1. コラム
  2. コラム
  3. VPN接続の仕組み|フリーWi-Fiは危険だった?!VPN接続のメリットを解説

VPN接続の仕組み|フリーWi-Fiは危険だった?!VPN接続のメリットを解説

インターネットの接続にはさまざまな危険が潜んでおり、通信の傍受やデータが改ざんされるリスクに常にさらされています。そのような、悪意ある攻撃から大事なデータを守るための通信システムが「VPN」です。セキュリティ強化に導入を検討しつつも、普通のインターネット接続との違いを理解していない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、VPN接続の仕組みを具体的に解説します。仕組みが理解できれば、インターネット接続の脅威に対する対策もできるでしょう。VPNの種類やメリットも紹介しますので、自社に適したVPNがどれなのか判断材料にご活用ください。

VPNとは?接続の仕組みにも種類がある

VPNとは?接続の仕組みにも種類がある
インターネット接続にも種類があり、なかでもVPNは安全性がとても高い接続方式です。企業や個人にかかわらず、セキュリティ対策にVPNは効果的な方法として普及しています。しかし、具体的にどのような仕組みでセキュリティに強いのか理解している方は多くありません。ここでは、VPNの基本の接続方法について解説します。

VPNの基本

VPNとは「Virtual Private Network」の略称です。セキュリティを保つために、擬似的な回線で複数の拠点を接続して通信を可能にする技術を指していて、「バーチャルな専用線」という意味があります。

複数の拠点間での通信安全策はSSLなどの暗号化技術が一般的ですが、不特定多数の人がアクセスするインターネット回線は脅威と隣り合わせです。しかし、VPNは回線に入れるユーザーを限定するトンネルを構築することでセキュリティを強化しました。専用回線に加え、認証システムや暗号化機能もあるため安全に通信できます。

仕組みが違う2つの回線接続方法

VPNは「インターネットVPN」と「IP-VPN」が代表的です。それぞれ特徴が異なっており、共用回線を使用するのがインターネットVPNで、事業者が独自に保有している一般回線とは隔離されたネットワークを使用するのがIP-VPNです。

2つの接続方式には、セキュリティの強度や通信速度、コスト面で違いがあります。企業間や個人間など、用途に合わせてどちらを使うべきか判断するのがおすすめです。

インターネットVPNの仕組みと特徴

インターネットVPNの仕組みと特徴
私たちが一般的に使用している回線が「インターネットVPN」です。一般回線を使用するため特別に準備する機器も少なくて済み、何よりコストを安く抑えられる点が魅力でしょう。費用を抑えたいという場合におすすめです。それでは、インターネットVPN接続の仕組みや特徴を詳しくご紹介します。

インターネットを使ったVPN接続の仕組み

遠隔地にある事業所同士を接続するには、VPN専用ルーターを通信したい事業所の双方に設置して端末とルーターをLANでつなぎます。

実際に線を繋ぐわけではありませんが、インターネットを通じて仮想的に線を結ぶことで、距離が離れていても双方からデータにアクセスできます。同じVPNに接続されている端末であれば情報共有ができ、VPNというひとつの「網」の中にお互いの端末が含まれているようなイメージです。

インターネットを使ったVPN接続の特徴

インターネットVPNは、準備が簡単で安価に導入できる点がメリットです。ただし、「ベストエフォート」といって「通信業者がその時点で最善の通信環境の提供に努力をする」という方式をとっているため、通信の安定性が低いというデメリットもあります。

また、一般回線を使っているため、悪意を持った者が侵入できる経路が残されています。改ざんや成りすまし、盗聴などのセキュリティリスクを完全には排除しきることは難しいと言えるでしょう。

IP-VPNの仕組みと特徴とは?

IP-VPNの仕組みと特徴とは?
IP-VPNは高品質な回線を提供するため、インターネットVPNと比べて価格が多少高額になる傾向です。しかし、あらゆる面で性能に優位性があります。機密性の高い情報を扱う企業などの通信には、こちらの接続方式がおすすめです。ここでは、IP-VPN接続の仕組みや特徴を詳しくご紹介します。

IP-VPNを使ったVPN接続の仕組み

通信事業者が、自社で所有している閉じた帯域を通じて接続するのがIP-VPNの特徴です。インターネット回線は誰でも使用する可能性がありますが、IP-VPNの場合は許可されたユーザーのみが閉域網を利用できます。

契約するサービスにもよりますが、通信事業者が一定の水準で通信速度を保証しており、安定性の高い速度を実現できる仕組みです。ベストエフォートに対して、このような仕組みを「ギャランティー型」と呼びます。

IP-VPNを使ったVPN接続の特徴

通信事業者が所有する回線を使用するため、セキュリティの高い環境が保たれるという特徴があります。盗聴や改ざん、成りすましなどのリスクを大きく下げられるでしょう。他者が侵入する危険性が低いので、暗号化を行わないデータの送受信が可能になり、通信速度の向上が期待できます。

