1. コラム
  2. コラム
  3. テレワークのメリットとデメリットは?メリットを最大限に活かすポイントも 解説!

テレワークのメリットとデメリットは?メリットを最大限に活かすポイントも 解説!

働き方改革やコロナ禍の影響でテレワーク導入が一般化しています。テレワークのメリットを享受した企業も多い反面、環境整備が不十分で導入効果を発揮できていない企業も多いでしょう。テレワークの導入を検討しており、リスクを想定して制度整備したい方もいるのではないでしょうか。

テレワークのメリットや想定されるリスクと対策を知ることで、適切な環境整備を具体的に検討できます。通信環境やICTツールを整備し、業務効率化や生産性向上につなげましょう。そこでこの記事では、テレワーク導入による企業側・社員側のメリットやデメリット、メリットを享受するためのポイントについてご紹介します。

テレワーク導入による企業側のメリット

コロナ禍で必要に迫られてテレワークを導入した企業もありますが、「導入してみたら想像以上の効果があった」と実感するケースは珍しくありません。例えば、人材不足の解消や離職率の低下、コスト削減やエンゲージメントの向上です。ここでは、テレワーク導入による企業側のメリットを6つに分けて解説します。

人材不足の解消

少子高齢化が深刻化する日本での人材不足解消は、多くの企業が抱える課題です。テレワーク制度を整備すると、それまでは働き手として考えにくかった人材を雇用しやすくなります。例えば、都心の企業が地方の人材を、地方の企業が都心の人材をといった具合です。

居住地とオフィスの距離に縛られず人材を雇用できるので、「自社に魅力を感じているが地理的な問題があった」という優秀な人材を確保しやすくなります。さらに、本社・支社間など拠点間の流動的な人材活用を考えやすいこともメリットです。

離職率の低下

テレワークを導入するということは、社員にとっては働き方の選択肢が増えるということです。働き方や職場環境が不満で離職を意識する社員や、出産や育児のタイミングでリタイアを検討する社員に対し、魅力的なオプションを提供できます。

また、「テレワークを導入している企業に就職・転職したい」と考える人材は増えている状況です。オフィスに縛られない柔軟な働き方を選択できることで、既存社員も新入社員も離職を抑えやすくなります。

さまざまなコストの削減

テレワークに移行することで、コアオフィスの依存率が低下したり、ICTベースの働き方にシフトしたりする変化が生まれます。この変化により、さまざまなコストの削減効果が生まれるのもメリットです。

・交通費:テレワーカーは出社不要
・出張宿泊費:Web会議をすれば支社からの人材招集が不要
・オフィスの賃料や光熱費:オフィスの縮小化で維持コストが減少
・ペーパーコスト:ペーパーレスの情報共有・承認プロセスでコスト削減

エンゲージメントや生産性の向上

社員にとって働きやすい制度を整備することで、社員に多くの波及効果が生まれ、企業の業績にもポジティブなフィードバックが生まれます。主な効果は以下の通りです。

・働き方の満足度向上
・企業に対する忠誠心向上
・仕事に対するモチベーション向上
・社員と企業のエンゲージメント向上
・社員の生産性向上と企業の業績向上

企業イメージの向上

働き方改革やコロナ禍の影響でテレワークを導入する企業が一般化する中、「テレワークに対応する企業」の世間に与える印象はアップしています。テレワークを採用することで「社員の働きやすさを大切にする企業」というブランディング効果が生まれ、企業イメージが向上することもメリットです。

BCP対策に有効

日本は災害大国で、台風・津波・地震などの影響で事業継続が困難になる企業も少なくありません。オフィスに事業機能を集約すると災害時に危機的状況に陥る懸念がありますが、テレワーク環境を整備するとオフィス機能を分散化できます。コロナ禍のように出社が制限される状況もあり得ますが、テレワークを導入することでBCP(事業継続計画)対策が可能です。

