引っ越し先の回線を確認する方法は?光回線の導入方法も解説

引っ越し

「引っ越し先の回線はどんな種類が導入されているのだろうか」「現在利用している回線を転居先でも使えるのだろうか」などとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

引っ越しの際は、まず転居先で導入されている回線を確認することが必要です。引っ越し先で新しい回線が引けるかどうかは、地域や建物にもよります。ここでは、引っ越し先の回線を確認する方法や、インターネット回線を新たに導入する方法などについて詳しく解説します。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり

引っ越し先のマンション・アパートの回線を確認する方法

利用中の回線が、新居でも継続して使えるのか引っ越しのたびに気になるのではないでしょうか。建物の関係で継続して利用できないことが事前にわかれば、他社への乗り換えを早めに検討できます。転居先が決まったら、まずはどのような回線が入っているのか確認しましょう。ここでは、3つの方法をご紹介します。

エリアを確認してみる

利用したいインターネット回線の公式サイトから、引っ越し先のエリアが対象になっているかをチェックしてみましょう。回線の対応エリアに含まれていれば、建物名が掲載されている場合があります。

なお、光回線を使用したい場合、マンションやアパート名が検索できればほぼ確実に使えます。しかし、検索しても建物名が出てこず番地までしか確認できない場合、他サービスが入っている可能性が高いでしょう。そのような場合は、不動産屋やオーナーに確認する必要があります。

コンセントを確認する

光回線は、専用のコンセントを設置して利用する場合と、LANコンセントにケーブルを差し込んで利用する場合があります。光コンセント、またはLANコンセントがすでに設置されていれば立会工事は不要です。局内での無派遣工事のみになるため、申し込みをして工事が済めば、利用できます。

なお、コンセントには「一体型」と「分離型」のタイプがあり、どちらも光回線の利用が可能です。

・一体型:電話用の配管を通じて光回線をつなげる
・分離型:壁に穴を開けたり、エアコンのダクトを利用したりして光回線をつなげる

内見時などにコンセントやエアコンのダクト周りを探してみて、光コンセントが設置されているか確認するとよいでしょう。マンション内の光回線自体が撤去されている場合や、ケーブルが壁の中で断線していた場合、初めから光コンセントやLANコンセントがない場合などは工事が必要です。申し込みの際に、工事の有無を確認しておきましょう。

管理会社やオーナーへ確認する

賃貸物件であれば、オーナーや管理会社に問い合わせることで回線サービス名を教えてもらえる場合があります。なかには、インターネット回線が完備されている物件もあるため、まずは引っ越し手続きの前に建物にどのような回線が入っているのか確認してみるとよいでしょう。

なお、新しく回線を引きたい場合は、どのような回線が使えるか事前に問い合わせしておくと、回線探しの際の参考になります。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり

アパートやマンションで使用できる回線の種類

引っ越しが決まったら、新居でどのような種類の回線が使えるか事前に確認しておきましょう。アパートやマンションによって、使えるインターネット回線は異なります。特に集合住宅では、自分が利用したい回線が利用できないこともあるでしょう。アパートやマンションではどのような回線が利用できるのかご紹介します。

光回線やケーブルテレビなどのマンションタイプ

集合住宅には、光回線やケーブルテレビがすでに用意されていることがあります。「マンションタイプ」は戸建て住宅向けのプランよりも月額料金が安く利用できる場合が多いです。通信費をなるべく節約したい方は、マンションタイプが引かれている物件を選ぶとよいでしょう。なお、回線の速度を重視するなら、光回線がおすすめです。

無料のインターネット回線

選択する物件によっては、インターネットの通信費が管理費に含まれている建物があります。自分で回線を引いたり事前に申し込んだりする必要がないため、入居後すぐに利用できます。

しかし、自分でプランを選ぶことができないので、実質の料金が割高になっている可能性は否定できません。手続きの手間がなく便利ですが、通信速度や回線速度が適正かどうか、事前に確認しておくとストレスを感じることなく生活できるでしょう。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり

賃貸の光回線工事はオーナーに確認が必要?

