1. コラム
  2. コラム
  3. 社内ネットワーク構築に必要な機器や手順とは?LANとWANの違いも解説

社内ネットワーク構築に必要な機器や手順とは?LANとWANの違いも解説

業務の効率化や生産性の向上につながる社内ネットワークは、多くの企業にとって欠かせないものとなりつつあります。しかし、社内ネットワークは会社の規模によって種類が異なり、接続するための機器も必要です。自社に合った社内ネットワーク構築について知りたいという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、社内ネットワークの種類や構築の手順を紹介します。必要な機器や種類ごとの特徴が分かれば、自社にどのようなネットワークを導入すればよいか判断できるでしょう。

【基礎知識】社内ネットワークとは?

社内ネットワークとは社内のパソコンやプリンタをつなぐネットワークのことで、多くの場合、インターネットともつながっています。社内ネットワークがあれば、社内のほとんどの場所で保存したデータやプリンタに接続が可能です。社内ネットワークは、大きく次の2種類があります。

・LAN
「Local Area Network」の略で、限られた範囲で構築するネットワークのことです。多くの会社や病院、官公庁などで使われています。

・WAN
「Wide Area Network」の略で、LANよりも広いエリアとつながるネットワークのことです。広いといってもLANのエリアが広がるのではなく、本社と全国の支社のような離れた点と点を結ぶネットワークを指します。

また、LANの接続方法は以下の2種類です。

・有線LAN:LANケーブルをパソコンにつないで接続する
・無線LAN:Wi-Fiを使用して接続する

【押さえておきたい】社内ネットワークの種類と特徴


社内ネットワークにはいくつかの種類があり、接続する範囲によってLANとWAN、接続方法で有線LANと無線LANに分かれます。いずれもメリットとデメリットがあるため、自社の業務フローに応じて選択するとよいでしょう。ここでは、それぞれの特徴やメリットとデメリットを紹介します。

有線LAN:メリットとデメリット

有線LANとは、パソコンをLANケーブルにてルーターやハブに接続する方法です。有線LANのメリットとデメリットをまとめました。

メリットデメリット
・回線が安定している
・大容量のデータも扱える
・セキュリティ面の不安が少ない
・LANケーブルの工事が必要
・使う場所が制限される
・スマートフォンが接続できない

有線LANは無線LANに比べて回線が安定しており、大容量のデータも問題なく扱えます。ネットワークにアクセスするにはLANケーブルを差し込む必要があるため、セキュリティ面の不安が少ないのもメリットといえるでしょう。

一方、LANケーブルの工事が必要で、コストがかかるのがデメリットです。また、ケーブルを設置した場所でしか作業できず、使える範囲が限定されます。スマートフォンは接続できないのも不便な点です。

無線LAN:メリットとデメリット

無線LANは、社内に設置したWi-Fiを利用して接続する方法です。無線LANには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
・低コスト
・場所を選ばない
・スマートフォンが接続できる
・回線が不安定になることがある
・セキュリティ面が不安
・障害が起きたとき、原因の特定が難しい

無線LANは、Wi-Fiルーターの設置だけで済み低コストです。また、ケーブルの有無に縛られず作業する場所を問いません。スマートフォンやタブレットを接続できるのも大きなメリットでしょう。

一方、回線の不安定さがデメリットです。第三者が無線に接続し、データを抜き取る懸念も拭えません。

VPN(WAN):メリットとデメリット

WANは本社と地方の支社のような離れた点と点を結ぶネットワークです。距離があるため、LANでは対応できません。最も一般的な接続方法は「VPN」です。VPNとは「Virtual Private Network」の略で、仮想のプライベートネットワークを意味します。メリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・外部に情報が漏れにくい
・安全性が高い
・通信速度が遅くなることがある
・バッテリーの消費が激しい

インターネット上にある仮想のプライベートネットワークで、データを暗号化して情報のやりとりができます。外部に情報が漏れにくく、安全性が高いのがメリットです。

一方、外出先でフリーWi-Fiを使って接続する際に、通信速度が遅くなることがあります。複雑な暗号化によってサーバーに負担がかかるためです。バッテリーの消費が激しい傾向があるのもデメリットといえるでしょう。

社内ネットワーク構築の際にすべきこと

社内ネットワークの構築の際は、まずは規格を決める必要があります。規格に応じて必要な機器もそろえなければなりません。さらに、忘れてはならないのがセキュリティ対策です。ここでは、社内ネットワークを構築する際にすべきことを紹介します。

