1. コラム
  2. コラム
  3. ファイルサーバーとNASの違いとは?クラウド化でスマートに課題解決

ファイルサーバーとNASの違いとは?クラウド化でスマートに課題解決

ビジネスのデジタルシフトが進展する中、多くの企業で社内データの肥大化への対策や、ファイル共有システムによる業務効率化などが課題となっています。ファイルの保存や共有に課題を抱えており、ファイルサーバーやNASの導入効果が知りたい企業担当の方もいるのではないでしょうか。

ファイルサーバーやNASを比較し、ファイルサーバーのクラウド化という選択肢も知ることで、これからのビジネスに対応するファイル共有システムを具体的に検討できます。クラウドストレージのさまざまな魅力を知り、データ活用の基盤を整備しましょう。

そこでこの記事では、ファイルサーバーとNASの違いや、ファイルサーバーのクラウド化についてご紹介します。

ファイルサーバーとNASの違いとは?

ファイルサーバーの仕組みと使い方
社内LAN内でよく利用されるファイル共有システムはファイルサーバーやNASです。ファイルサーバーはサーバー用のコンピュータを「ファイルサーバー化」することで実現し、NASはNASとして製品化された機種を購入します。まずはファイルサーバーとNASの違いを見ていきましょう。

【関連記事】ファイルサーバーをクラウド化する!メリット・デメリットやサーバー選びのコツをチェック

ファイルサーバーとは?

ファイルサーバーはOSのファイル共有機能を利用した、ファイル共有機能に特化したサーバー(特定機能を提供するコンピュータ)です。LINUXを搭載したファイルサーバーも構築できますが、Windows PCと互換性の高いWindows Serverを搭載したファイルサーバーを運用するケースが多く、これをWindowsファイルサーバーと呼びます。

主な使用目的は大量の社内データの保存・共有・バックアップです。WindowsファイルサーバーはActive Directoryと連携することでネットワーク上のデータを一元管理でき、ユーザー認証やアクセス制御をコントロールできます。

ファイルサーバーの使い方

ファイルサーバーにファイルを保存すると、ネットワークでつながっている複数のユーザーがパソコンやスマートフォンなどのモバイル端末からアクセスできます。

Windowsファイルサーバーなら使い慣れたWindows PCと変わらないインターフェースです。サーバー管理者がユーザーごとやグループごとにアクセス権限を設定し、ファイルやフォルダの追加・編集・削除などのルールを設けることで、部署ごとやプロジェクトごとに社内データを整理・共有できます。

今まで個人がUSBメモリなどに保存したものを受け渡していた会社は、ファイルサーバーを使うことで業務効率化が目指せます。ファイルサーバーの使い道で最も多いのは、このようなファイルの共有とバックアップです。

個人のデバイスにファイルを保存しているだけでは、なにかトラブルによってファイルを損失してしまうリスクもあります。リスクを避けるためにもファイルサーバーを活用し、バックアップをしておけば、万が一の際にも安心です。

NASとは?

NASは「Network-Attached Storage」の略で、デバイスではなくネットワークに接続するタイプのファイルサーバー専用機です。LANケーブルでルーターやハブに接続し、ネットワーク内のデバイスからストレージ内のファイルにアクセスできます。

ネットワークインターフェースやOSなどを備えた小型のコンピュータで、主な機能はHDDやSSDなどのストレージをネットワークに提供することです。USBケーブルで接続する外付けHDDと機能は似ていますが、外付けHDDはパソコンに対して1対1で接続されるためデータ共有には不向きです。NASはNAS専用のOSやソフトウェアを搭載し、機種によっては単純なファイル保存以上の機能を提供するものもあります。

NASの使い方

NASは複数のHDDやSSDをひとつの筐体に収めた機種が多く、バックアップ機能に優れており、外部ネットワークからでもアクセスしやすい仕様です。スマホからでも簡単に操作できる家庭向けNASや、Windows Server IoTを搭載した高機能NASなど、さまざまな機種があります。

ファイルのバックアップ用としての使用が基本です。パソコンやスマートフォンなどのデバイスにたまったデータをバックアップできます。複数のデバイスのデータを管理できるため便利です。

NAS上にバックアップをしておき、パソコンやスマートフォンの容量が限界に近づいたら、削除して容量をあけるという用途もあります。このようにデータの保存先として、NASを利用するなら、ビジネスの利用に限らず、個人の利用にも適しているでしょう。

