光回線におけるWi-Fiのつなぎ方をわかりやすく解説!光回線を導入するまでの流れも説明

インターネット関連

「パソコンやスマートフォンをWi-Fiにつなぐ方法がわからない」という方も多いのではないでしょうか。自宅に光回線を導入すれば、パソコンやスマートフォンなどの端末をインターネットに接続できて便利ですが、Wi-Fiの設定は別に行う必要があります。

この記事では、光回線におけるWi-Fiのつなぎ方に加え、光回線を導入するまでの流れについてわかりやすく解説します。光回線を検討中の方におすすめのサービス・イッツコムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

光回線でパソコンを使うためのWi-Fiのつなぎ方

Wi-Fiをつなぐ際、設定方法がわからないという方も少なくありません。光回線の工事が終わればインターネット自体は使えますが、Wi-Fiを利用するためには、パソコンやスマートフォンといったデバイス側の設定が必要となります。

光回線を導入し、Wi-Fiでパソコンをインターネットにつなぐ流れは、以下の通りです。

1. 必要な機器がそろっているかチェックする
2. モデム/ONUと無線LANルーターをつなぐ
3. 無線LANルーターを「設定モード」に変更する
4. パソコンでWi-Fi接続設定画面にアクセスする
5. 必要な情報を入力し設定を完了する

1.必要な機器がそろっているかチェックする

Wi-Fiを利用するには、以下の機器が必要です。

・ モデム/ONU(光回線の終端装置)
・ LANケーブル
・ 無線LANルーター(Wi-Fiルーター)

無線LANルーターがない場合、ケーブルでパソコンを接続する必要があります。一方、無線LANルーターがあれば、スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスを無線でインターネットに接続可能です。複数のデバイスを一度に使うことがあるなら、無線LANルーターの購入もしくはレンタルをおすすめします。

プロバイダによっては、無線LANルーター内蔵のモデム/ONUの利用や、無線LANルーター付きプランもありますので、確認してみましょう。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

2.モデム/ONUと無線LANルーターをつなぐ

必要な機器のチェックが終わったら、ONUと無線LANルーターをLANケーブルで接続します。具体的には、無線LANルーターの「WAN端子」への接続です。

ONU(光回線終端装置)とは、光信号とデジタル信号を相互変換するための機器であり、プロバイダから提供されるので、自分で用意する必要はありません。

なお、集合住宅の場合は、モデムを使用するケースもあります。モデムはONUとは異なり、アナログ信号とデジタル信号を相互変換するための機器です。

3.無線LANルーターを「設定モード」に変更する

モデム/ONUとつないだ無線LANルーターの電源を入れ、無線LANルーターのWPSボタンを長押しします。WPSボタンは「無線設定ボタン」「らくらくスタートボタン」など、機種によって表記が異なるので注意してください。

ボタンを長押しすると、無線LANルーターが「設定モード」状態になります。

4.パソコンでWi-Fi接続設定画面にアクセスする

「設定モード」状態になった無線LANルーターは電波を飛ばし始めます。パソコンの電源を入れ、以下の手順でWi-Fi接続設定画面を開き、Wi-Fiの接続をオンにします。

1.「すべての設定」
2.「ネットワークの設定」
3.「Wi-Fiの設定」

5.必要な情報を入力し設定を完了する

Wi-Fiの接続をオンにすると、利用可能なネットワークの一覧が表示されます。そのなかから、自分の無線LANルーターのネットワーク名(SSID)を選択しましょう。選択すると「ネットワークセキュリティキーの入力」が表示されるので、セキュリティキー(パスワード)を入力します。これで設定は完了です。

接続したネットワーク名(SSID)の下部に「接続済み」と表示されているかどうか確認しましょう。実際にインターネットを使用し、問題なければ接続完了です。

なお、SSIDとパスワードは、無線LANルーター本体の側面や底面に記載されています。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

スマートフォンのWi-Fiへのつなぎ方

無線LANルーターがあれば、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットといったデバイスも光回線につなぐことが可能です。自宅でスマートフォンをWi-Fiにつなぐ方法は、以下の通りです。

● スマートフォンのWi-Fi接続設定をオンにする
● 自身のネットワーク名を選択しパスワードを入力する

スマートフォンのWi-Fi接続設定をオンにする

まずは、スマートフォンのWi-Fi接続設定をオンにします。iOSの場合、操作の流れは以下の通りです。

1. 「設定」アイコンをタップする
2. 「Wi-Fi」項目をタップし、Wi-Fi接続設定画面を開く
3. Wi-Fi接続をオンにする

Androidの場合、操作の流れは以下の通りです。

1. 「設定」アイコンをタップする
2. 「ネットワークとインターネット」項目をタップする(「無線とネットワーク」などの名称の場合もあります)
3. Wi-Fi接続をオンにする