社内ネットワークの種類(規格)を決める

有線LANか無線LANかを選ぶ際には、会社の運営体制に合わせて決めましょう。多くの社員が決まった場所で仕事をする会社なら、有線LANが最適です。ケーブルにつなぐ必要はありますが、セキュリティや回線の安定性に優れています。

社員それぞれの席を設けずにフリースペースとしている会社や、オフィス内を動き回って打ち合わせしながら作業する機会が多い会社は、無線LANが便利です。また、初期コストを抑えることを重視するなら、無線LANを選ぶという考え方もあります。

社内ネットワークに必要な機器をそろえる

社内ネットワークの構築に必要な機器をそろえましょう。有線LANと無線LANでは使用する機器が異なります。具体的には、LANケーブル・ルーター・ハブ・プリンタといった機器が必要です。

いずれも社内で使用している機器に対応しているか調査をします。オフィスの広さやフロア数、パソコンの台数から必要な数を割り出して、足りないものは事前に購入しましょう。

社内ネットワークのセキュリティをチェックする

社内ネットワークのセキュリティ体制をチェックします。ネットワークの種類によっては安全性が不安なものもあるため、セキュリティを強化するソフトや機器を導入することも検討しましょう。

例えば、重要な情報が社外に漏れないよう、外部のファイル共有サイトにアクセスできなくする対策が必要かもしれません。メールの誤送信を防ぐため、メールの遅延送信システムを導入してもよいでしょう。どのようなリスクに対してどのような対策が必要なのか、ひとつひとつ吟味することが重要です。

社内ネットワークに必要な機器一覧


有線LANと無線LANのどちらを選択するかによって、社内ネットワークに必要な機器は異なります。機器それぞれの価格や性能もさまざまです。自社の規模や用途に合ったものを選びましょう。ここでは、社内ネットワークを構築する際に必要な機器を紹介します。

ルーター

ルーターとは、パソコンやスマートフォンといった複数のデバイスをインターネットやLANにつなげる機器です。「無線LANルーター」「Wi-Fiルーター」などがあります。

無線LANで社内ネットワークに接続する場合、無線LANに対応したルーターが必要です。無線LANルーターを使えば、LANケーブルをパソコンに差し込まなくても、社内ネットワークに接続できます。

LANケーブル

LANケーブルは、有線LANで社内ネットワークに接続する際に必要な機器です。ケーブルの一方をルーターやハブに、もう片方をパソコンにつなげば、インターネットや社内ネットワークにアクセスできます。また、ケーブルの種類によって通信速度が異なるので、必要に応じて選びましょう。簡単に取り外せるため、社員で共有して使うのが一般的です。

ハブ

ハブはルーターとパソコンを中継する機器です。必要なハブの数は、パソコンの数によって変わります。オフィスが複数のフロアに分かれている場合、ルーターを設置していないフロアには最低2つのハブが必要です。ひとつはルーターにつなぐスイッチングハブ、もうひとつのハブはパソコンに接続します。

サーバー

サーバーは、ファイルやメール、ホームページの情報を管理します。社内ネットワークを構築する上で心臓部といえるでしょう。容量や性能に応じてさまざまなグレードの製品があります。サーバーを設置するメリットは、セキュリティ対策です。サーバーには社内ネットワークからしかアクセスできないようにすることで、大切な情報を厳重に管理できます。

パソコンやプリンタなどの電子機器

パソコンは社員それぞれに1台ずつ貸与するのか、共有のパソコンを用意するのか、方針を検討しましょう。その結果によって必要な台数が変わります。

プリンタは社内ネットワークを利用して、どのパソコンからでも印刷できるようにしましょう。企業で使用するプリンタは、コピー機とセットになったものが一般的です。

【社内ネットワーク構築】手順のまとめ


まずはシステム設計が必要です。現状を調査した結果を基に、どのようなシステムを構築すればよいか考えます。ネットワークのセキュリティの確保も重要なポイントです。ここでは、社内ネットワークを構築する際の手順について解説します。

社内ネットワークの現状を調査し把握する

「自社にはどのようなネットワークが必要か」という視点で現状を調査します。確認するのは、以下の3つのポイントです。

・業務の中で必要なシステムは何か
日頃の業務フローを踏まえ、必要なシステムを検討します。営業マンが多い企業なら外出先からアクセスしやすいシステムを、膨大なデータを扱うなら大容量のデータ管理を前提としたシステムを構築する必要があるでしょう。