また、ファイルの共有もできます。さまざまなデバイスからアクセスが可能なため、複数のユーザーがファイルを共有することが手軽にできます。

【こちらの記事もおすすめ】
ファイルサーバーのセキュリティ対策の方法!実施しないと起きるリスク
ファイルサーバーを使用するメリット

ファイルサーバーを使用するメリット・デメリット

ファイルサーバーを使用するメリット
ファイルサーバーは自由度の高い設計ができ、アクセス制御のしやすさや拡張性の高さがメリットです。一方で、初期費用・ランニングコストが高いことやクイックスタートの難しさ、管理面の手間などはデメリットと言えます。ここでは、ファイルサーバーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】共有ファイルへのアクセスをコントロールできる

ユーザーの権限やグループ設定など、柔軟で細かいユーザー管理ができます。ファイルを社内で共有するときには、アクセスの権限やグループ設定ができると管理が容易です。

閲覧のみできる人、編集もできる人など、権限は細かく設定できます。個別に権限を設定することで、ファイルを安全に管理することが可能です。Active Directoryと連携し、大規模なファイルサーバーシステムの一元管理もできます。

【メリット】容量・機能拡張に柔軟に対応できる

ファイルサーバーは自社構築するので、使用するコンピュータやネットワーク構成などに制限がありません。容量が足りなくなればサーバーを増設、セキュリティ機能を強化したければファイアウォールを増設など、柔軟な容量・機能拡張に対応できます。

【デメリット】初期費用・ランニングコストが高額

ファイルサーバーの使用にかかる費用は、安いとは言えません。機器調達費やライセンス費用、電気代などさまざまな費用がかかります。ユーザーの管理やストレージの増量により、スタッフを増やさなければならない状況になることもあるため、人件費も増えるでしょう。

会社の規模が大きくなるほど、費用も増えます。複数のサーバーが必要になれば、管理者も複数人必要になるため、人件費の負担は大きくなるでしょう。

【デメリット】稼働開始までに時間がかかる

ファイルサーバーを導入するには、余裕のあるストレージ容量やネットワーク構成を検討した上で、機器の選定・調達・設置・設定や稼働テストが必要です。ファイルサーバーの規模が大きくなるほど導入までに時間がかかり、企画から稼働開始まで1か月以上かかるケースも少なくありません。

【デメリット】管理の複雑化

ファイルサーバーは会社の規模に合わせて、費用や人手、さらにサーバースペースも拡大します。複数台を使用する場合には、管理の複雑化がデメリットでしょう。複数のユーザーが共同で利用するため、しっかり管理しないとセキュリティ低下のリスクが心配です。

このようなセキュリティのリスクを避けるためにも、複数台使用する場合は、管理者を置く必要があります。しかし、管理者を置くことで、費用や人手などのデメリットが発生するため、注意が必要です。

NASを使用するメリット・デメリット

NASを使用するメリット
NASはファイルサーバーとは異なり、機種を購入・設置するだけでファイルサーバーとしての機能を提供できます。クイックスタートのしやすさやコスト面でファイルサーバーより有利です。一方で、拡張性の低さや共同編集のしにくさはデメリットと言えます。

【メリット】システム導入が比較的容易

システム導入が簡単にできる点は、NASを選択した場合の大きなメリットでしょう。アプリのインストールや複雑な設定が不要なため、ファイルを手軽に共有できます。特殊な設定の必要がなく、簡単にストレージを確保できるため便利です。

【メリット】ファイルサーバーより低コスト

ファイルサーバーと比べるとランニングコストが安く抑えられ、製品価格も安価です。必要なOSやアプリケーションは購入時点で全て組み込まれており、機器購入費以外の追加費用をかけずに済みます。ただし、ストレージ容量の多い高級機だと1台当たり数十万円かかることは注意点です。

【メリット】サーバー本体がコンパクト

NASはサーバー本体がコンパクトで、小規模の会社や個人での利用にも向いています。置き場所に困ることもないでしょう。消費電力が低く、静音性に優れた製品が多数販売されています。

コンパクトなサイズも魅力ですが、シンプルでどこに置いてもなじみやすいデザインも魅力です。サイズはメーカーにより差があるため、購入前にホームページなどで確認することをおすすめします。

【デメリット】拡張性が低い

NASはPCのような汎用コンピュータではなく、自由にシステム設計できるサーバーでもありません。購入時点でシステム構成は決定されており、基本的にアプリの追加やハードウェアの拡張などに対応できないのはネックです。内蔵HDDの交換は自由度が高く、ストレージのメンテナンス性が高いことは利点ですが、その他の拡張はかなり限定されます。

【デメリット】共同編集ができない

NASはファイルの保存・共有やバックアップに特化したシステムなので、ファイルの共同編集に対応するものは少数です。Officeファイルであれば共同編集ができる機種もありますが、基本的には同時編集に対応しません。ファイル形式によってはダウンロード・アップロードを繰り返す必要があり、機種選びに注意する必要があるのはネックです。

