1. コラム
  2. コラム
  3. プロバイダーの意味とは?仕組みや失敗しない選び方を解説!

プロバイダーの意味とは?仕組みや失敗しない選び方を解説!

プロバイダーといってもたくさんの事業者があり、どの事業者を選べばいいのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。失敗しない選び方がわかれば、安心して契約を交わすことができます。

そこでこの記事では、プロバイダーの仕組みや選び方をご紹介するとともに、そもそもプロバイダーとは何なのかについても解説します。

プロバイダーの意味とは?

プロバイダーの意味とは?

プロバイダーと回線業者が混合している人もいるのではないでしょうか。そもそもインターネットをするのに、なぜプロバイダーと契約が必要なのかと疑問に感じる方もいると思います。

個人向けと法人向けでは、プロバイダーのサービスに違いがあるのかなども気になる点です。プロバイダーの意味をしっかり理解することで、より納得して契約に進むことができるので見ていきましょう。

プロバイダーとは?

プロバイダーは、ひとことでいうとインターネットにつなげる接続業者です。私たちの身の周りにはいくつものインターネット回線があります。これらの回線を使う際に、プロバイダーとの契約が必要です。

回線業者がプロバイダーとしてサービスを提供していることもあります。回線業者とは別の事業者がプロバイダーとなっていることもよくあるケースです。

インターネットを法人が使う場合と個人が家庭などで使う場合とでは、サービスの内容が違うため、用途に合わせて選ぶといいでしょう。ひとつの回線につき複数のプロバイダーが選択できる場合は、事業者によって料金体系も変わるケースもあります。

個人向けと法人向けの違い

プロバイダーのサービスは個人向けと法人向けに分けられます。法人向けは通信量が膨大なため、使える通信容量の上限が大きい、もしくは無制限であったりするのが特徴です。

法人向けサービスは固定IPを取得できるケースが多く、固定IPを取得することで社外からのアクセスを遮断するなど、セキュリティ面の強化ができます。その分、料金も割高です。

個人向けのサービスはインターネットに接続するたびにIPアドレスが変わる特徴があります。プロバイダーを選ぶ際には、個人向けか法人向けかを確認して契約することが重要です。

プロバイダーの仕組みを解説!

プロバイダーの仕組みを解説!

プロバイダーの具体的な役割としては、IPアドレスやメールアドレスの発行などです。インターネットを利用するための基本的な枠組みを提供します。

事業者によっては、一つの回線につき一つのプロバイダーしかない場合もあれば、複数の業者がいる場合もあります。まずはプロバイダーの仕組みを見ていきましょう。

プロバイダーの仕組み

インターネット回線は、様々な業者がいくつもの回線を構築しています。回線業者と契約するだけでは、インターネットは使えません。パソコンとインターネットをつなぐ機器や、パソコンのIPアドレスがあって初めて接続できます。こうした機器やアドレスを発行するのがプロバイダーです。

釣りにたとえると、たくさんの魚がいる釣り堀があっても道具がなければ魚を捕れません。釣り竿やエサなどを提供してくれるのがプロバイダーのような存在です。どこのプロバイダーと契約するかによって、使える釣り竿の種類も変わるようなイメージです。

プロバイダーの役割

プロバイダーの重要な役割のひとつがIPアドレスの発行です。IPアドレスは、インターネット上でパソコンの住所のようなもので、これがなければ回線につなげることはできません。

もうひとつの役割はメールアドレスの発行です。アドレスの@(アットマーク)以降が、プロバイダー固有の配列になります。フリーアドレスにくらべて、プロバイダーと契約を交わしていることの証にもなるので、社会的な信用を得やすいでしょう。プロバイダーによっては、メールアドレスの発行がオプションとなっている場合もあります。

回線事業者とプロバイダー

インターネットを利用する場合には、回線事業者とプロバイダーと2つの契約が必要です。回線事業者は回線を敷いています。いわばハード面での整備です。国内ではNTTやKDDIなどが回線事業者にあたります。

プロバイダーはこれらの回線を使ってサービスを提供する事業者です。プロバイダーの数は回線事業者よりも多く存在しています。プロバイダーとして知名度が高いのはBIGLOBE、OCNなどです。

プロバイダー選択型と一体型

インターネットの契約には、「プロバイダー選択型」と「一体型」の2つがあります。「プロバイダー選択型」は、ひとつの回線につき複数のプロバイダーから選ぶことができるものです。

ただ、自由にプロバイダーを選べるわけではありません。その回線に対応したプロバイダーから選べます。プロバイダー間で競争原理が働くため、高サービスや低価格がメリットです。