また、回線の品質も全体的に安定しているのが特徴です。インターネットVPNに比べるとコストは上がる傾向にありますが、信頼性の確保を優先する方に向いています。

VPN接続を行う4つのメリット

VPN接続を行う4つのメリット
企業が扱う機密情報の含まれたデータは、漏洩や改ざんが行われないようにセキュリティの高い環境で送受信を行う必要があります。また海外に拠点があり、国内の事業所と接続を行うケースもあるでしょう。近年ではリモートワークの需要も増えており、そんな時にもVPNが活躍します。ここでは、VPN接続の4つのメリットについてご紹介します。

安全な環境でインターネット通信ができる

誰でもアクセスできるインターネット上にそのままのデータを流すと、悪意を持った侵入者に簡単に内容を把握されてしまうでしょう。そのため、VPNは独自の暗号技術によって内容を解明されないようにしています。また、トンネリング機能によってアクセス経路が保護されるので、データの安全性が高まります。

遠隔利用が可能

仮想的な専用線を利用するため、拠点間が離れていても利用できるというメリットがあります。例えば、国内と海外の拠点をVPNで結べば、出張先の海外拠点から国内拠点のサーバーにアクセスすることも可能です。どんなに物理的な距離があっても、安全性の高いネットワーク環境を構築できる魅力がVPNにはあります。

在宅勤務、テレワークに効果的

VPN接続は、在宅勤務やテレワークなどのリモート勤務において高い効果を発揮します。会社のサーバーには外部に流出させてはならないデータが大量にあるため、信頼性の高いネットワークを利用しなければなりません。会社とリモート用のパソコンをVPNで結べば、第三者が入ることができないためデータの安全性を確保できます。

専用線よりも安価

拠点同士を物理的な線で直接結ぶ必要がある専用線は、工事のために高額な費用がかかります。一方VPNは仮想的に拠点間を結ぶだけなので、構築費用を格段に安く抑えることができ、維持費も専用線に比べると安価です。

また、専用線は2つの拠点同士でしか接続できないというデメリットがありました。VPNはこの点を解消し、同じネットワークの中なら複数ある拠点同士で接続できるので、運用が容易になるというメリットもあります。

VPN以外の接続は危険なのか?

VPN以外の接続は危険なのか?
VPN接続以外にも、インターネットに接続する方法はいくつかあります。最近では、公共の場でフリーWi-Fiが提供されていることも少なくありません。誰でも自由に使えるフリーWi-Fiや自宅のWi-Fiは便利ですが、セキュリティ上のリスクも抱えています。次に、Wi-Fi接続の危険性についてご紹介します。

フリーWi-Fiの危険性

暗号化が行われていないフリーWi-Fiへの接続は、周囲に悪意を持った利用者がいると情報を抜き取られる危険性があります。

また、偽のアクセスポイントを用意し、気が付かずに接続してきた利用者の情報を盗み取るという悪質性の高い手法に巻き込まれる可能性も否定できません。例えば、カフェなどのフリーWi-Fiとまったく同じアクセスポイント名を付けて、誰かが誤って接続するのを待っているということも考えられます。

自宅Wi-Fiの危険性

自宅のインターネットにWi-Fiを利用している世帯は少なくありませんが、気が付かないうちに第三者が自宅のWi-Fiに接続し、データを盗み出されたりデジタル犯罪の踏み台にされたりする危険性もあります。

無線は有線よりもセキュリティが甘いため、通常のインターネットよりも他者からの攻撃に弱いのが特徴です。しかし、VPNを使えば暗号化や閉域網によって外部からの接触に強い環境を構築できるので、データを守ることができます。

VPN接続を行うなら「モバイル閉域接続」がおすすめ

働き方改革などで会社のオフィスだけではなく様々な場所での働き方が広がってきている中、どこに居てもセキュリティの保たれた接続を実現する必要性が高まっています。

イッツコムの「モバイル閉域接続」は、高いセキュリティと低価格な導入コストが特徴です。VPNハッキングや社内LANへの攻撃、IDやパスワードの盗み取りなどのリスクから大切なデータを守ります。インターネットを経由しない通信回線接続の為、通信情報が外部に公開される危険がありません。

まとめ

まとめ

VPNは、ネットワーク上に専用経路を構築することで、第三者の侵入を防ぐ通信システムです。自宅やカフェ、シェアオフィスなど働く場所が多様化する中で、VPNを活用して自社のデータを第三者の悪意から守るための対策は重要な課題になってきています。

VPNを導入するのであれば、一般回線を使うよりも事業者が用意する独自の回線を使ったほうがより速度が速く安全性が高いでしょう。イッツコムのモバイル閉域接続は、専用のアプリや暗号化の必要がない為、直感的に利用できるのが特徴です。社内ネットワークのセキュリティが気になる方は、是非イッツコムにご相談ください。