ファイルサーバーをクラウド化するという選択肢も


ファイルサーバーやNASのように、情報サービスを自社で構築・運営する形態を「オンプレミス」と呼びます。これに対して情報サービスをインターネット経由で利用する形態が「クラウド」です。

ファイルサーバーをクラウド化する代表的な方法に、「クラウドサーバー」や「クラウドストレージ」の利用を挙げられます。ここでは、それぞれのサービスの特徴を見ていきましょう。

システム設計を要する「クラウドサーバー」

AWSやAzureなどのクラウドサービスにおいて、ファイルサーバーとして利用できるクラウドサーバーが提供されています。これはIaaS型のサービス、つまりネットワークやサーバーなどのITインフラを提供するサービスです。

自社構築のファイルサーバーより拡張性は劣りますが、かなり自由なシステム設計ができ、設定次第ではファイル共有専用のサーバーとして利用できます。つまりユーザーがサービスプランの範囲内で構築したサーバー環境を、インターネット経由で利用できるサービスがクラウドサーバーです。

システム設計不要の「クラウドストレージ」

クラウドストレージはファイルの保存・共有・バックアップに特化したストレージサービスを、インターネット経由で利用できるサービスです。有名なクラウドストレージには、iPhoneなどのApple製品ユーザーなら誰でも利用するiCloudや、世界最高峰のセキュリティレベルを誇るBoxを挙げられます。

こちらはSaaS型のサービス、つまりパッケージ化されたソフトウェアを提供するサービスです。サーバーの構築や運用管理は必要なく、契約したその日からアプリ経由でストレージサービスを利用できます。

ファイルサーバーをクラウドストレージに置き換えるメリット


ファイルサーバーやNASは主にLAN内のファイル共有システムとして有用ですが、クラウドストレージと比較するといくつかの課題が明らかになります。またクラウドサーバーもコスト面などに課題があり、総合的にクラウドストレージが最も優れたファイル共有システムといえます。

ここでは、ファイルサーバー・NASやクラウドサーバーと比較し、クラウドストレージを利用する魅力を5つに分けて解説します。

初期費用・ランニングコストを抑えられる

ファイルサーバーやNASはストレージ容量が大きくなるほど機器調達にかかる費用も大きくなり、運用管理に必要な人件費や電気代、メンテナンス費や更新費も高額になります。クラウドサーバーはITインフラの管理費はかかりませんが、使用するリソース(CPUやHDD)によって費用が上下するので、ストレージの規模が大きくなるほど高額です。

その点クラウドストレージは無料プランから利用できるサービスが多い上、Boxであれば全ての有料プランで容量無制限となり、ストレージ容量に依存するコスト増加はありません。ユーザーは専用のアプリを利用するだけなので、運用管理にかかるコストを大幅削減できることも魅力です。

セキュリティ対策費を大幅に圧縮できる

ファイルサーバーやNASは自社構築するため、情報漏えいや不正アクセスを防ぐために高額なセキュリティ対策費を要します。クラウドサーバーもファイアウォールなどのセキュリティ関連のリソースを利用するなら、追加のコスト投下が必要です。

その点クラウドストレージであれば、セキュリティ関連の機能・仕組みは全てパッケージ化されています。サービス事業者にとってはサービスの信頼性が何より重要なので、サーバーの分散管理やデータの暗号化など、セキュリティ対策にかける投資を惜しみません。充実したセキュリティ基盤を固定的な月額料金のみで利用できるのも、クラウドストレージの魅力です。

簡単・スピーディーに導入できる

ファイルサーバーやNASはネットワーク構成から検討する必要があり、機器の調達・設置や稼働テストなど、稼働開始までに手間・時間がかかります。クラウドサーバーはサービスの組み合わせやシステム構成を検討する必要があり、オンプレミス環境とは異なる知識が必要とされることもネックです。

その点クラウドストレージは、サービスを契約してアプリをインストールするだけで使い始められます。サービス提供に必要な仕組みはすでに完成されているので、フォルダ構造の決定やアクセス権限の設定などをするだけで稼働開始できることもメリットです。

24時間365日どこからでもアクセスできる

ファイルサーバーやNASはサーバーが稼働していなければ中身のファイルにアクセスできません。稼働中は基本的に専任のエンジニアを常駐させる必要があり、機器の故障時やメンテナンス時などにアクセス不可になるケースもあります。またアカウント制御やセキュリティ対策の不備によって、外部ネットワークからのアクセスが遮断されるケースも珍しくありません。

クラウドサーバーは24時間365日アクセスできますが、データ通信の量や時間に依存する従量課金制であることが多く、大容量ファイルをやり取りするとコストが肥大化することはネックです。