自身のネットワーク名を選択しパスワードを入力する

Wi-Fi接続をオンにすると、利用可能なネットワークの一覧が表示されます。パソコンの場合と同様に、自分の無線LANルーターのネットワーク名(SSID)をタップし、パスワードを入力します。

接続ボタンを押し、問題なく利用できればWi-Fi接続の設定は完了です。スマートフォン上部の「4G」「LTE」という表記が「扇形のマーク」に変わっていれば、Wi-Fiに無事接続されています。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

光回線を導入するまでの流れ

自宅に光回線を導入するには、回線事業者やプロバイダと契約し、回線工事を行います。具体的な流れは以下の通りです。

● 回線事業者を選ぶ
● プロバイダを選ぶ
● 回線工事を実施してもらう
● 必要な機器を用意する

回線事業者を選ぶ

回線事業者を選ぶうえで重要なポイントは、以下の4つです。

● 回線速度
● 月額料金
● オプションサービスの豊富さ
● キャンペーンなどの有無

なお、光回線は回線ごとに提供エリアが決まっており、希望する回線事業者がエリア外の場合は契約できません。提供エリアをよく確認しましょう。

プロバイダを選ぶ

回線事業者と契約するだけでは、インターネットは利用できません。プロバイダとも契約する必要があります。

プロバイダ選びで重要なポイントは、以下の5つです。

● 通信速度
● 月額料金
● サポート体制の充実度
● オプションサービスの豊富さ
● キャンペーンなどの有無

また、回線事業者によってプロバイダが指定されているケースもあります。すでに回線事業者を決めているなら、契約可能なプロバイダを調べて、そのなかから選びましょう。

回線工事を実施してもらう

回線契約とプロバイダ契約の際、回線工事の日程を調整します。回線工事は、光ファイバーケーブル(光信号が流れているケーブル)を電柱から自宅内に引き込む作業です。同時に、光コンセントの設置やモデム/ONUの設置も行います。

必要な機器を用意する

回線工事が完了しても、すぐにインターネットは利用できません。必要な機器とインターネットの接続設定を行います。

モデム/ONUは、プロバイダが郵送してくれたり、工事業者が回線工事当日に持参してくれたりします。一方で、無線LANルーターは、自分で購入もしくはレンタルすることが必要です。

回線工事終了後、すぐに接続設定を行い、インターネットの利用を開始するためには、あらかじめ必要な機器をそろえておきましょう。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

光回線を導入するならイッツコムがおすすめ

光回線を導入したいけれど、どのような回線事業者・プロバイダを選べばよいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。光回線を導入するなら、イッツコムがおすすめです。無線LAN内蔵モデム(無線LANルーターの機能を備えたモデム)の提供と万全のサポート体制で、機械が苦手な方でもWi-Fiを利用できる環境を整えることができます。

プロバイダ契約と回線契約をまとめて行える

回線事業者とプロバイダを別々に契約すると手間がかかりますが、イッツコムのインターネットサービスなら、プロバイダ契約と回線契約を一括で行うことが可能です。

手間が省けるので、光回線の導入までがスムーズ。また、カスタマーサポートの窓口も一元化されているので、トラブルがあった際でも安心です。

※関連ページ:コース一覧

初心者でも安心して光回線をつなげる

インターネットに慣れていない方でも、安心して光回線を導入できるよう、イッツコムは万全のサポート体制を整えています。

光回線やインターネットに関してわからないことがあれば、メールもしくは電話で気軽に問い合わせが可能です。些細なことでも、専門の担当者が丁寧に対応します。

※関連ページ:イッツコムとことんサポート

無線LAN内蔵モデムを利用可能

イッツコムのインターネットサービスでは、無線LAN内蔵モデムを利用できるので、無線LANルーターを用意する必要はありません。無線LANルーターとモデム/ONUを接続する作業も必要ないので、より手軽に光回線を導入できます。

※関連ページ:ホームWi-Fi

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり

イッツコムなら電気やガスも同時に契約可能

イッツコムでは、インターネットサービスに加え、電気やガスのサービスも提供しています。イッツコムひかりの光回線とまとめて利用すると、ガスや電気の料金を抑えることも可能です。そのサービスが「東急でんき&ガス」です。

東京ガス供給エリアと東京電力エリアに住んでいる方なら申し込みができます。電気やガスといった月々の固定費を見直したい方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

※関連ページ:東急でんき&ガス

まとめ

自宅に光回線を導入するためには、プロバイダや回線事業者と契約し、回線工事をする必要があります。無線LANルーターなど必要な機器とインターネット接続の設定を行い、パソコンやスマートフォンといったデバイスをWi-Fiにつなげて利用しましょう。

プロバイダや回線事業者を探している方には、イッツコムがおすすめです。イッツコムでは、プロバイダと回線が一体となっている、無線LAN内蔵モデムを利用できます。光回線について気になることがあれば、お気軽にイッツコムへご相談ください。

安定した高速ネットワークならイッツコムひかり安定した高速ネットワークならイッツコムひかり
TOP