「一体型」はひとつの回線につき特定のプロバイダーとしか契約ができません。CATVなどの回線は「一体型」です。自社回線を持っているプロバイダーは、「一体型」のサービスを提供しているケースが多いかもしれません。「一体型」はプロバイダーを選択できないものの、契約の事務手続きが1回で済むのがメリットです。

プロバイダーのおすすめの選び方

プロバイダーのおすすめの選び方

料金やサポート体制、サービスの充実度が異なるため、「プロバイダー選択型」と「一体型」にしても、どの事業者を選ぶかはユーザーにとって重要な要素となります。

プロバイダーを転々とすると、メールアドレスが変わってしまうことがあるため不便さを感じるでしょう。契約するときに、納得したプロバイダーを選ぶのが大切といえます。

固定IPで選ぶ

プロバイダーの選び方のひとつは、固定IPアドレスが取得できるかどうかです。固定IPアドレスが取得できるとセキュリティが高く、安心して情報のやりとりができます。企業などがプロバイダーを選ぶ際には、社内情報を外部に漏洩させないためにも固定IPの取得は重要なポイントです。

光回線を法人名義で契約すると、ほとんどの場合は固定IPが割り当てられます。IPアドレスが変わってしまうと、Webサイトなどを公開してもアクセスできなくなる現象が起きる可能性があります。

セキュリティサービスの充実性

セキュリティの充実度合いでプロバイダーを選ぶのもひとつの考え方です。セキュリティ対策の中身はプロバイダーによって異なります。もっとも一般的なセキュリティ対策がウイルス対策や有害Webサイトのブロックなどです。

これらの対策を無料で提供している事業者もあれば、有料のオプションとなっている場合もあります。これは料金だけではなく、サービスの充実度合いも異なります。市販のソフト以上の対策を提供している事業者もあり、慎重に各社をくらべてみましょう。

サポート体制

サポート体制もプロバイダーを選ぶ上で重要です。不具合やトラブルが起きた時に、どのようなサポートを受けられるのかは確認しておく必要があります。24時間対応可能なサポート体制であれば、どんな時でも問い合わせることができるので安心感があるでしょう。

相談窓口のつながりやすさも大切なポイントです。何度電話してもつながらなければ、問題解決に時間がかかってしまうこともあります。最近は電話やメールのほか、チャットで相談できる場合もあり、相談する手段が複数あると安心でしょう。

VPNの利用

VPNが利用できるかどうかも重要な判断材料です。VPNはVirtual Private Network(仮想のプライベートネットワーク)の略で、セキュリティの高いネットワークといわれています。認証された人しかネットワークを利用できない上、やりとりされるデータは複雑に暗号化されているため、情報を盗み見されるなどのリスクが非常に低いでしょう。

機密情報を扱う法人や、社員が出先から会社の情報にアクセスすることがある企業にとって、VPNは必須といえます。ちなみにVPNを利用するには固定IPアドレスが必要です。

法人名義での請求書の発行

会社としては請求書がなければ経費として計上できないので、確認するべき重要な点です。一般的に発行は可能ですが、法人名義でプロバイダー料金の請求書を発行してもらえるか念のため確認しましょう。

契約書などに請求書の発行についての内容がしっかりと記載されているかも確認することをおすすめします。明記されていなければ、付け加えてもらうといいでしょう。個人契約の場合は、クレジットカード会社が発行する控えや引き落としの明細を証書として使用するケースもあります。

法人向け光回線がおすすめ

結論からいうと、企業などがプロバイダーと契約する際におすすめなのは、法人向け光回線です。法人向け光回線ならIPアドレスが固定のため、セキュリティが高い上にVPNの導入も可能です。

安心して利用することができ、経費として計上できるという点では非常にメリットを感じるでしょう。

イッツコムの接続サービスの特徴

イッツコムの接続サービスの特徴

プロバイダーを探している方に特におすすめなのが、イッツコムの光接続サービスです。下りで最大2Gbps、上りでは最大1Gbpsという高速回線サービスを法人向けに提供しています。
画像や動画など容量の大きいデータの送受信も、スムーズに行うことができるでしょう。

このサービスでは、メールアドレスやドメインなどはオプションとなっています。アドレスを変更して顧客とのトラブルを起こすリスクも低いでしょう。万が一トラブルが発生してしまった場合でも、対応する窓口はワンストップでサポート体制も充実しています。

まとめ

まとめ
企業がプロバイダーを選ぶ際には、セキュリティや請求書の発行が可能かなどを確認することが重要です。それとあわせて大事なことは通信速度で、生産性や効率化を考えると、速度は重要なポイントです。

これらすべての条件を満たすのがイッツコムの光接続サービスです。独自の回線網を使っているため安全性が高く、大容量の高速通信を実現しています。

今後のデジタル化新時代に対応した非常に期待されている新しいサービスなので、ぜひ一度、イッツコムにお気軽にご相談ください。