テレワーク導入による社員側のメリット

テレワークは企業にとって大きなメリットがあるだけでなく、社員にとってもうれしい働き方です。例えば、通勤時間やストレスの軽減や、ワークライフバランスの向上につながります。社員側のメリットを見ていきましょう。

通勤時間とストレスの削減

テレワーカーは通勤時間がゼロになる上、身支度をする時間もかかりません。移動だけで片道1時間以上のロスをなくせたり、通勤ラッシュのストレスから解放されたりします。

夏場は移動中の体力消耗や体調悪化を避けられるのもポイントです。冬場は路面凍結や積雪の影響を受けることなく仕事に集中できます。通勤不要になるだけで、社員が安定したパフォーマンスを発揮しやすくなるのは大きなメリットです。

ワークライフバランスの向上

ワークライフバランス、つまり仕事と生活の両立を重視する人材は増えています。テレワークに移行すると社員は通勤や身支度の時間がなくなり、余剰時間を趣味や友人との交流などに充てられるのもメリットです。

働き方の制度を変えるだけで自動的にワークライフバランスの向上効果が生まれるので、生活面の支援施策としても有効活用できます。

育児や介護と両立できる

コアオフィス勤務は育児や介護との両立が問題になるケースも珍しくありません。社員によっては育児や介護の負担で心身を病んだり、両立は困難だと考えて退職を選んだりします。テレワークに移行した社員は子どもや両親と近い距離で仕事ができる上、時間的にも余裕が生まれるため、育児・介護と両立しやすくなることもメリットです。

テレワーク導入によるデメリット

テレワーク導入は企業・社員双方にさまざまなメリットをもたらしますが、いくつかの懸念点もあります。例えば、セキュリティリスクが高まることやコミュニケーション不足になりやすいことです。ここからは、テレワーク導入で想定されるリスクを4つに分けて解説します。

セキュリティリスクが高まる

テレワークはICT環境を必須とする働き方です。社員が業務利用するデバイスには社内情報が保存され、インターネット経由で機密情報をやり取りするケースも増えます。必然的に社内LAN内で完結する業務スタイルよりも、情報漏えいのリスクが高まるのはデメリットです。

コミュニケーション不足になりやすい

テレワーカーは他の社員と地理的に離れて仕事をするため、社員間のコミュニケーション不足が問題になるケースもあるでしょう。対面で会話する機会が減る上、同僚や上司に気軽に質問できる雰囲気も生まれにくくなります。

これは社員が仕事のやりにくさを感じる原因になる他、「仕事が正当に評価されるか分からない」という状況を生みやすい意味でも懸念点です。

長時間労働になりやすい

テレワーカーはコアオフィス勤務者とは異なり、雑務を頼まれることなく本来の仕事に集中できます。これはメリットである反面、長時間労働になりやすいという意味ではデメリットです。

テレワーカーは個人的に仕事の時間配分を調整する必要がありますが、休憩時間や仕事の区切りが分かりにくい環境なので、「仕事をやり過ぎてしまう」ケースも珍しくありません。

運動不足になりやすい

テレワーカーは仕事も生活も自宅を中心とした狭い範囲で完結できます。これはメリットでもありますが、運動不足になりやすいことは懸念点です。コアオフィス勤務なら無意識にウォーキングや階段の登り下りなどで体を動かしていますが、運動の機会が減ることで体調不良や体重増加に悩みを抱えるテレワーカーも増えるでしょう。

テレワークのメリットを享受するポイントとは

テレワーク導入の懸念点にはセキュリティリスクやコミュニケーション不足、長時間労働や運動不足が挙げられます。これらの課題は通信環境・ICTツールの整備や、サポート制度の整備によって解決可能です。ここからは、テレワークのメリットを享受するポイントを4つに分けて解説します。

セキュリティ対策

テレワーク環境は社内情報が分散する上、インターネット経由の情報共有が増えるため、セキュリティ対策は必須です。テレワーク勤務にはコアオフィス勤務以上のセキュリティ対策が求められます。主な対策内容は以下の通りです。