その点クラウドストレージは、コストを気にすることなくいつでもどこからでもアクセスできます。稀にサービス障害による遅延が発生することを除いては、アクセスが非常に安定していることも魅力です。

利用するだけでBCP対策になる

ファイルサーバーやNASの弱点のひとつは、データを保存しているサーバーが自社内にあることです。オフィスが災害の被害に遭った場合、データが破損したり外部ネットワークからアクセスできなくなったりします。あるいは感染症やテロなどの影響で出社制限がかかると、運用管理も難しくなることがネックです。

その点クラウドストレージであれば、サーバーは遠隔地で運用管理され、サービスによっては地理的に離れた複数拠点で分散管理します。特にオプション購入などは必要なく、サービスを利用するだけでBCP(事業継続計画)対策になることも、クラウドストレージを利用するメリットです。

ファイルサーバーをクラウド化するならイッツコム!

ファイルサーバーとNASの比較
ファイル共有システムは複数の実現方法がありますが、最も簡便かつデジタルシフトしたビジネスにマッチするのはクラウドストレージです。イッツコムなら法人向けクラウドストレージの「Box」に加え、モバイルデータ通信サービスや光回線を提供しており、一括導入により相乗効果が得られます。

容量無制限かつ高セキュアなクラウドストレージ Box

ファイルサーバーのクラウド化にはクラウドサーバーの利用という方法もありますが、システム構築に特殊な知識を要します。さらに、ファイルをダウンロード・アップロードするほど利用料金は高くなり、ファイル共有システムとしての運用には向きません。

そこで導入したいのが法人向けに開発されたクラウドストレージサービス「Box」です。有料版Boxなら容量無制限で、ファイルだけでなくタスクやプロジェクトまで、あらゆるコンテンツを一元管理できます。

サーバーの分散管理やデータの自動バックアップと強力な暗号化、ファイルサーバー以上に詳細なアクセス権限設定や50種類以上のログ取得機能など、米国政府が採用するほどのセキュリティ基盤を備えることも大きな魅力です。非常に多機能・高性能ですがインターフェースはシンプルで、専用アプリを通じてスマホやタブレットからでも簡単に利用できます。

テレワークに対応するなら Box × モバイル閉域接続

Boxはいつでもどこからでもアクセスできることが魅力のひとつです。Box自体のセキュリティレベルは非常に高度ですが、公衆無線LANなどを利用した場合にはセキュリティに不安が残ります。

そこでBoxと組み合わせたいのが、安全なモバイルデータ通信サービス「モバイル閉域接続」です。モバイル閉域接続はスマホやタブレットに専用SIMを挿入するだけで経路判別し、自動的に閉域網を経由して社内LANへアクセスできる上、インターネットアクセスの際は社内LANを経由します。

在宅勤務者やモバイルワーカーは通信設定を意識することなく安全にBoxを利用できるので、テレワーク環境との相性は抜群です。データ通信量を複数アカウントでシェアするシェアプランも利用でき、モバイルWi-Fiルーターのようなコストの無駄は生じません。

オフィスから快適にアクセスするなら Box × イッツコム光接続サービス

Boxはあらゆるコンテンツをクラウド上で管理できるので、ファイルサーバーを完全にクラウド化する目的にも利用できます。ファイルの機密性などによってファイルサーバーと住み分けることも考えられますが、いずれにせよ社内からも頻繁にアクセスするでしょう。

そこで導入したいのが、イッツコムの法人向け光回線「イッツコム光接続サービス」です。イッツコム独自の光回線網を通じて、下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsの高速かつ安定した光回線を利用できます。

Boxとイッツコム光接続サービスと組み合わせれば、「ファイルのダウンロード・アップロードが遅い」「通信速度のせいで業務に支障が生じる」といった悩みとは無縁です。光回線・プロバイダ一体型のサービスなので、他社サービスよりもランニングコストを抑えられ、トラブルシューティングもスピーディーに完結できます。

まとめ

まとめ
ファイルサーバーやNASは社内LAN内におけるファイル共有システムとして有用ですが、機器調達費やセキュリティ対策費といったコストがネックです。Boxならわずかな月額料金で世界最高峰のセキュリティ基盤を利用できる上、あらゆるコンテンツを容量無制限でクラウド管理できます。

さらにモバイル閉域接続やイッツコム光接続サービスを組み合わせることで、通信環境のトータルアップグレードもでき、データ活用の基盤は万全です。ファイルサーバーのクラウド化をお求めなら、複数サービスの一括導入でビジネススタイルを変革できるイッツコムにご相談ください。

(参考:『イッツコムの法人向けサービス』)