・将来にわたって必要なシステムは何か
会社の事業展開を踏まえ、ネットワークを利用する規模や頻度を調査します。

・セキュリティ対策の方針について
アクセス権限をどう付与するのかといったセキュリティ対策について考えます。

調査結果を基に使いやすいネットワークを設計する

調査結果を基にネットワークを設計します。システムの設計は使いやすくシンプルにすることをおすすめします。システムが複雑の場合、少し間違えただけで重大なシステムエラーにつながる恐れがあり、万が一不具合が起きたときには修復が難しくなるためです。多くの社員が利用する社内ネットワークは、シンプルなシステムがよいでしょう。

危機管理上、データのバックアップが取れる体制も必要です。ひとつの不具合が会社全体の不利益につながらないよう、バックアップシステムの構築も忘れずに行いましょう。

社内ネットワークの管理・運営をマニュアル化する

社内ネットワークの管理や運営方針をマニュアル化します。マニュアルがないと、システムトラブルや疑問点が出るたびに、担当者を探して確認しなくてはなりません。

システムごとに責任者や部署、トラブルシューティングの方法を記載することで、慌てずに対応できます。担当者が変わっても、マニュアルがあればスムーズに引き継げるでしょう。マニュアルは各部署に配置して周知する必要があります。

【快適なネットワーク構築のために】イッツコムの光接続サービスがおすすめ

社内ネットワークの構築は煩雑な部分が多いといえるでしょう。インターネット環境の選択次第で安全性や通信速度が変わるため、自社にふさわしいインターネット接続サービスについて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そのような方におすすめしたいのが、イッツコムの光接続サービスです。法人向けのインターネット接続サービスで、低コストかつ安定した高速通信を実現します。料金は通信速度に応じて3つのプランから選択が可能です。

イッツコムでは、企業の業務効率化や生産性向上に特化したサービスを展開しています。充実したサポート体制が整っており、運用開始後も安心です。

「box」の導入でさらに効率アップ


イッツコムのファイル共有サービス「box」を導入すれば、社内ネットワークをさらに効率的に利用できるでしょう。boxは容量無制限でセキュリティ対策が万全など、快適性と安全性を兼ね備えていることが特徴です。ここでは、boxを導入するメリットについて解説します。

使用時の容量無制限

boxは使用する容量に制限がなく、会社が保有する膨大なデータを全て管理できます。プロジェクトの写真や動画といった大容量ファイルでも問題ありません。

容量が大きすぎてひとつのファイルでは管理できないというストレスから解放され、ストレージの空き容量を気にする必要もないでしょう。作業中のファイルも気軽に保存でき、業務の効率化につながります。

ファイルの共有&共同編集が可能

boxは複数の社員がひとつのファイルを同時に編集できます。例えば、会議中にファイルを共有し複数の社員が書き込むことで、議事録をその場で完成させることが可能です。また、パートナー企業とファイルを共有すれば、効率的な話し合いができるでしょう。

編集時にはリアルタイム通知があり、誰がどこまで上書きしたか瞬時に分かります。最新情報を逃さないだけでなく、同じ内容を二度書き込むといったミスも防げるでしょう。

120種類以上のファイル形式に対応

boxは120種類以上のファイル形式に対応しており、ファイルをダウンロードしなくても、さまざまなファイル形式のドキュメントを表示することが可能です。

例えば、PowerPointで作成した資料を共有する際には、全てのデバイスにPowerPointをインストールする必要はありません。boxが対応しているファイル形式なら、クラウド上で閲覧できます。ソフトウエアのコスト削減につながるでしょう。

セキュリティ対策も万全

社内ネットワークでは、セキュリティ対策は無視できないポイントです。boxは最高水準のセキュリティ対策が講じられています。ファイルの重要度に応じて、フォルダや案件ごとにアクセス権限を細かく設定することが可能です。

boxは国際的なセキュリティ水準を満たしているだけでなく、アメリカ発のクラウドセキュリティ水準「FedRAMP」にも準拠しています。世界40以上の政府機関や8万社以上の企業が採用している信頼性の高いサービスです。

まとめ


社内ネットワークを構築する際には、自社の規模や状況に合った規格を決めて必要な機器をそろえなければなりません。下準備として、現状を把握してシステムを設計し、マニュアル化するといった作業も必要です。しかし、社内ネットワークの構築は難しく感じる部分も多く、足踏みしている企業もあるのではないでしょうか。

そのような企業におすすめしたいのが、イッツコムの光接続サービスです。社内ネットワークに必要な安全性と通信速度の速さを兼ね備えています。また、ファイル共有サービス「box」も導入すれば、より効率的な業務が実現できるでしょう。

イッツコムでは、さまざまな相談に対応するためにサポート体制を充実させています。インターネット環境の整備についてお悩みの方は、ぜひ一度イッツコムにご相談ください。