・VPNによる社内LANへのアクセス
・セキュリティツールの導入
・セキュリティポリシーの策定
・テレワーカーのセキュリティ教育

コミュニケーションツールの導入

テレワーカーはコミュニケーション不足の問題を抱えやすく、仕事をするほど孤立感が募ったり、仕事のやりにくさにストレスを感じたりします。そこで重要なのは、テレワーク環境向きのコミュニケーションシステムの構築です。

チャットツールやWeb会議システムを導入することで、業務上のやり取りを円滑化したり遠隔会議を開催できたりします。Web会議システムは部下・上司の定期的な1 on 1ミーティングにも活用可能です。

業務フロー管理ツールや勤怠管理システムの導入

テレワーカーは仕事の区切りが判断しにくい上、他の社員の業務進捗が把握しにくく、「どこまで仕事をすればいいのか」が分かりにくいのは懸念点です。また、テレワーカーは働く場所がコアオフィスではないだけで、労働時間・休憩時間・休日などの管理義務はコアオフィス勤務者と変わりません。

そこで業務フロー管理ツールや勤怠管理システムの導入が求められます。高機能なクラウドストレージサービスなら、ファイル共有だけでなく業務フロー・勤怠についても一元管理が可能です。

健康面のサポート

テレワーカーはコミュニケーション不足や運動不足などによって心身共に問題を抱えやすく、企業側には適切なサポートが求められます。健康面のサポート施策の例は以下の通りです。

・産業医による健康診断
・オンライン相談窓口の運用
・運動不足解消のTIPの公開

テレワークのメリットを最大限享受するならイッツコム!

テレワーク導入に当たっては情報漏えいのセキュリティ対策が必須ですが、この課題はイッツコムのモバイル閉域接続と法人向け光回線を組み合わせればスマートに解決できます。コミュニケーションやコラボレーションの課題は、日本語サポート込みの有料版Zoomと有料版boxの組み合わせで解決可能です。

モバイル閉域接続 × イッツコム光接続サービス

「モバイル閉域接続」はVPNの仕組みを利用したセキュアな通信サービスです。テレワーカーのPCやスマホに専用SIMを挿入するだけで、インターネットを経由せずに社内LANへアクセスできます。インターネット接続の際も社内LANを経由するので、セキュリティポリシーの標準化に役立つのもメリットです。

ただし、社内LANにアクセスが集中するとコアオフィスのネットワークリソースが圧迫され、遅延の発生で業務効率が低下するケースも珍しくありません。イッツコムの法人向け光回線「イッツコム光接続サービス」を組み合わせれば、下り最大2Gbpsの安定した高速回線を利用でき、通信環境の改善と業務効率化が見込めます。

有料版Zoom × 有料版box

Zoomはいまや導入必須といえるほど利用率の高いWeb会議システムですが、無料版はミーティングの40分制限があるなど、ビジネスユースには向きません。有料版Zoomなら時間制限はなく、録画のクラウド保存など、ビジネスに役立つ豊富な機能を利用できます。

Zoomはチャットツールとしても活用でき、boxはクラウドストレージとしてだけでなく業務フロー管理ツールとしても活用可能です。有料版boxなら容量無制限である上、世界最高峰のセキュリティ基盤を活用でき、安全なファイル共有システムとしても大いに活躍します。

まとめ

テレワークの導入は企業・社員双方にとって大きなメリットがある一方、セキュリティリスクやコミュニケーション不足などの懸念点があり、メリットを享受するには適切な環境整備が求められます。

イッツコム光接続サービスやモバイル閉域接続、有料版Zoomや有料版boxを組み合わせて、テレワークのメリットを最大限に活かしましょう。テレワーク導入による業務効率化や生産性向上をお求めなら、複数サービスの組み合わせで相乗効果が得られるイッツコムにご相談ください。