賃貸物件で新たに回線を引きたい場合、「個人的に回線事業者を決めて申し込みを進めてよいのか」「オーナーに許可をもらう必要があるのか」など、迷うのではないでしょうか。許可の必要の有無は、引きたい回線の種類や建物の状況により異なります。どのような場合であれば、許可が不要なのか確認してみましょう。

光回線の提供エリアに対応している場合

光回線が使えるかどうか、まずは提供エリアをチェックしてみましょう。マンション名やアパート名の記載があれば、オーナーに許可をもらう必要はない場合がほとんどです。そのまま申し込みすれば、スムーズに手続きが済む可能性が高いでしょう。

光回線用のコンセントが設置されていない場合

光回線用のコンセントがついていない場合、設置工事が必要です。コンセントが見当たらなければオーナーや管理会社に確認し、新たに導入するための工事をしてよいか確認しておきましょう。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり

引っ越し先の回線が遅い場合の対処方法

引越し先が光回線の場合、速度が速く快適に使えるでしょう。万が一、速度が遅いという場合は、次の対処法で問題を解決しましょう。

配線方式を変えてみる

マンションタイプの配線は、「光配線」「VDSL」「LAN配線」の3つの方式があります。なかでも「光回線」は、通信速度の速さや安定性が特徴です。マンションの配線方式を変更する場合は、オーナーや管理会社に交渉しなければなりません。交渉が上手く行かない場合は、回線事業者の変更を検討しましょう。

ルーターやモデム、LANケーブルを確認する

光回線の速度が遅い原因として、ルーターやモデムに何らかの不具合がある場合があります。またLANケーブルの劣化も原因のひとつです。ルーターやモデムを再起動すること、有線接続でLANケーブルを使用している場合は、最新のLANケーブルに買い換えるなどを試しましょう。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり

引っ越し先の回線にはイッツコムのインターネットがおすすめ

インターネット回線の乗り換えを検討するなら、イッツコムのインターネットサービスがおすすめです。イッツコムは光回線やケーブルテレビサービスなど、さまざまなコースを用意しています。インターネットを快適に使いたい方も、月額料金を抑えたい方も、満足できる最適なプランが見つかるでしょう。ここからはイッツコムの魅力をご紹介します。

さまざまなコースから選べる

戸建て住宅用の回線は、「イッツコムひかり」です。2ギガから30メガまで4種類のコースがあります。集合住宅用では「イッツコムひかり」と「ケーブルサービス」が利用できます。ライフスタイルに合わせて、快適なコースをお選びください。

サポートサービスが利用できる

「インターネットの設定方法が上手くいかない」「パソコンの専門用語がわからない」など困ったことがあればイッツコムがサポートいたします。相談内容に応じて、ご自宅への訪問や電話等での遠隔操作にて対応が可能です。

そのほか、テレビサービスやモバイルサービス等のお問い合わせにも対応します。インターネットやその他のイッツコムサービスに関する困りごとがあれば、イッツコムのサポートサービスをご利用ください。

回線とプロバイダの契約が一緒にできる

インターネットを利用するためには、回線契約の他に、プロバイダ契約が必要な場合が多いですが、イッツコムのインターネットは、プロバイダと回線を別々に契約することなく、手続きが1度にできます。

また、プロバイダ料が月額費用に含まれているため、月々の通信費を抑えたプランをご紹介可能です。契約サービスのことなら窓口ひとつでご相談可能なので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

引っ越し先の回線を確認する方法はさまざまです。転居先でインターネットを快適に使うためにも、引っ越し前に回線の種類を調べておきましょう。引っ越し先に導入されている設備が思っていたものと違って満足感が低いときは、他社への乗り換えを検討してみてください。

インターネットの乗り換えなら、イッツコムがおすすめです。より速い回線をお探しの方や、費用を抑えたい方にもぴったり合うプランを選べます。イッツコムのサービスを利用して、快適な暮らしをぜひ実感してみてください。

引っ越し先で使うならイッツコムひかり引っ越し先で使うならイッツコムひかり
TOP