続
・box

イッツコム光接続サービス

イッツコム光接続サービスは、世界標準の通信規格で設計されたイッツコムのFTTHサービスをベースにしている光回線です。安定した速度で通信できるため、データの送受信やWeb会議もスムーズに実施できます。

社内に光回線を導入しておくことで通信速度が安定し、オフィス外で働いている社員ともスムーズなやりとりができるようになるでしょう。

また、イッツコムでは回線網とプロバイダサービスを一括で契約できるため、相談窓口を一本化できます。そのため、困ったことがあった際も解決が容易です。

モバイル閉域接続

モバイル閉域接続は、インターネットを活用しないイッツコム独自の通信網を意味します。NTTドコモとイッツコム独自の閉域網を活用し、安全に社内データにアクセス可能です。第三者には存在自体を知られないネットワークなので、ハッキングなどのリスクを大幅に減らすことができます。

また登録されていないデバイスからの通信を遮断できるため、端末の紛失時にも即座に対応可能です。テレワークでは社員がネットワークを利用して社内データにアクセスすることが多くなるため、セキュリティを高めることは優先度の高い課題だと認識すべきでしょう。

box

「box」は安全かつ気軽にファイルを共有できる、クラウドストレージサービスです。クラウドストレージはデータを確保するためのインターネット上のスペースのことで、写真や映像などの大容量データを手軽に送受信できます。

boxのデータストレージは無制限なので、容量を気にすることなく利用できるのがポイントです。国司法省をはじめ40以上の政府機関でも利用されているほど、安全面の信頼性が高いという特徴もあります。

まとめ

テレワークを行う上では、Wi-Fi環境を整備することが重要です。Wi-Fi環境が不十分だと通信がうまくいかず、生産性が落ちてしまう可能性が考えられます。テレワーク社員とスムーズにやりとりができるように、オフィス側のWi-Fi環境にも気を使うようにすることが重要だといえるでしょう。

イッツコムのサービスなら、テレワークにも対応できるWi-Fi環境を導入することが可能です。安全性を高めつつ、スムーズな業務を期待できます。ぜひイッツコムのご利用をご検討ください。